タッチミーの思いつき日記
タッチミーの気になったことなど、ぼちぼちと書いております。


twitter

@touchmee



@touchmee_music



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

タッチミー

Author:タッチミー
FC2ブログへようこそ!



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006J1第21節 京都パープルサンガ戦
やりましたねぇ~
見事にホーム8連勝!!
チャレンジ5は5試合完封勝利となりましたね。
ジェジン3試合連続のゴールですが、
心配しておりましたイエローが出ちゃいまして、
次節出場停止となりますね。
まぁ、ケガも完治してるわけじゃないようですので、
良い骨休めだと思って、
代わって出場する選手に頑張ってもらいましょう。


9月は、
上位のチームとの対戦がならんでおります。
ジェフ、アントラーズ、レッズと。
ただ、
日本平での試合はないので、
タッチミーの観戦はならないと思われます。

健太監督の言葉をかりれば、
「勝負の月」であります。

ここのところの良い流れを維持して、
結果が残せるといいですねぇ~


さて、
タッチミー、
悲しいことに、
今度の日曜日、
日曜出勤が決まってしまいました。
やれやれでございます。

そして、
悲しいと言えば、
すっかり忘れておりました。
CDJのコンピCD取りに行くのを!!
明日は忘れずにローソンさんへ行かねば。


今日で、
8月も終わり、
9月も頑張っていきましょうね。
スポンサーサイト

「東京タワー」の放送日が決まったそうな。
え~本日は、
結局、自宅でHPチェックとなりました。
なんとか、
エスパルスが、
ホーム8連勝となりますように願っておりますよ。


さて、
お蔵入りが心配されておりました、あのドラマ。
「東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~」
放送日が、
11/18(土)21:00~
そして、
注目の代役はドランクドラゴンの塚地武雅だということです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関係者によると、「キャスティングの段階で、企画担当の久世光彦氏が、山本らとともに塚地も候補にあげていた。山本と同様に小太りで、映画『間宮兄弟』での好演が光っていた」といい、今月上旬には代役に内定していた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ということで、
9月中旬には撮り直しの撮影をするそうです。


意外と早く決まりました。
共演の役者さんたちのスケジュールの調整やら、
モチベーションなども気になりますが、
それより何より、
洋さん、
どうでしょうのロケから帰って直後ということで、
ヘアーの方、
前のシーンとつながるのか!?
非常に心配なところ。

まぁ、
いらぬ心配ですな。

さて、そろそろキックオフですな。

「ProjectCUE」始動
どっひゃぁ~良いんじゃないですかね。
さすがは、チャンネルNECOさんです。
鈴井貴之、全面企画のチャンネルNECOオリジナル特番ですか。

詳しくは、コチラ


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


■チャンネルNECO 2006年10月特集「Project CUE」

●「ProjectCUE」第1弾!
鈴井貴之企画特別番組
『鈴井貴之のロケハン。』
 鈴井貴之監督は、映画とバイクをこよなく愛する40男。
 その彼が北海道内で撮影された映画のロケ地を大型バイクで探す旅へと出かける!
 前知識無しに探しに行き地元の人々に聞きつつその場所を探し当てる
 「行き当たりばったり」な映画ロケ地探訪+旅番組バラエティ!
 この旅にはTEAM NACS(チームナックス)メンバーの誰か一人を強制同行!
 もちろん彼等はこの番組も旅の事も全く知らされてない!

『本来は撮影に適した場所を探すことであるが、ここでは撮影に使われた場所を探す事を意味する。
 そして、ロケーションの本来の意味『場所・位置』というのは、自分の人生での収まる所をも連想させる。
 つまり映画が撮影された場所を辿りながら、人生を見つめる。
 映画という物は人生を映し出す鏡でもあるのだから。』(鈴井貴之)

●「ProjectCUE」第2弾!
 鈴井貴之監督作品全3作完全放送!
 監督デビュー作「man-hole」から、最新作「銀のエンゼル」まで、鈴井貴之監督作品全3本を一挙放送!
 しかも!!全作品にメイキングと、撮りおろしミニ番組のおまけつきという、至れり尽くせりぶり!

『僕の作品を特集してもらえるなんて、何だか早すぎるし気恥ずかしい。
 多分、今、僕が考えている事とあの頃の僕は違った所に位置している。
 だが、あの3作品があって今があると思う。』(鈴井貴之)

[放送作品]
【映画】
 「man-hole」
 「river」(BS/CS初放送)
 「銀のエンゼル」(CS初放送)

【メイキング】
 「メイキング オブ マンホール」
 「making of river」
 「鈴井貴之密着ドキュメント メイキング オブ 銀のエンゼル」(CS初放送)

【ミニ番組】
 「激白!鈴井組の主役たち」
 (「激白!マン・ホール=安田顕さん篇」「続激白!リバー=大泉洋さん篇」「続々激白!銀のエンゼル=小日向文世さん篇」「独白×鈴井貴之監督篇」)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これねぇ、
保存版になるね。

9月からチャンネルNECOから目が離せませんよ。

しかし、
気になることがひとつ。


「鈴井貴之のロケハン。」のオープニング収録がジャンボリー期間中だったらしいんです。
てことは、
ナックスの誰かが鈴井さんに言い渡されちゃったわけですよね。

しかし、
現在、ミスターは「どうでしょう」のロケに出ちゃってると思われ、
NECOで10月に放送するためには、
9月の上旬くらいには、
ロケ終わってないといかんのじゃないかと思うのですが、
いったいいつ行くんでしょうかねぇ。

そして、
鈴井さんの相棒に選ばれちゃったのはいったい誰なのか?!

気になりますな。

相棒、
大型バイク、
音尾くんかい。

昨日は、
WOWOWで、夢人島フェスのレポーターかなんかやったっていいますけど、
どうだったんでしょうかね。
なんで、
音尾くんなのかと思ったんですが、
あれですね、
アミューズつながりですな、きっと。
で、ナックスで唯一暇だった音尾くんに任されたという感じでしょうか。

リーダーは「どぽんど」の稽古でしょ、
洋さんは「どうでしょう」のロケでしょ、
顕さんは「バクのゆりかご」の稽古でしょ、
シゲは「サプリ」の収録でしょ、

忙しいですよね、ナックスのみなさん。

よく、ジャンボリーできたよね。
おまけに洋さんの「本」だってギリギリだったようですしねぇ~
DVD楽しみだねぇ。


ということで、
月曜日の週末、
タッチミーでございました。
では、では。

2006J1第20節 FC東京戦
チョー久しぶりのスタジアム観戦となりました、
ゆうべのFC東京戦。
2-0で勝利、ホーム7連勝ですか。
内容的に言いますと、
ちょっとね、
プレイが雑な感じがあったりして、
不満な点もあったわけですが、
タイトなスケジュールで疲れてたってことも考えますと、
非常にイヤらしいFC東京の攻めをゼロに押さえたってことで、
よくやったんじゃないかなと。

タッチミー的なマンオブザマッチは市川かな。
攻守に良い動きをしてたと思います。

上位陣も勝ちましたので、
順位は上がらず4位ですが、
前節、厳しい試合ながらドローに持ち込んだ甲斐がありましたな。
今シーズンは、
ホントにホームでの勝率が良いですよね。

マルキがPK外しちゃったりしたもんだから、
スタジアムに落胆のため息がもれまして、
大丈夫かなと思いました。
しかし、
前半終了間際に再び得たPKを今度はジェジンが決めてくれまして、
やはり、
PKは弱気になった方が負けですな。
思い切り蹴ったジェジンのシュートは、
キーパーが触れましたが、
ゴールネットを揺らしました。

後半の追加点も藤本のパスをジェジンが決めまして、
2ゴール。
こうなったらハットトリックを狙っちゃえとか思いましたが、
途中で矢島と交代しちゃいましたな。
まぁ、しかし、
矢島のゴールゲットはまたもやお預けとなりました。
あれだけ矢島コールがあっちゃ、
なかなかプレッシャーだと思いますが、
まずは、1点ですよね。

ジェジンもマルキも累積3枚のようですので、
あと1枚で出られません。
そうなりますとスタメンの可能性もありますのでね、
早く一発決めて欲しいです。

ちなみにDF陣でも青山と山西が3枚ということで、
タイトな日程で疲れているかとは思いますが、
ラフプレイやケガなどにはくれぐれも注意してもらいたいところ。

次節は、
8/30(水)京都パープルサンガをホーム日本平に迎え撃ちます。
前回のアウェイでは敗戦でしたので、
今度はキッチリ借りを返したいところですな。

「CHALLENGE FIVE !」のラスト。
ここまで、
マリノスに1-0、
ジュビロに2-0、
甲府に4-0、
東京に2-0と、
ここまで無失点で4勝です。
最後もキッチリゼロに押さえて勝ちましょう。



さてさて、
今回のスタジアム観戦のお楽しみのひとつだった
FUNKY MONKEY BABYSのミニライブですが、
若干かわいそうな感じがしたのは、
気のせいでしょうか。
やっぱりね、
パフォーマンス的には、
パルちゃんショーの方が面白かったものな。
まだまだネームバリューも低い彼らですので、
スタジアムに集まった人のはたして何人が知っていたことやら。
それでも、
彼らの登場を楽しみにしていた方々もおられたようですし、
タッチミーもそれなりに楽しめましたよ。
曲は悪くないですのでね、
今後ライブパフォーマンスは磨いていただくということで。
アルバムをiTMSでダウンロードするかどうか迷い中で、
「ALWAYS」はすでにダウンロードして聴いてますけどね。
迷い中と言うと、
FLIPPER'S GUITARの「Three Cheers for Our Side」も迷い中で、
「Camera Talk」はすでにダウンロードして聴いてるんですけども。

こちらも再リリースで注目度が上がってまいりましたので、
ゲットしておきたいんですがね。

というわけで、
ゆうべは雨が降るんじゃないかと心配だったんですけども、
なんとか降らなくて、
助かりましたよ。

水曜はどうしようかな。
こちらも迷い中...

浜田省吾「The Best of Shogo Hamada vol.1 & vol.2」
本人曰く、
「これまでのベストじゃない、これからのベストだ」。
ソロ・デビュー30周年を迎えた浜田省吾が自ら選曲した、
ベストアルバム2枚が8/9同時発売されました。

vol.1は主人公達が「大人」の歌で、
1988年リリース『Father's Son』から
2005年リリースの最新アルバム『My First Love』まで、
ソングライターとして成熟した時期の楽曲からremix等を施した数曲を含む、
選りすぐりの14曲をリマスタリング。

vol.2は主人公達が「少年から青年」になる時期の歌で、
1976年のソロデビューアルバム『生まれたところを遠く離れて』から
1986年『J.BOY』そして翌年にリリースされた『Club Snow & Surf Bound』までの、
ソングライターとしても成長期の楽曲にre-make、remix等を施した曲を含む、
選りすぐりの14曲をリマスタリング。

本人セレクトなため、
あの曲は入ってないのかとか、
いろいろと言われてますが、
生まれ変わった彼の作品たちを聴いていますと、
30年の歴史の長さに感心しますな。

次のカラオケは、
ハマショウセレクトに決まったなと。

良い曲は歴史を越えますな。

タッチミーは、
『J.BOY』のころから聴き始めましたから、
それでも20年ですものね。
今もチャレンジし続ける姿勢を失わないベテランに、
自分も負けちゃいられないなと。


というわけで、
明日も仕事がんばらなくちゃと。
で、
今日、チケ買っちゃったんで、
仕事終わったら、
久々に日本平で観戦です。
頼むから、勝ってくださいましよ。
ファンモンのミニライブも楽しみではありますが、
やはり、そちらはオマケですものね。
試合の方が面白くなくっちゃね。

FUNKY MONKEY BABYSのスタジアムライブ
昨日はですね、
バスケ観つつ、
エスパの試合チェックをいたしましたよ。

バスケの方は、
現在、開催中のバスケットボール世界選手権。
各地で予選リーグが戦われてますが、
スカパーでは全試合を完全生中継してくれております。
で、昨日、タッチミーが観ましたのは、
日本VSニュージーランド、
誠に残念なことに、
日本は、
前半のリードを守りきれず、
最終盤に3ポイントなんか決められちゃいましてね、
57-60で惜敗しました。

強豪ニュージーランドによく戦ったと言えるんですが、
勝てた試合だったんじゃないかと思うと、
非常に残念でした。
一応、まだ決勝トーナメントに進出の可能性もありますのでね、
わずかではありますが...
最後まで頑張ってもらいたいですな。

そんなに期待してなかったわりには、
良い試合だったので、
びっくりしちゃいましたよ。

ちなみに今日も、
スペインと試合です。
まぁ、
失うものはないですから、
やりきって欲しいですね。


エスパの方は、
大分トリニータとのアウェイでしたが、
3-3のドロー。
苦手トリニータに先制ゴールを許すものの、
前半のうちに逆転いたしまして、
やっぱり勢いがあるのかなと思ったんですけどね、
後半、あっさり逆転されちゃいました。
しかし、
やりましたよ、
テルが同点弾を決めてくれまして、
なんとかドローってことになりました。
まぁ、アウェイですのでよしとしますかね。


で、
次節8/26(土)、
ホーム日本平にFC東京を迎え撃ちます。
この日は、
FUNKY MONKEY BABYSが日本平スタジアムに登場します。
タッチミー知らなかったんですけど、
彼らの曲「ALWAYS」が「CHALLENGE FIVE !」のキャンペーンソングだったんですね。
試合前(17:45~18:00)とハーフタイム(3分ほどのショートバージョン)に
唄ってくれるそうですよ。


FUNKY MONKEY BABYSといいますと、
結構人気上昇中ですものね、
一見の価値ありかと思われ、
う~ん、ぜひ行ってみたいところです。


夏休み最後のホーム、
エスパルスも好調ってことで、
満員な可能性もあり、
仕事終わりで間に合うのか、
キックオフには間に合うかと思いますが、
ミニライブにはどうなんだという感じでしょうか。

とりあえず、
明日、チケだけでもゲットしておくべきかな。

てなわけで、
明日の給料日が待ち遠しくってしょうがない、
タッチミーでございました。


9個でも8個でも12個でも良いんですけども...
あっちぃ~なぁ~
残暑というにはあまりにも暑いですな。
どうなってるんだという感じですが、
プラハで開会中の国際天文学連合(IAU)総会もどうなってるんだよという感じですよ。

この会議始まる前まで、
現在、9個とされてる惑星の数を12個に追加する案が提案されてまして、
増えるんだぁ~なんて思っておりましたところ、
ふたを開けてみたら、
反論異論が続出だったらしく、
あげくの果ては、
これまで惑星ってことになってた「冥王星」も降格しちゃうって方向になるらしい。

惑星の数が8個だろうと12個だろうと、
どっちでも良いジャンって感じもしますが、
今まで、
「惑星」というもののハッキリとして定義ってのがなかったのが、
原因ってことで、
「十分な質量があってほとんど球形になり、その領域で特に大きいもので、恒星や衛星以外の天体」とあらためて定義することにしようと。
そうすると、
「冥王星」はご免なさいってことになるんですな。

この先も、
どんどん遠くにある星の運動を観測することが可能になって、
次から次へと「惑星」が出てきちゃっても困りますからね。

夜空の星に想いを馳せるのも、
楽しいものです。
気の遠くなるような時間と距離のモノサシで測られる星たちの世界。
それと比べると人の一生の何と一瞬なこと。

そんな人間がですね、
この世界にずっと前から存在している星たちのことを、
なんと呼んだところで余計なお世話ですやね。

でも、
少しずつ宇宙の謎に迫っていこうという、
ちっぽけな人間の挑戦を楽しむことができるのも、
今に生きる喜びですやね。



ってことで、
今から、
バスケを観つつ、
エスパの試合状況もチェックしようかと思っとります。
ではでは、また明日。

2006J1第18節 ヴァンフォーレ甲府戦
暑さやその他諸々に負けそうな今日この頃、
みなさん、
いかがお過ごしでしょう。
タッチミーでございます。

ゆうべは、
ホムー日本平にてヴァンフォーレ甲府を迎え撃ちましたエスパルス。
なんと
4-0で快勝!!
暫定4位浮上!!
4年ぶりの4連勝!!
ということで、
スタジアムに集まった15,410人も大興奮だったことでしょうなぁ~
羨ましい。

実は、
スタジアム観戦のお誘いも受けておったのですが、
いかんせん、
チケット購入のお金がございませんでね、
お断りした次第。
まったくもって残念。

SBSで夜中に録画放送がありましたので、
タッチミー今日になって拝見いたしました。
意外と甲府の動きもよく、
前半の何回かあったピンチに得点を許していたら、
まったく違う展開も有り得たなという気がしました。
ただ、
ここのところ絶好調の枝村選手が先制のゴール、
これで流れを呼び込みましたね。
マルキの追加点、
後半は兵働の2ゴールと効果的にゴールが決まりましたやね。

ホーム6連勝でもあるようで、
良い感じじゃないでしょうか。
リーグ戦後半、幸先の良いスタートですよ。
次節は、
8/23(水)でアウェイ大分戦ですか。

タイトなスケジュールとなりますが、
頑張ってもらいたいところ。

FWの矢島、
良い動きだったと思います。
あとはゴールGETのみですな。
得点の予感はプンプンさせてますので、
このままレギューラ狙って欲しい気もしますが、
ジェジンも途中交代で出てきてましたんで、
どうなりますかね。

そんなことでね、
負けるなエスパルス!!
負けるなタッチミー!!ってことで。

スカパー!DVR先行予約
毎日お暑うございます。
お休み開けてから、
残業続きとなっておりまして、
いっそうバテ気味の今日この頃、
みなさん、
いかがお過ごしでしょう。
タッチミーでございます。

樋口了一さんのニューシングルはお聴きになりましたでしょうか?
「風の呼び声/windy train」。
2曲とも非常に聴き心地の良い素敵な曲ですなぁ~
癒される感じです。

現在、キャンペーンで北海道に行ってらっしゃるとのこと。
生歌で聴いたらさらにカッコいいんじゃろなぁ~

気がつけば、
本日より、CDJ開催でしたねぇ~
どんな様子なのやら、
気になるところではありますが、
インプレスさんがMac非対応ってことでね、
千秋楽のネット中継も試聴断念でありますよ。
おそらく発売されるであろうDVDに期待です。


さて、
スカパー!から嬉しいお知らせ。
開局10周年を記念して、
加入者限定で、
HDDレコーダー搭載の新スカパー!チューナーの先行予約を受付開始しました。
出荷が始まりますのは10月初旬よりとのこと。

HDDレコーダー利用しておりますが、
便利なんですよね。
これが、スカパー!チューナーと連動ならさらに便利なのは間違いありません。
もう根底から試聴スタイルが変わっちゃうでしょうな。
10月まで待てねぇ~よって感じで、
さっそく申し込みの手続きをしちゃいましたよ。
楽しみに待ちたいと思います。
まずは、申込書が届くらしいので、
それ待ちです。
受付順に発送されるってことで、
速攻で書いて出さなくちゃですよ。


ということで明日のFUJIYAMAダービーも気になるタッチミーでした。

HTB制作ドラマ「大麦畑でつかまえて」静岡あさひテレビさん放送決定でございます。
みなさま、
いかがお過ごしでしょう。
タッチミーでございます。

台風10号の行方も気になるところ、
本日より仕事も始まりまして、
ガンバってまいりましたよ。

さて、
「東京タワー」無き後(延期ってことですが...)、
洋さんのドラマといえば、コチラ
毎年夏にHTBが制作してるドラマ、
今年は、
大泉洋主演の「大麦畑でつかまえて」でございます。
わが静岡でのオンエア情報はまだかまだかと思っておりましたところ、
やりました。

静岡あさひテレビさんでの放送が決まりました。

9月23日(土・祝)  午前9:30~10:25

一ヶ月くらい先の話しですが、
今回も録画予約を忘れないようにせねば。

土曜で祝日かぁ~早く観たいね。




休み中に、
新しいソフトバンクロゴに変更の機種と新色が発表されまして、
いよいよボーダロゴの端末も在庫限りとなりますかね。
気になるロゴのカラーリングですが、
シルバーとなったようです。
ボーダの赤は、
初期のブランド戦略の失敗もあって、
悪いイメージの象徴的な面もありましたが、
あの鮮烈な赤は、
確実に目立っておりましたのでね、
ブランド戦略さえ間違ってなければと悔やまれるところであります。
それと比べますと、
今度のシルバーはあんまり目立たない感じですね。
確実にプラスイメージとなるブランド戦略をお願いしたいと思います。
さすがに同じ轍は踏まないとは思いますけどもね。
タッチミーが最初にゲットするソフトバンクロゴは、
噂のアレでしょうか(出るかわかんないですけども)。

あっという間に明日からお仕事
みなさま、
いかがお過ごしでしょう。
タッチミーでございます。

暑くってね、
ぐーたらしてましたら、
あっという間に3連休も終わってしまいますなぁ~

今ですね、
先週末に再開のJリーグ第17節、
エスパルスのサンフレッチェとのアウェイ戦、
ゆうべですか、
スカパーで録画放送されましたので、
観ちょります。

枝村の2ゴールでもって、
2-1で勝利という結果はね、
知っておりますので、
安心して観ていられます。

ジェジンのケガでちょっとスタメン心配だったのですが、
代わりに出た矢島も、
まずまずだったと聞いておりますので、
そのあたりの動きも楽しみであります。


で、
話し変わって、
このお休みに堪能するはずのドラバラDVD「VS」。
まだ、ドラディスクの本編と副音声まで。
初め、
恒彦さんの「詫び状」のことがあったから、
バラディスクから観ようかとしたんですが、
ちょっとだけ観て、
これはダメだと気づきまして、
やはり、
順番にドラから観始めました。
したら、
面白過ぎですな。
お腹痛くなっちゃった。

それぞれの作品も充分なクオリティだったと思いますし、
中でも、
安田さんの才能に惚れましたね。

「アッキー my Love」、
マッスルとはまた違った良い作品になってたと思います。
その奇才安田さんが、
「獏のゆりかご」チームの一員として「ネプリーグ」ご出演とのこと。
オンエアは8/28(月)の19:00~


一方、
完全に封印を狙っていた鈴井さんの思惑も虚しく、
DVDになっちゃった作品、
「Have a nice day」。
ストーリー的には悪くなかったと思うのですが、
いかんせん、
キモ過ぎます。
とにかく全編が気持ち悪い。
カットが変わっても変わっても森崎くんってのは逆に笑えましたけどもね。
副音声で鈴井さんも言ってましたね、
とにかくキャスティングミスだと。
まったくその通り。


そして、
洋さんの作品「さよなら朝日荘」ですが、
これまた良い味のドラマとなっておりました。
たしかに続編が観たくなる感じでした。
スチュエーションコメディー的な要素もあり、
洋さんの「本」が遅れたわりには、
豪華キャスティングで、
楽しめましたしね。
森さやかアナウンサーキレイな方なんですね。
知りませんでした。
HTB観られないんですから当たり前ですね。

それで、
「イッセー尾形の「たった二人の人生ドラマ」3つの不思議な夜@博多屋台」
日曜にオンエアされましたね。
若干、
うまく間合いがとれてないかなぁ~
って気もしたんですが、
なんとも難しいお芝居ですよね。
台本無しのアドリブのみっていうのは。
やはり、
イッセー尾形さんと洋さんでは、
キャリアの差が出ちゃったかなって感じでしょうか。
これが、
石田ゆり子さんだと、そういうお芝居でも充分って思えるし、
小松政夫さんは、
さすがに自分の土俵に引っ張り込みつつ勝負を仕掛けてましたものね。

率直に言って、
洋さんの良さを引っ張りだすまでのお芝居にはできなかったかと。
しかし、
これもひとつの経験として、
次の機会にもっと良いお芝居を魅せてくれることでしょう。

ということでね、
エスパルスの試合を観終わったら、
バラディスクをあらためて観ようと思っとりますよ。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。