タッチミーの思いつき日記
タッチミーの気になったことなど、ぼちぼちと書いております。


twitter

@touchmee



@touchmee_music



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

タッチミー

Author:タッチミー
FC2ブログへようこそ!



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


1月ドラマ(2012)
2012年1月10日(火)。

今回は、この1月に始まるドラマの視聴予定です。

まずは、1/12(木)から始まります「最後から二番目の恋」。
小泉今日子、中井貴一ダブル主演のミドルエイジ以上に向けたドラマですかね。
できれば、ほんのり笑える感じに仕上げてくれたら良いなと思ってますが、
はたしてどういう風になりますでしょうか。
すごく楽しみというよりは、
中くらいの期待度で見守っていこうかと思っとります。
いずれにしましても、小泉さんの久方ぶりの連ドラ主演ということでね、
早々チェックを決めておりました。

で、2本目が、
これまたフジのドラマになったんですけども、
われらが洋さんも出演の「ラッキーセブン」。
こちらは、1/16(月)スタート。
これはね、発表当初は、
松本潤×瑛太×大泉洋という顔合わせによる探偵物ということでね、
これはおもしろそうじゃないのと思っておりました。
したら、最近は、「ミタ」効果を狙った感が否めない松嶋菜々子押し。
なるべくそちらに流れないようなドラマにしてくれたらなと。
はたしてどうなりますか。
期待値はかなり高いので、楽しみにしております。

先だっての番宣では、
とんねるずの番組でマグロを買わされておりました洋さん。
共演者のみなさん、スタッフには喜ばれたことでしょうけども、
あの太っ腹とはほど遠い洋さんですからね。
その分数字とってもらって報われてもらいたいものです。

他にも気になったドラマもあったにはあったんですが、
一応、1クール2本っていう事に決めてますんでね、
今回はこの2本でいこうと思いますよ。

タッチミー的にはあくまでもメインはスカパーで回してますからね。

その意味で、
今年は、なるべく早く導入したい製品として考えているのが、
AVeL Link Player AV-LS700
ホントはテレビやレコーダーも欲しいんですが、
地デジのアンテナを準備しないとイマイチもったいない気がしましてね。
ここがクリアしないうちは、
ダブルチューナー以上を搭載したテレビやレコーダーの導入は意味ないかなと。
これらを導入すれば1クール2本なんて事を決めなくても済むんでしょうけどね。

いよいよ今週から始まりますドラマ、
良い意味で期待を裏切ってくれたら好いなと思っとります。

ではでは。

スポンサーサイト

映画試写会「劇場版 名探偵コナン 天空の難破船(ロストシップ)」
2010年4月15日(木)でございますよ。

暑くなったり寒くなったり、
どうにも落ち着きませんですな。

昨日は、
ナビスコ予選第2節も行われたわけなんですが、
タッチミー、
久しぶりに試写会に参加しておりました。
ちなみにエスパルスは、
山形にスコアレスドローだったようで、
アウェイで勝ち点1でしたね。
中2日でガンバ大阪とアウェイ戦もありますんで、
引き続き頑張ってもらいましょう。

さて、試写会ですが、
久しぶりですね。
ここのところ試写会の募集自体が、
ペアでとか親子でとかいうものが多かったりして、
なかなか当選してなかったんですが、
今回は、久方ぶりに当選いたしましたので、
行ってまいりました。

コナンですよ。
で、
これがまた劇場版を映画館で観るのも久しぶり。
なんと4年ぶりじゃないでしょうかね。
調べてみてびっくり。
そんなに行ってなかったんですね。

というわけで、
いろんな意味で久しぶりの劇場版の名探偵コナン。

今回は、
世界最大の飛行船が舞台。
「赤いシャム猫」を名乗るテロリストが、
殺人ウィルスと爆弾を使い脅迫。
この事件と鈴木次郎吉と怪盗キッドのバトルが絡んでくるストーリー。

まあ、
普通に面白く観られましたけどね。
結構驚く展開も待ってましたし、
テロリストの正体とかね、
意外なとこをついてきましたよ。

ただ、
今回の事件のある意味、
カギになる部分が、何となく分かっちゃったんですよ。
たぶん、そうじゃないかなあって思ってたことが当たっちゃってね、
まあ、そうだろうねってなっちゃったのは、
推理ものとしては、もうちょっと頑張って欲しかったところかな。

劇場版にありがちな大げさな演出っていうのも、
それほど過剰にはなってなかった印象だったんで、
好印象だったのかもしれません。
コナンの劇場版シリーズとしては、
まあ、良い方かなと。

それと、
小五郎の声優が変わったじゃないですか、
変わった直後に比べて、
だいぶ馴染んできたんですが、
このあたりの違和感を減らすためでしょうかね、
かなりの時間を眠らせちゃっておりましたね。
致し方ないことではありますが、
小五郎の出番が少なかったです。

そうそう主題歌、
GARNET CROWだったんですが、
テレビ版のOPより、
こっちの方が好み。

ではでは。

今日の1曲、
GARNET CROW「Over Drive」。

「まっすぐな男」最終回、録り損なっちゃったんですけどね、
2010年3月17日(水)でございます。

いやいや、
ドラマも、いよいよ最終回を迎えてきております。
中でも、期待値のわりに、良いドラマだったなと思っておりました「まっすぐな男」。
これが、昨日が最終回だったわけなんですけども、
なんと、その前の枠でやってるドラマが、
最終回スペシャルで延長してくれちゃってね、
録画し損ねるという、大チョンボですよ。
まさかの途中で終わっちゃいました。

でね、
今までだったらここで、
泣いて諦めるしかなかったわけなんですけども、
現代は、素晴らしいですな。
録画し損なった最終話をネットで発見しましてね、
観ることに成功いたしました。
助かりました。

まあ、あのラストの展開は、
良い落としどころだったんじゃないでしょうかね。
あれで、最終プレゼンに勝つなんてのは出来過ぎですしね。
二人の前途は多難ではあるけども、
それなりに納得できるラストだったといえるかなと。

第1話の感想でも言いましたが、
登場人物のキャラ設定とキャスティングが絶妙だったんでね、
最後まで飽きないで見続けることができたんじゃないかと思ってます。

ベタ褒めできるほど良いドラマじゃないけども、
まずまずの出来だったので、
楽しませてもらえたなと。

松嶋が「まっすぐな男」というキャラのまま、
さらにまわりの人の痛みにも気付けるように成長する過程が、
そんなに無理なく描けてたと思いますよ。
ひとつ難を言えば、
深キョンかな。
前半は、かなりのハマり役だったと思ったんですが、
後半、やや演技力不足な感は否めませんでしたね。
その点をマイナスしたとしても、
全体としては及第点はクリアだったと思います。

はたして、今日、最終回の「曲げられない女」の方はどうなるかな。
楽しみです。

ではでは。

今日の1曲、
COMA-CHI「Love symphony (feat. JAY'ED)」。

今日から配信開始でしたね。
COMA-CHIちゃんのニューシングル。
いやあ、アルバムも楽しみだな、これは。

ドラマ「まっすぐな男」第1話
1/13(水)となりました。
今日は、寒かったですぅ~
雪まで降っちゃってね、
びっくりですよ。
実際に降ってた時間はたいした事ないんですけどね。
寒いわけですやね。

さて、
1月ドラマ始まりましたよ。
まずは、「まっすぐな男」。

なんかね、
この手のドラマを観るのは久しぶり。
佐藤隆太の演じる主人公、
松嶋健一郎のバカ正直なまでのまっすぐな性格がキモとなるドラマということで、
このキャスティングは大正解でしょうな。
これと同じくらいナイスキャスティングだと思ったのが、
ヒロイン栗田鳴海を演じる深田恭子ですね。
どこまで図々しいんじゃいというキャラなんですが、
これは、深キョンじゃなきゃできないハマり役じゃないでしょうかね。
転んでもただじゃ起きない感じがなんとも頼もしい。

気になったのは、
ちょい役と思われる女優さんが多すぎて、
区別しきらんということでしょうか。

まあ、第1話としてはまずまずだったかな。
今後、松嶋の恋の行方と仕事がどう展開していくのか、
見どころというところでしょうか。

佐藤隆太を暑苦しいと思わせないように、
うまく描いてくれれば、
楽しめるんじゃないかなと思います。
なかなか難しいでしょうけど。

ではでは。

今日の1曲、
柴田淳「透明光速で会いに行く」。

アルバム「ゴーストライター」の2曲目。
新たな柴淳ワールドを見る感じのアルバムです。
タイトルがまたユニークです。

映画「銀色の雨」
1/12(火)、
火曜日お休み、
タッチミーでございますよ。

今日はあいにくの雨ではありましたが、
静岡シネギャラリーさんで、
公開が始まりました、
鈴井貴之監督の「銀色の雨」を観に行ってきましたよ。

客の入りの方ですが、
平日の昼間の上映ということでしたが、
20名近くいらっしゃいましたでしょうか。
三連休をはずしてやってきたという、
タッチミーと同じような感じの人が結構いたと。
おそらく夕方の上映の方がたくさん入ると思われますんで、
まあまあ入っていた方じゃないでしょうか。

静岡県内では、
1/16(土)からは浜松のシネマe_raさんでも公開が始まるということで、
テレビCMも結構入ってましたから、
そちらで観ようという方もいるかもしれませんな。

さて、
肝心の中身ですが、
まずメインキャストの三人。
賀来賢人、
前田亜季、
中村獅童、
彼らの演技がすばらしい。
とりわけても前田亜季さんの演じる菊枝にはね、
やられましたね。
人生の長い旅路の中でのほんのひとときの「雨宿り」。
そんな中でふれる菊枝の優しさは、
間違いなくホッとさせられますやね。
そんな菊枝自身も「ひとりぼっち」の寂しさを抱えているわけで、
かなりグッとくるシーンがございました。

映画全体のトーンは、
雨のシーンが多いせいも有り、
暗めなんですけどね。
鈴井さんがちょいちょい入れてくる小ネタや、
TEAM NACSの登場シーン、
サンドウィッチマンのお二人のやりとりなんかには、
クスッとさせられましたな。

原作は拝見しておりませんので、
原作との違いとかは分かりません。
派手なシーンとかもない映画ではありますが、
共感できるセリフやシーンが誰にでもあるんじゃないかと思いました。
岩井章次(中村獅童)が痴呆になっている母を見ちゃったシーンとか、
なんとも身につまされる思いがしました。
いずれやってくるであろう身近な問題なんで。

あとは、
やっぱ賀来賢人くんがカッコいい&かわいい。
これまでの出演作も観ていたようなんですが、
それほど印象には残っておりませんでした。
が、今回は初主演作ということで、
始めて、じっくり彼の演技を観ることになりましたが、
今後の活躍にも期待できる俳優ですな。

みのり役の大島優子さんも、
賀来くんともどもさらに活躍が期待できると思いましたね。
この二人で新しい作品ってのも良いんじゃないでしょうか。

いくつか不満に思うところもあるにはあるんですが、
メインの三人の演技がしっかりしてるんで、
些末なところはどうでも良いかなという気にさせられました。

静岡シネギャラリーでの上映は、
1/22(金)までということで、
ひょっとしたらもう一回行くかも分かりません。

そうそう、
静岡シネギャラリーさんの一般会員に加入しちゃいました。
なので、
平日昼間なら1,000円で観られるんですよね。

ではでは。


今日の1曲、
徳永英明「透徹の空」。

エンディングで流れますこの曲も、
なかなかマッチしておったのではないでしょうか。
iTunes StoreでさっそくGETいたしました。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。