タッチミーの思いつき日記
タッチミーの気になったことなど、ぼちぼちと書いております。


twitter

@touchmee



@touchmee_music



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

タッチミー

Author:タッチミー
FC2ブログへようこそ!



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


イヤなことは忘れるということで
2011年11月20日(日)。

あっという間に11月も下旬ということになりますな。
ここのところ一気に寒く感じておりましたが、
この週末は、あいにくの雨ではありましたが、若干暖かめ。
週明けは再び冷え込むとのことで、
体調管理には気をつけていかねばというところ。

今日は、
エスパルスが久しぶりのリーグ戦。
現在優勝争い中のレイソルをホームアウスタ日本平に迎えての第32節。
残り3試合、少しでも順位を上げたいエスパルスではありましたが、
なんと先制しながらの逆転負け。
やはり、優勝争いをしているチームの勢いに気圧されたのか。
立ち上がり、前半までの戦いぶりはまずますかなとも思ったんですけどね。
あの流れで、あと2点くらい入れとかないと、
後半バテちゃう感じでしょうか。

まあ、これで、あとはアントラーズ戦とガンバ戦と2試合を残すことになりまして、
どちらにも勝って、レイソル優勝でもいいかという気分です。
思えば、開幕戦、レイソルにコテンパンにやられたときは、
今シーズンの厳しさをあらためて感じたわけで、
そこから、ずいぶんと成長したチーム状況を喜びつつも、
この試合で、気になったことがひとつ。
最近、ボスナー砲に頼り過ぎじゃないかっていう事。
もちろん強力な武器ではあるのは確か。
ただ、正確性から言うと3本に1本くらいじゃないかと思うわけで、
最初の1本が決まったら、あとは別の選択肢を選んで欲しかったかなと。
いろんなキッカーがいるわけですからね。
なんかもったいない気がしてます。
特に、前線の選手は、もっとアピールしてゴールに向かっていく気持ちを出さないと、
相手チームにもプレッシャー感じさせられないんじゃないかと思うんですよね。

このあたり、残り2試合では、充分に修正されることを期待したいですな。

ふだんはね、負け試合のあとはエスパルスネタは止めてるの。
ところが、なんかね、「イアやなことを忘れる」ためには、
文章とかにしちゃった方がいいらしいんですよね。
てなわけで、
本日は、久々の更新なのにもかかわらず、負け試合の感想を買い取ります。

とりあえず、
この試合では、海人と枝村が頑張ってたかなという印象です。
まあ、海人が活躍する内容じゃ試合は良くないんですけども。
枝村に関しては、ゴール決めてくれてたらな、もっとスタメンで使ってもらえるのにと。
そのくらい良かったと思います。

ではでは。
スポンサーサイト

勝てませんでしたけども、名古屋戦
2011年5月8日(日)。

すっかり夏の陽気でね、暑いです。
朝晩が冷え込むせいでしょうか風邪っぴきの人も多くて、
なかなか体調管理も難しいところですな。

さて、
昨日は、Jリーグ第10節名古屋グランパス戦。
ケータイに速報メールが来てるのは分かっておりましたが、
目を通さずに、
仕事から帰ってきての追っかけ再生での観戦。

小野と平岡がケガでしばらく出られそうも無いということで、
高木俊幸の初先発となりましたね。
ほぼフル出場でしたが、
良い動きを魅せてくれてたんじゃないですかね。
タッチミー的にも、かなりの期待の新人です。

試合の方は、
昨年度のチャンピオンチームであるグランパス相手に、
比較的早い時間帯に先制され、
マズいなぁって思ったんですけどね。
選手たちは気落ちすることもなく、
相手GKのミスからとはいえ、
アレックスの初ゴールで、
すぐさま同点に追いつくことできました。

結果的にはドローでしたけども、
貴重な勝ち点1を得ることができました。

ここまでの5試合の中で、
最もアグレッシブなサッカーができていたんじゃないかと思います。
まずは、シュート数がこれまでで最も多い20。
常に高めのラインをキープしながら前線での早目のプレスやパスカット。
危ないシーンもあったんですが、
それでも観ていてわくわくできるシーンが多く作られていたのは、
間違いなくエスパルスだったと言っていいと思います。
惜しむらくは、アウェイではありましたが、
勝ち点3というのが欲しかった試合内容でしたね。

ゴール前でのもう一工夫もできたでしょうし、
さらなる前線での連携も必要だとは思います。
ただ、この試合を観ていて、
グランパス相手に、こういう積極的な試合を展開できるなら、
チームとしての成長を遂げながらも、充分に結果を残す事もできるんじゃないかと。
期待しちゃいます。
ACLもあって連戦でグランパスがベストなコンディションじゃなかったとしてもです。

次節は、
5/14(土)、
ホームでヴィッセル神戸戦となります。
ホームですからね、
今度こそ勝ってさらなる自信をつけて欲しいですな。

ではでは。


ついに公式発表が出ましたな。
2011年1月12日(水)でございます。

新しい年を迎え、
天皇杯決勝戦、
残念ながら優勝できずに、
またもやアントラーズに煮え湯を飲まされたエスパルス。

そして、オフシーズンに入り、
いろいろと噂の出ておりました藤本、兵働、原、
それぞれの移籍が一挙に発表されました。
非常に残念ですが、
一度きりのサッカー人生、
本人が決めた結論を尊重したいと思います。
新天地で活躍しくれることでしょう。

あとは、本田と岡崎ですね。

去る人がいれば来る人もいると言うことで、
新戦力に大いに期待したいと思います。
すでに公式発表の出ている新加入選手のうち、
即戦力として期待できそうなところとしては、
ヴェルディから移籍の高木俊幸、
ベルマーレから移籍の村松大輔、
これに高原直泰、小林大悟とかでしょうか。

もちろん、ゴトビ新監督が、
どんな選手をどのように起用するのか、
まったく分からないので、
開催中のアジアカップの試合とか観てみたいところなんですけどね。
日本戦以外はなかなか中継ないですから。
日本代表とイラン代表が、
ともに勝ち上がると観られるかもしれませんので、
ちょっと期待してます。

いずれにしてもアジアカップが終わるまでは、
ゴトビ監督も来日できませんからね。
今月いっぱいは、
来シーズンの形は見えないのかな。

ということで、
今年も、ぼちぼちとブログ更新となりますので、
よろしかったら覗いてやって下さいまし。

ではでは。

第90回天皇杯準決勝 ガンバ大阪戦
2010年12月30日(木)でございます。

いやぁ~すっかり寒い年の瀬。
タッチミーも昨日が仕事納めという事で、
今日からのんびりスカパー三昧を決め込んでおります。

で、
昨日は、天皇杯の準決勝。
元日、国立の舞台への切符をかけてエスパルスと対戦したのはガンバ。
リーグ戦の最終節では、
ホームで、まさかの0-3という屈辱の完敗をした相手ということで、
リベンジには絶好の舞台。
幸いにもエコパでの開催という地の利もありましたが、
昨日のエスパルスは、
今シーズンの絶好調なときを彷彿とさせる最高のパフォーマンスで、
三連覇を目指すガンバを圧倒。
3-0で勝利し、国立への切符を手にしました。

ヨンセン、兵働、ヨンセンの3ゴール。
いずれのゴールにも絡む藤本の去就も気になるところですが、
まあ、昨日は、そんな事はどうでも良いとさえ思いました。
こういう試合が一年間、出来ていたら、優勝できたでしょうにね。
ま、やりたかったけど出来なかったんですけどね。

前線や中盤でのプレス、
ゴールに向かう意識、
守備から攻撃への切り替えの速さ、
いずれも調子の出なかったリーグ戦の後半では見られませんでした。
ホントにこのメンバーで優勝しなかったら、
いつ優勝するんだっていう事ですよ。
しかし、最後の最後に天皇杯決勝を戦う事が出来る。
タイトルを目指して戦ってきた今シーズン、
巡ってきた最後のチャンスをものに出来れば、
嬉しいかぎりじゃないですか。

そして、決勝戦の相手はアントラーズ。
FC東京を延長戦の末に破っての決勝進出。
アントラーズには、
リーグ戦はもとより、
この天皇杯決勝の舞台でも、
悔しい思いをさせられた因縁の相手。
今までのいろんな思いを一切合切、
返してやろうじゃないですか。
健太監督の6年間の集大成を天皇杯制覇で飾れたなら、
最高の花道になります。
今再びチームが心ひとつに戦える。
そんなことを感じさせるガンバ戦でした。

2011年、元日、ぜひとも勝って、
勝利の初笑いといきたいものです。

ではでは。

第90回天皇杯準々決勝 モンテディオ山形戦
2010年12月26日(日)でございます。

この週末、
おそろしく冷え込んで、
震えております。

リーグ戦が終わって3週間、
今シーズンのエスパルスに残された試合は、
天皇杯のみ。
様々な移籍情報が飛び交い、
中には正式発表されたものも、
噂どまりのものもあります。
いずれにしても、
今のメンバーでたたかえる試合は、
最大でも3試合。

そして、アウスタ日本平出の試合も今年ラストとなる、
天皇杯準々決勝が、昨日、行われました。
まあ、寒い寒い。
クリスマスなんでね、寒くて当たり前なんでしょうけどね。
試合の方は、
90分では両チームとも決定機を決められず、
延長後半、山形が先制するも、
直後にエスパルスが追いつき、
なんとPK戦までもつれ込む事に。

いやいや、
なんとも心臓に悪い。
結果的には、山形の2本目を山本海人がセーブ。
PK戦を5-4で勝ち抜け、
エスパルスは準決勝にコマを進めることが出来ました。

厳しい試合になるとは思っていましたし、
先制されたときは、
「オシマイなのか」と一瞬、諦めそうになった自分もいて、
諦めちゃダメですね。
最後まで頑張った選手たちに拍手です。

これで、もう1試合は今のメンバーでやれます。
しかも、次はエコパでやれる。
相手は今シーズン、完全にやられてるガンバ大阪。
まさに、リベンジするには最高の舞台。
ここまできたら、決勝進出してもらいたいですし、
健太監督に最後の花道として優勝をプレゼントしてやりたい。
12/29(水)13:00キックオフです。

残念ながらこの日も仕事なんでね、
試合観に行けないですけど、
選手のみなさんには頑張ってもらいましょう。

ではでは。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。