タッチミーの思いつき日記
タッチミーの気になったことなど、ぼちぼちと書いております。


twitter

@touchmee



@touchmee_music



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

タッチミー

Author:タッチミー
FC2ブログへようこそ!



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


だんだん「ゴールドプラン」が予想に近づいてきた
火曜お休みタッチミーでございます。

MNP開始後の途中経過が出てきましたね。

やはり前評判通り、auのひとり勝ちのようですな。
MNPによる各キャリアの純増数は、

auが8万増、
ドコモが6万減、
ソフトバンクが2万減、

と言った感じのスタートを切ったようです。

ソフトバンクのシステム障害がなければ、
さらにソフトバンクからの転入があったというように、
auとドコモは言ってるようです。

システム障害の件は、
ソフトバンクの落ち度でございますから、
充分な対策を持って連休にのぞんでもらわないとです。
またもやパンクなんてことじゃ困りますものね。


おそらく、
第1ラウンドの結果は、
MNPの開始を誰よりものぞんでいたであろうユーザーが動いた結果でしょうね。
そういう意味では、
事前の予想通りになるのも頷けます。


それより気になるのが、
ついに公正取引委員会がソフトバンクの「0円」広告について調査を開始したとのこと。
まぁ、
いろんな意味で誤解を受けやすい宣伝だと言えますから、
当然と言えば当然かも。

店頭での頭金が0円、
ソフトバンク同士の電話とメールが0円。

これ自体は悪くないと思うので、
わかり易い宣伝への切り替えは必要じゃないかと思います。


さらに、
ゴールドプランは、
発表から間もないですが、
またもや改定です(何度目だ?!)。

批判の多かった割高な他社向けの通話料金を一律21円/30秒としました。
曜日や時間帯で区切られたわかりにくいものでしたから、
これですっきりしましたね。

あとね、
トラフィックの関係での制限事項ですけど、
21:00~24:00台が1ヶ月200分で超過分が、
21円/30秒かかるってのも、
考えようによっては、
8,000円分の無料通話だと思えば、
そんなに悪くないような気がするんですけどもね、
どうなんでしょうか?

これで、
メールの0円にすべてのEメールも含める形になれば、
少しは、ゴールドプランも魅力アップなんですけどね。
かなりタッチミーの予想に近づきます。


タッチミー、
あんまりCM見ないんですが、
昨日、
ちょっとだけ各社のCMを見たんです。
したら、
ソフトバンクが料金を前面に出しているのに比べ、
auとドコモはサービスの魅力を打ち出すものになってますね。
はたして、
第2ラウンドの結果やいかに。

料金でもサービスでも各社の競争により、
さらにユーザーにとって嬉しいものになると良いんですけどね。

スポンサーサイト

デス・ノート観たですばい。
10/29(日)、
もう10月も終わりですなぁ~
それにしても昼間暑いですよね、
このまま11月になっちゃうのかしらん。

金曜にやってました「DETH NOTE(前編)」ディレクターズカットTV特別篇、
録画してありましたのを、
今日観ましたですよ。

11/3から後編が公開されるようで、
それに先立ってのテレビオンエアですな。

なかなか興味をそそる内容でございますな。
藤原竜也くんは、
ああいう役やらせるとピッタリですよね。

オープニングのコメントで、
ヒゲなんかはやしてましたが、
アレはあんまり似合ってないような、
次回作のための役作りなんでしょうな、きっと。

タッチミー、
まんまと作戦にハマり、
後編を観に行きたい気分となっております。
キラとLの対決、
どんな決着がつくのやら興味津々。

しかし、
「デス・ノート」、
こんなノート持ってたら、
人間おかしくなっちゃいますよ。
人の死を操れるなんて、
恐ろしいです。

確かにね、
殺してやりたいくらい憎いと思うことってあるかもしれないんですけど、
だからって、
殺しても良いってことになっちゃオシマイだと思うんですよね。
タッチミーは、
「人が人を殺しても良い理由はどこにもない」って思うので、
犯罪はもちろん許せないけど、
死をもって罰するのが正義だとは思いません。

完全にフィクションとして楽しむ分には、
とっても面白い展開でしたから、
映画の評価としては85点くらいでしょうかね。

タッチミーには、
ポテチを使ってどうやって死角を作り出したのか、
さっぱりわからなかったのですが、
あれって謎解きされてるんでしょうかね。
気になって仕方ありません。

基本的にミステリー好きなんですな。

恐いのは苦手なんですけどね。



昨日、
ソフトバンクのショップ忙しいみたいなんてことを言いましたが、
昨日今日とシステムがパンクしちゃったみたいですね。
MNPによる転入、転出が予想外に多かったためらしいですが、
どっちが多いのか気になりますなぁ~
ただ、
MNPの手続きは新たに加入する方のキャリアに行くのが自然な気がしますので、
やはり、
ソフトバンクの作戦通りに転入が多いのかもしれませんね。
ドコモの社長が怒るのもわかるような気がする...

ドコモから移ろうとしてた人の多くが、
利用期間の引き継ぎのメリットがありますから、
auの予定からソフトバンクにって流れは有り得ます。
はっきり言いまして、
ブループランって魅力ないですものね。
利用期間が引き継がれるなら、
オレンジプランにひかれても、
さもありなんって感じです。

10月の結果が11月の上旬にハッキリするでしょうから、
楽しみです。
ボーダさんの時は、
散々でしたけども、
ソフトバンクの巻き返しは成功しますかどうか。

ホントの最強プランはゴールドじゃなくてオレンジ?
土曜はね、
疲れちゃって疲れちゃってヘロヘロです。

さて、
MNP開始後のショップで、
ソフトバンクが予想外に混雑しているとのこと。
ホンマかいなという感じですけども、
ショップで働くみなさんは、
タッチミーのヘロヘロなんか、
比較しようもないほどすり切れちゃってるご様子。
お疲れさまです。


で、
新しく発表された料金プランがわかりにくいってことなんですが、
結局のところ、
ソフトバンクのユーザーが少ない状況では、
ゴールドプランにうま味がないですから、
事実上、
真の最強プランはオレンジプラン(X)ということになってますな。

さすが、
一番人気のauのプランをパクっただけのことはあります。
しかも、
auでは実現不可能な組み合わせも可能となっていることが、
さらに美味しいプランにしてますね。

これをメインに薦めていくのが、
現状では、失敗の少ないプラン選びになるかと思います。

タッチミーも、
主回線をオレンジプラン(X)に変更しちゃおうか検討中です。
噂の「レッドプラン」が、
これを上回る内容のプランになる可能性ってかなり難しいんじゃないでしょうか。
現状のプランを維持するよりもお得で、
なおかつオレンジプラン(X)よりもお得なプランじゃないといけないわけですよね。
さらに、
少なくとも「LOVE定額」と「メール定額」が含まれるプランじゃないと、
あらためて「レッドプラン」を出す意味はないですね。

タッチミーにとっては、
いずれの定額サービスも主回線には不向き、
副回線の方は内容によっては「レッドプラン」も有りかもです。

まぁ、
タッチミーが後悔するくらい素敵な「レッドプラン」を出してみろよってことで、
今月中にオレンジに変更しちゃおうかな。


そして、
もっと気になるのが残る2つの隠し球ですよ。
早く出してくれぇ~
年内に出すっていっても、
年末ギリギリってことじゃないよねぇ~

今のところ、
暮れの買い増し候補は、
811SH、811Tと2つの隠し球からの選択と考えてますのでね、
隠しておいただけで、
たいしたことない端末ってことにならないと良いんですが...

大人のソフトバンクはどこへやら、端末新規も機種変も0円
本日、
店頭で明らかにするとされておりました6つ目の「予想外割」と「新スーパーボーナス」。

そう来ましたかということで、
「新スーパーボーナス」加入で割賦金額の頭金を0円にすると言うもの。
しかも新規も機種変も全機種0円。

もちろん、
無料で配るということでなくて、
頭金の部分も割賦にして、
特別割引よりも高い分割支払金額分を基本料金に上乗せするというもの。

それと分割方法を従来の24回のみから、
1年と1年半のプランを11/10から追加するそうです。

これによって、
店頭でお金を支払う事無く、
最新の機種を手に入れることが出来るということになりました。
分割回数に短いサイクルが必要との声も多かったので、
この点の改善もありがたいですね。

最初の2ヶ月は、
まさに0円で新機種とサービスを使い放題ということになりますね。
こりゃすごいインパクトです。


23日の記者発表から、
間もないわけですが、
もうひとつ改定されてるのが、
「ゴールドプラン」のソフトバンク同士のメール代無料の対象が、
当初、SMSのみとのことだったんですが、
S!メール(MMS)も対象になるということ。


ショップの人はたいへんでしょうけども、
ユーザーにとってプラスになる改定が、
早いサイクルで実現されるのは嬉しいことです。


先日、
タッチミーが隠れプランとして「レッドプラン」とよんだ、
旧J-フォン、旧ボーダフォンのプランからの乗り換えを対象とした、
ホントの「レッドプラン」も検討中とのこと。

現状では、
タッッチミー、「ゴールドプラン」にメリットを感じなかったので、
主回線を「オレンジプラン(W)」のSSくらいにして、
年割と家族割ってのが、
かなり現実的じゃないかと思っておりました。
でも、
「レッドプラン」の発表を待ってからでも良いかなってところです。

はたして、どんなプランでユーザーに応えてくれますでしょうか?!



それと、
「スーパー安心パック」について、
今までの「ソフトバンクアフターサービス」が強化されました。
主な強化点としては、
修理の際の代金の割引が90%から100%になり、
無償修理となりました。
新たに「電池パック無料サービス」が追加されました。
1年以上同一機種を使用し、かつ1年以上「スーパー安心パック」加入の場合、
1機種につい電池パック1個を無料進呈。

これにともない、
月額315円から498円に値上げされちゃいますが、
これは有りじゃないかと思います。
ボーナスポイントが140円分から100円分に値下げになるのだけが、
残念なところです。


最初は、
イマイチかなと思っていたキャメロンディアス出演のCMも、
一連の「予想外割」の発表でマスコミにとりあげられることで、
充分に一般の人に「ソフトバンク」というキャリアを知らしめる効果を持ってきました。

次は「¥0」を前面に出した広告と、
新しいプランでの打ち出しという形で、
攻めて行くことになるんでしょうね。
少なくとも、
auやドコモが料金面で自社のメリットを宣伝しても、
そのまんまパクりました「オレンジ」&「プルー」で、
同じことがソフトバンクでも出来るわけですから、
ギリギリまで発表しなかった作戦の真意が、
見て取れますよね。

もれ伝わってくるところによれば、
わりと一般受けは良いようですから、
MNPでの思わぬ大どんでん返し、有るかもです。

何はともあれ早く、
「レッドプラン」と隠し球の2機種を発表してもらいたいところ。

映画試写会「虹の女神 Rainbow Song」
めっきり涙腺のゆるんでおりますタッチミーでございます。

「きっこの日記」を読んでは泣き、
絢香さんの「三日月」を口ずさんでは泣き、
ということで、
昨日、読んだ「きっこの日記」の「線香花火」ってタイトルの日記には、
ボロボロ泣けちゃって、しばらく涙が止まらなかったんですよ。
初版はもう在庫がほとんど無いようですので、
なかなか手に入れられないかもしれませんが、
いろんな人に読んでもらいたい本です。
この先どれほど泣かされることやらって感じです。
きっこさん素晴らしいです。

絢香さんの「三日月」は、
サビのところ


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

君がいない夜だって
そうno more cry もう泣かないよ
がんばっているからねって 強くなるからねって
君も見ているだろう
この消えそうな三日月
つながっているからねって 愛してるからねって
(作詞 絢香)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここがグッときちゃってねぇ~
やられちゃうわけです。


そんな感じにやられまくった涙腺でもって、
昨日は、
試写会に行ってまいりましたよ。

映画「虹の女神 Rainbow Song」です。

主演が市原隼人くんと上野樹里さん。
市原隼人くんっていえば、
先日も「天使の卵」でも拝見しましてね、
カッコ良かったですやねぇ~
今回は、
優柔不断で根性無しの男の子の役。
とってもいい感じに演じてましたよ。

この映画、岩井俊二さんが製作として携わっておりまして、
監督じゃない岩井俊二さんってのも珍しいんじゃないかと思います。

自主制作の映画をみんなで撮ってるところとか、
部室での会話だとか、
むちゃくちゃ懐かしかったです。
自分の学生時代のことを思い出しましたね。


全体のトーンがすでにせつなくなってて、
もうね、
ラストは泣けちゃいます。

岸田智也と佐藤あおいの恋と友情の間で揺れる気持ちが、
伝わってくるんです。
なんであんなに近くに、
お互いに近くにいるのに、
ホントの気持ちに気づいてあげられなかったのか、
本音が見え隠れしても最後はジョークでちゃかしてしまう。

どっちの気持ちもわかるような気がするんです。
このままの関係でいられたら、
それで幸せなんじゃないかと。

そう自分に言い聞かせることで、
お互いにバランスをとりあっていたんじゃないか。

でも、
ホントの気持ちを知った時はもうそこに彼女はいない。


いやいやラスト思い出しただけでもウルッときそうです。


で、
その他の脇をかためるキャストもかなり豪華なんですよね。

蒼井優
酒井若菜
鈴木亜美
相田翔子
小日向文世
佐々木蔵之助

と、
エンドロール見て初めて気づきました、
鈴木亜美だったんだぁ~

いずれもナイスなキャスティングでしたなぁ~

まったくの余談になりますが、
酒井若菜といえばJ-フォン、
佐々木蔵之助と言えばボーダフォン、
CMやってたでしょ、
実は、
劇中にV801SHとV801SAが出てくるんですよね、
そういう時期に撮影したんだろうなって思いました。

あとシェル型のiBookや通称ポリタンクと呼ばれるG3Macも出てきたりしてね、
タッチミー的には、
そういった小物たちにも心動かされちゃってましたよ。

今週末、
10/28(土)より、
公開となりますのでね、
ハンカチ持参で、
ぜひご覧あれ。



「予想外」のソフトバンク来ましたよぉ~
いよいよ本日より、
MNP開始であります。
ケータイの番号を変えずにキャリアを変わることが出来るということで、
各キャリアとも、新規取り込みと囲い込みに様々な施策を展開してきましたが、
ついに答えが出ます。

そして、
ソフトバンクさんは、
ゆうべ18:30~記者会見を開きまして、
最後の秘策を打ち出しました。

新しい料金プランの発表です。
「オレンジプラン」と「ブループラン」、
そして、
「予想外割」と「ゴールドプラン」。

いやいやホントに「予想外」の展開をしてきました。
まずは多キャリアのプランをそのまま持ってきて、
なおかつ基本使用料を210円引き、
しかも継続利用年数を引き継ぐのだと。
さらに他社が対抗値下げをした場合も24時間以内に対応。
それが「オレンジプラン」と「ブループラン」ですな。

で、
実は特には発表会で触れてないですし、
今後もプッシュして行かない隠れプランがあります。
タッチミーが思う隠れプランとして「レッドプラン」。
つまり、
旧J-フォン、旧ボーダフォンからのプランですな。
ここはソフトバンク的には、
一刻も早く身も心も(端末もプランも)ソフトバンクに移行してもらいたい。
そういうことなんだろうなって思いました。
ただ、
強制的にやるわけにはいかない、
でも他社に移ってもらっても困る。
そこで、
考えた作戦が他社丸パクリの「オレンジプラン」と「ブループラン」。

つまり、
これにより料金プランを理由に他のキャリアに移る必然性は無くなったわけです。
もちろん「レッドプラン」に留まる選択肢も残されてるわけですから、
そういうユーザーも有りなわけです。

しかし、
これだけで終わったのでは、
消極的に過ぎるわけで、
攻めのプラン、ソフトバンク的イチオシのプラン。
それが「予想外割」と「ゴールドプラン」になるわけですな。

「新スーパーボーナス」必須で基本使用料が月額9,600円、
ソフトバンク同士の通話が無料、
SMSのメール無料なんですが、
無料通話分はないので、
このままじゃまったく魅力のないプランです。
2007年1月15日までに「ゴールドプラン」加入しますと、
「予想外割」がくっついてくると。
いきなりずっとの70%オフで月額2,880円。
基本使用料2ヶ月無料、
「パケットし放題」2ヶ月無料、
端末代金の10,500円引きなどなど。

なかなか魅力的ではございますが、
肝心の「新スーパーボーナス」の内容はサービス開始の10/26に店頭でとのこと。
今までの「スーパーボーナス」とどう違うんでしょうかね。
基本的な内容は変わらないんでしょうけども、
わざわざサプライズにするくらいだから、
期待しても良いんでしょうか。

で、
タッチミーはどうすりゃ良いのかってことになると、
はたと困りますね。

とりあえずは、
現状維持で良いわけなんですが、
問題は次回買い増しの時に、
どういうことになるのかってことですよね。
まだまだ全容が明らかになってないので、
26日以降に詳しいことが明らかになったら、
また考えてみようと思います。

いずれにしても、
MNPでは苦戦が予想されたソフトバンクですが、
いきなり旋風を起こす可能性がありますね。
どれだけのユーザーがこの戦略にのっかることになるのか、
興味深いです。

まさに「予想外」の動きが起こるのか!?

楽しくなってきましたよ。


いちおう関連記事のいくつかをリンクはっておきますね。

ソフトバンクの「予想外割」、通話料0円の新料金プラン発表

ソフトバンク、通話とSMSが0円の「ゴールドプラン」と「予想外割」を発表

通話料0円、メール代0円の「予想外割」スタート!

ドラマ「セーラー服と機関銃」第2話
みなさん、ご覧になりましたでしょうか。

いやぁ~
今回の見せ場は何と言っても、
星泉(長澤まさみ)のストリップシーンでしょうな。

浜口組の組長(本田博太郎)さん、
ちょっとだけ応援しちゃったじゃないのサ。

まぁね、
さすがに脱ぐわきゃないんだけども、
佐久間(堤真一)さんが脱ぎ始めちゃった時は、
おいおいと思ちゃったのは、
タッチミーだけではないはず...

佐久間さんの背中のイレズミは「麒麟」なのね。

「筋を通す」ってのが、
今回のテーマだったかと思うわけですが、
「無理が通れば道理が引っ込む」といったことの多い、
今日この頃、
なかなか「筋を通す」のも難しいわけでございます。

それにしても、
ヤクザの組長と女子高生の二足のわらじは無理があるなぁ~
どう考えても学校側にバレるのは時間の問題だと思いますけども...
はたして、いつバレるのかな。


そして、
いよいよ真由美(小泉今日子)さんが、
泉ちゃんに接触してきましたなぁ~
今後の展開が楽しみだすよ。
小泉さんの出番も増えてくるんじゃないかなぁ~

にしても、
前総理のせいで「コイズミ」って響きに嫌悪感が覚えてしまうのは、
悲しい。

やっぱりKYON2って呼んでいくべきかもな。
「なんてったってアイドル」ですからねぇ~
タッチミーは、ずっと小泉さんって呼んできたからなぁ~
今さらだもんなぁ~


ということで、
星泉、決死の「ストリップ」で、
ようやく八代目として認められたわけですが、
父の死と「麻薬」が絡んでいるとの疑いが出てきましたね。
次回は、
父の死の真相をつきとめるべく、
真由美さんに父親のことを聞きに行くというところから続くようで、
楽しみですな。

北海道行きたいなぁ~
昨日は久々の日本平でのサッカー観戦でございましたが、
やはり苦手アルビレックスでしたな。
1-1のドローとなってしまいました。

後半はよく負けなかったなってくらい危なかったので、
開始早々のゴールがなかったらと思うと、
ちょっと不安なところ。

残り6試合ですか。
目標のひとつ「勝ち点50以上」をクリアで、
どういうふうに選手のモチベーションを高めることが出来るか、
健太監督の手腕を期待したい。
ここのところ、
ケガ人や病気の選手が多く、
昨日も山西が「角膜の炎症」で出場できませんでした。
アレシャンドレも膝のケガで途中交代になっちゃったしねぇ。
手持ちのコマが厳しい時機が続きますけども、
こういう時こそ、
出場機会を得た選手の奮起が望まれますのでね、
頑張ってもらいたいところ。


さて、
そんなわけで、
昨日は、帰宅しまして疲れてたんでしょうな、
爆睡しちゃいました。


で、
日曜となりまして、
昨日の試合をビデオで確認しつつ、
のんびりしておりましたところ、
タッチミーの好きなアーティストのひとつ、
三角堂のニュースが目にとまりましたよ。

流さんのソロライブが決まったそうです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

流 NAGARE Acoustic Live 2006
『 おかえりなさい 』

日時: 2006年11月8日(水)
OPEN 18:30 START 19:00
場所: 公開秘密結社 あじと  札幌市中央区南9条西11丁目3ー12
Tel.011ー522ー2716
http://www.moku.jp/pc/ajito
※会場に駐車場はありません。公共交通機関をご利用ください。
料金: ¥2800 (税込・1Drink付) 前売・当日共
チケット販売: music shop 音楽処  札幌市中央区南3条西2丁目(狸小路2丁目)
Tel.011ー221ー0106
営業時間 AM11:00~PM8:00
http://www.ondoko.jp
チケット予約&問合せ: 流LIVE事務局 okaeri.1108@hotmail.co.jp

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



今年はお互いにソロ活動を進めている三角堂のお二人。
春さんの方は、
ソロライブにソロミニアルバムと目に見えておりましたが、
流さんの活動は、あまり伝わってきていなかったので、
嬉しいニュースですやね。

平日だし、
どう考えたって行ける可能性はないわけですが、
北海道行きたいねぇ~
何なら住みたいくらいですよね。
厳しい冬には耐えられそうもないので、
ダメでしょうけども...

流さんの声、
久しぶりに聴きたくなりました。
あとで、三角堂のアルバムでも聴こうっと。

このブログを見てて、
流さんのライブに行ける人はいるのかな?
最近、思わぬ検索ワードでこちらのブログに来る人もいらっしゃいますので、
もしかしたらいるかも...ってことで、
楽しんで来てくださいましね。



なんと!もう一回申し込みのやり直しとなりましたぞ。
10/20(金)となりまして、
10月も早、下旬にさしかかろうかということで、
昨日、DVRの先行予約専用のダイヤルに問い合わせしましたですよ。

そしたらですね、
今日になって返事が来ましてね、

いやいやいや、

なんと!DVRの先行予約が知らぬ間にキャンセルになってました。

まさに、
「うっそ~ん」(嬉野風)
でございます。

詳しく聞いてみましたところ、
クラビットの契約のままだと機種の変更が出来ないということのようです。
もうちょっと早く言ってもらわないとですよね。
先月、何回か電話があったんだけど、
「また電話します」ってことだったからスルーしてたんですよね。
どうもその時に、キャンセル扱いにされちゃったみたいです。

まぁ、
クラビットの方は、
すでに契約期間が満了のはずですので、
解約でもかまいませんのでね、
あらためて契約することで、
先行予約として扱ってもらえることになりました。
まさに予想外の展開となりましたなぁ~

とりあえず、
申し込み用紙が届くのを待って、
速攻で送らねばということになりました。


で、
そのスカパーですが、
前にWOWOWがスカパーに番組提供するって話を書きました
詳細が決まったようです。

ch330で12/1から放送開始で、
月額2,100円(税込)ということだそうな。

う~ん、
ちょっと高いかなぁ~
セットでの割引があれば考えても良いかなって感じでしょうか。
一応、BSアナログ放送と同じ料金設定なんですけどね。

11月は、
無料での試聴が出来るんじゃないかと思うので、
試しに観てみるかな。


そんなわけで、
DVR導入はもうちょっと先のこととなりそうです。

よもやこのような展開になろうとは...

原一樹 選手(駒澤大学)来季新加入内定
本日、エスパルスより発表されましたよ。
良いじゃないの良いじゃあないの。

またもイキの良いFWを獲得じゃないの。
外国人に頼らないオーダー、
意外と早く組めるかもしれませんね。

タッチミーは、
残念ながら原選手のプレーを観たことはございませんが、
期待したいですね。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

清水エスパルスでは来季(2007シーズン)の新加入選手として、駒澤大学の原一樹選手を内定しましたので、お知らせいたします。

原 一樹 Kazuki HARA FW 

●生年月日 1985年1月5日
●身長/体重 177cm/73kg
●血液型 AB型
●ポジション FW
●出身地 千葉県松戸市
●サッカー歴 松飛台SC(松戸市立高木第二小)
→まつひだいクラッキス(松戸市立第四中)
→市立船橋高
→駒澤大(4年在学中)
●主な成績 [高校3年生時(2003年1月)] 全国高校サッカー選手権 優勝
[大学1年生時(2003年7月)] 総理大臣杯 全日本大学サッカートーナメント 優勝
[大学1年生時(2003年8月)] ユニバーシアード 大邸大会 優勝
[大学2年生時(2004年7月)] 総理大臣杯 全日本大学サッカートーナメント 優勝
[大学2年生時(2005年1月)] 全日本大学サッカー選手権 優勝
[大学3年生時(2005年8月)] ユニバーシアード イズミル大会 優勝
                  関東大学リーグ 優勝
[大学3年生時(2006年1月)] 全日本大学サッカー選手権 優勝、MVP、ベストFW賞
●代表歴 [大学1年生時(2003年)] U-18日本代表、ユニバーシアード日本代表
[大学2年生時(2004年)] U-19日本代表
[大学3年生時(2005年)] U-20日本代表、ユニバーシアード日本代表
★これまでの清水エスパルス練習参加
 2006年2月5日~11日(春季キャンプ@鹿児島)
 2006年6月1日~3日

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


経歴を見る限りでは、
かなり期待しちゃいますけども。

今週末は、
久しぶりの日本平での試合ですよ。
しかし相手は苦手アルビレックス、
否、新潟アルビレックス。
まぁ、実際苦手なんですけども...

前回の対戦が5/6(土)第12節、
アウェイ戦でありましたけども、
2-4で敗戦しておりますしね。

実は、
この試合のチケットを友人からいただけることになっておりまして、
仕事が終わり次第、
スタジアムに行こうと思っております。
たぶん、キックオフには間に合わないかと思いますが、
久しぶりにスタジアム観戦できるということで、
楽しみであります。

「きっこの日記」読んでます。
もう10/18(水)となりましたけれども、
スカパーDVR届きませんな。
9月に申し込んでもう来たって人もいるみたいなんですけども...
明日あたり電話で問い合わせしてみるかな。

今日は、
うちのiPodが古い方も新しい方も途中で止まっちゃった。
原因が不明なんですけども、
とりあえず、
強制的に再起動して、
あらためて入れ直してみました。
これで直ってくれたら良いんですが...

どうなっちゃったんでしょうか?
nanoを買えってことでしょうか?


さてさて、
ただいまブログ界はおろか、
政界やマスコミも大注目と思われるブログ、
「きっこの日記」が本になりまして、
タッチミーさっそく読んでおりますよ。

読んでおりまして、
思わずホロリホロリと涙がこぼれてしまいます。
母と娘の関係ってこういうんだよなって感じです。
きっこさんの俳句好きのルーツとか、
文章に対するこだわりなんかも、
読んでいてなるほどなぁ~なんて思いました。

まだね、
2章までしか進んでないんですけども、
明日以降もぼちぼち読んでいきたいと思っとります。
きっこさんの文章は、
確かに長いけれども、
とっても読みやすいので、
意外と早く読み終われそうです。
昔なら、
ちょっくり夜中まで読んでたら、
一気に読み切れたでしょうが、
今はそんな無茶もできませんのでね、
大事に1章ずつ読まさせていただきますよ。


そして、
今日、
きっこさんは、
あの「耐震偽装事件」に関して、
今日のブログで非常に興味深い内容を明らかにしました。
タッチミーは、
この問題をちゃんと国会でとりあげて、
真偽を明らかにしてもらいたいと切に思いました。
この国は、やはりおかしいです。
こんなことがまかり通ってしまってはいけないんです。
ちゃんと白黒ハッキリさせなきゃいけない問題だと思います。
場合によっては、
生まれたばかりの安倍内閣が火だるまになる可能性もありますので、
政府はどこまでも隠蔽しようとするかもわかりませんが、
そんなことにならないようにしなくちゃです。

そのためにも、
たくさんの人に「きっこの日記」読んでもらいたいです。
ホントはリンク張った方が良いのでしょうけどね、
検索すれば、すぐに出てきますので、
ぜひ読んでみて下され。

近く「耐震偽装」に関する本も出るそうですので、
そちらにも期待したいと思います。

巨悪が闇に葬られることのないよう願うばかりであります。

映画試写会「天使の卵」
どーも、ただいま試写会から戻りましたよ。
いやいや、
ホントは明日にでものんびり感想をアップするつもりでおりましたが、
思った以上に良い映画でね、
おススメ度アップのため、
さっそく書かせてもらっとります。


まず、
いきなりのサプライズで、
主演のお一人である小西真奈美さんが登場されまして、
テレしずの菰田アナのインタビューがね行われましたですよ。
びっくりです。

おかしいなと思ったんですよね、
入場時間がいつもより早めだったし、
タッチミーがいつも座ってる前方の真ん中の席が早めに埋まっちゃってたし、
そもそも、
21日が公開なのに、
今日が試写会ってのも変だなって思ってたんですよ。

すべて納得です。

小西真奈美さんですが、
さすがは、新小顔ナンバー1女優ですやね、
顔、小ちゃかったです。
ビールのCMとかで見てたときは、
山口智子さんにちょっと似てるかななんてことで、
タッチミー的にはポスト山口智子なんですけども、
実物はさすがにおキレイでしたねぇ~


さて、
映画の内容もね、
良かったとですよ。

人ってさ、
すごく強いときもあれば、
ものすごく弱くなるときがあってさ、
優しいときもあれば、残酷にもなれる。
そんな心の揺れ動きや、
好きな人へのまっすぐな気持ちがね、
伝わってきました。

年下の男の子が年上の女性を好きになると、
ああいう気持ちになるよなぁ~って感じで、
タッチミーにも経験がございまして、
心がタイムとリップしちゃいましたよ。
あのころの自分もあんな風に気持ちをぶつけていたことを、
思い出してせつなくなっちゃいましたねぇ。

またね、
市原隼人くんがね、
カッコいいわけ。
なんでしょう滝沢くんと高橋克典を合わせたような感じといいますか、
声もね、良い声してますよね。
あれなんですね、
「リリィシュシュ」に主演してた男の子なんですね。
あの時はまだまだ、あどけなさの方が強かったですが、
こんなに良い男に成長してましたか。
これからも期待できますな。

沢尻エリカもね、
健気でね、セーターをプレゼントしようとするシーンがあるんですけど、
あれはせつないですよ。

最初のシーンで国語の先生として登場したときは、
なんか違和感があったのですが、
さすがに23才の教師の役は、
メイクが不自然な気がしましてね、
でも、
4年前に話が戻って、
ようやく沢尻エリカっぽさが出てきたかなって感じでした。
この二人のラブストーリーでもまったく問題無しという感じだったのにね。
運命は残酷な展開をみせたわけです。


原作が読まれているのも頷けるストーリーでしたね。
ちょっとずつ引き込まれていきますから。
4年前に何が起こったのか?
興味津々なわけです。


ずっと、
ハッピーな人が誰もいないんじゃないかと思えるほど、
せつない流れで、
心配しておりましたが、
ラストにホッとさせられましてね、
またホロリですわ。

でね、
この映画のその後を描いたドラマをやるそうなんですわ。
10/22(日)21:00~
テレ朝で「天使の梯子」オンエアです。

21日に劇場で映画を観て、
翌日にテレビを観てねってことなんでしょうな。

キャストが入れ替わってしまいますので、
違った趣になりそうですけども、
ドラマの方も気になります。


そんなわけで、
この映画は久々にタッチミーおススメできる映画といえましょう。
単なる純愛でもなく、
こんなラブストーリーものだったら、
観てもらって損はないと思います。
ではでは。

ドラマ「Dr.コトー診療所2006」第1話
え~10月ドラマ、3本目でございます。

いきなり高視聴率でフジの木9の最高記録を塗り替えたらしいですな。
まぁ、人気のシリーズですからね、
ほぼ同じスタッフ&キャストでやってくれてるのも安心感があります。
このシリーズから観始めちゃったって人には、
(あんまりいないか)
最初の方わかりにくかったでしょうか?
そうでもないのかな。

剛洋くんの進学と彩佳さんの病気っつうところから入ってきましたな。
なかなかに初回にして見応えがございました。

さらに彩佳さんに代わって島に来る新しい看護師のミナちゃん、
こりゃ~ド素人っぽい新人が来ちゃいましたね。
演技のことじゃないですよ、
看護師としての経験値があまりにも低いですけど、
今後成長していくってことでいいんですよね。

そうでなくてもね、
アクロバティックな治療が多いんで、
かなりの度胸がないと厳しいかと思うんですけども...
大丈夫なのかしらん?!

苦労の絶えない五島先生ですよ。

離島での医療活動って、
やっぱり個人の力に頼らざるを得ないんでしょうねぇ~

彩佳さんの治療は、
どうするんでしょうかね、
やっぱ東京での治療ということになるのでしょうか。
早期発見早期治療ってことで、
島で悠長にってわけにはいかんでしょうな。

それで、
代わりに来たのが彼女じゃあねぇ、
安心して任せるっちゅうわけにいかんもんなぁ。

どうなっていくのでしょうか。

原親子の関係も気になりますやね。
二人とも島にいないわけで、
今後の登場は少なくなっちゃうのかな、
それだと寂しいですねぇ~
なんとか、こっちも描いていってもらいたいところ。


そんなわけで、
今回のクールでは最注目のドラマですのでね、
期待も大きいですが、
丁寧なストーリーに期待してますよ。


ということで、
フジ、テレ朝、TBSとうまいことバラけてます今回。
ただ、
木金に集中してるんで、
チェックが遅れちゃいますのでね、
ちょっくり厳しい週末となりますな。





今夜はMOVIX清水へ試写会に行く予定となっております。
遅くなりそうなんで、
感想は明日以降になりそうです。
じゃじゃじゃそういうことで。

ドラマ「セーラー服と機関銃」第1話
え~10月からのドラマ2本目でございます。

タッチミーは、
来生たかおさんの曲好きだったんですよ。
なので「夢の途中」が好きだったわけなんですけども、
薬師丸ひろ子主演の映画「セーラー服と機関銃」には、
なんとなく、ひかれなくって観てなかったんです。

ですが、
今回のドラマに先立って、
先日、映画「セーラー服と機関銃」がオンエアされましたんで、
チェックいたしました。

やっぱ、薬師丸ひろ子は、
当時のあの若さであの演技はすごいと思いました。
映像的には、
テレビ的な手法を取り入れた感じが見受けられまして、
当時の角川映画の勢いを感じましたね。


2時間の映画と連ドラとでは、
まったく違うものとして観た方がいいと思っておりまして、
そのつもりで、
とりあえずドラマ第1話を拝見しました。

そもそも小泉今日子の久々の連ドラ出演で観る気になったので、
そんなに期待はしてなかったところ、
意外にも良かったです。
映画よりも「人間の暖かみ」を感じさせる展開になってますね。
ストーリーの展開もわりと説得力があったんじゃないかなと思いました。
女子高生がヤクザの組長なんてさ、
普通に考えたら有り得ないですものね。
しかし、
うまいこと納得させられちゃってましたよ。
しかも全体としてコミカルさも忘れてなくってね、
笑えちゃうんですよね。

ある程度は、
映画のストーリーに沿った流れになるでしょうけども、
ドラマはドラマで、
独自のエピソードや展開も期待できそうな感じですやね。

で、
主演の長澤まさみさんですけども、
いやいや、
さすがに若手注目株の女優さんですな。
連続ドラマの主演は初だってことらしいんですが、
10代の彼女の新たな代表作になる可能性ありますな。
あどけなさと大人っぽさの両方がうまく出てました。
ヒロインの星泉のキャラクターも、
生真面目なんだけども、おっちょこちょい。
普通の女子高生から、いきなりヤクザの組長になっちゃって、
今後、戸惑いながらも成長していく様子が描かれていくといいですな。
次回は、
小泉今日子との絡みもありますのでね、
楽しみでありますよ。



ドラマ「だめんず・うぉ~か~」第1話
え~10月からのドラマ、
今回は3本ほど観ようかと思っとります。

そのうちのひとつ「だめんず・うぉ~か~」。
昨日、放送でしたので、
先ほどチェックいたしましたよ。

主演に藤原紀香、山田優。
J-PHONEとVodafoneですな。
第1話を観た限りでは、
どこのケータイを利用していたかは判別不明でした。
(ドコモっぽいような気もしたが気のせいか?!)
今後もケータイ登場するはずですのでね、
なんとか判別したいところ。


内容の方は、
「くらたま」こと倉田真由美さん原作のコミックスで、
ダメな男ばかりを好きになってしまう女性のお話。

とりあえず第1話は、
まぁまぁ、面白くみられましたよ。
彼女がいるのに合コンで女をつまみ食いとか、
婚約者がいることがばれて「日陰の女」になってくれとか、
etc...
今後も次々とダメ男くんが登場するかと思われまして、
どんなダメ男が出てくるのか、楽しみなところ。

あんまり、主演の二人の演技には期待してませんが、
以外とハマり役なのかもしれません。
比較的短めのセリフ回しと、
独白的なアテレコが多用されているので、
そんなに違和感なく観られるような気がしましたよ。

女性からの評価はどんなものか分かりませんけども、
タッチミー的には、
楽しめそうなドラマです。

しかし、
登場するダメ男がイケメンばかりなんだよなぁ~

鈴井貴之のロケハン
昨日、放送されましたのを、
今まさに、観てますよぉ~

ただいま社長の相棒を抽選中でございます。

そうかそうか、
そういう抽選か。

そりゃそうだ、
原チャリの旅とはわけが違いますからな。

やはり、
大方の予想通り、
あの方が抽選(指名)されましたな。


まずは豊平川から。
マンホールの「あの場面」を振り返っておりますよ。


続いて「river」のロケ地である夕張へ、
バイクで向かっております。

鈴井さんの「あまのじゃく人生」の意外なルーツが語られましたな。
小学生の国語の授業で、
とある作品の感想を順番に聞かれ、
みんな主人公の目線で、
同じような答えをする中、
「同じこというのが嫌だな」ってことで、
主人公の友達の目線から発言したところ、
ことのほか担任の先生に褒められちゃった。
物事をいろんな目線から見る癖が、
そこから始まったと。

目的地近くまで来るも、
どこから入ったら良いか分からずに、
道に迷って、
おじさんに聞いておりますぞ。

右往左往しながらも廃校に到着。
廃校がさらに廃墟と化しております。
「今の方が良いな」
「撮り直しですか?」

続いて「映画の街」夕張。
映画「幸福の黄色いハンカチ」のロケセットが公開されてんですね。

二人の願いは...
「高倉健さんと仕事がしたい」
「若いころの倍賞さんが好きです」(告白?!)


続いて高倉健の映画のロケ地へ向かう。

日高で一泊。
オータムキャンプで男の語らい。
次回作への思いなど語っておられました。
これまでは、
若干、肩に力が入っていたけど、
もうちょっと気楽に創ってもいいんじゃないかという気持ちになっていると。

明けていよいよ到着したのは、
「鉄道員ぽっぽや」のロケ地、
南富良野町に到着ですよ。

鈴井貴之は高倉健が好き。

気分はすっかり「高倉健」。


深作監督が亡くなる前に、
対談する機会があって、
その時に、
「映画についていつ頃わかるようになったか?」と尋ねたところ、
「10年くらいかな、それまでは何にもわからなかった」と。

鈴井さんが監督として6年。
まだまだこれからなんだという思いなんでしょうな。


バイクで走行中の正面のショットからの会話シーン、
「どうでしょう」的な雰囲気が漂っておりましたね。

30分には収まりきらなかった貴重な映像が、
まだまだたくさんあるとのこと。
ぜひ蔵出ししてもらいたいですな。

あるいは、第2弾を企画していただいてもかまわないですよぉ~
NECOさん期待してます。


ゆずおだ「クリスマスの約束」
10/10(火)、
みなさま、
三連休明けのお仕事、お疲れさんでございました。
タッチミー、
三連休はございませんでしたが、
(それどころか危うく日曜出勤になるところでしたよ、あぶねぇ~)
本日は火曜お休みということで、
若干のんびりと過ごさせていただきました。

ということで、
今日も、
ゆずっこニュースでございます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ゆずおだ
「クリスマスの約束」
2006.11.29 (wed) on sale !!!
SNCC-89901
¥1,050(税込)
期間限定生産商品3ヶ月間限定

ゆずと小田和正氏で“ゆずおだ”と名乗るこのユニットは、TBS-TV「クリスマスの約束」番組内で、一夜限りのために誕生したスペシャル・ユニット。そこで番組だけのオリジナル曲をゆずと小田氏が共作&披露したのが、番組同タイトル曲「クリスマスの約束」。その後も昨年末におこなわれた小田氏の武道館公演にゆずがゲスト出演した際に披露しただけで今までに2回しか歌われていないこのスペシャルな楽曲をレコーディング、そしてCD化!
“ゆずおだ”による美しく洗練された歌声とハーモニー、輝きに満ちたシンプルでエバーグリーンなメロディーアコースティックで柔らかなサウンド…
“2006年クリスマス・スタンダード曲”がここに誕生します!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


これ聴いた事ないですので、
ぜひともGETしたいです。

小田和正というと、
今度のKAT-TUNの新曲も手がけたそうで、
御大頑張っておりますよ。

まぁ、
KAT-TUNの方はまったく興味がないわけですが、
ゆずおだのシングルはなんとしても手に入れたいところ。

KAT-TUNといえば、
デビューシングルの作詞担当をいたしましたスガシカオ。
今年は、
いつになく精力的な活動をしてますよね。
で、
ふと耳にしました情報によりますと、
彼の「19才」って曲のPVが、
その内容があまりに「過激」とのことで、
放送&販売禁止になったそうな。
一回、観てみたかったですが、
もはや世に出る可能性はゼロとのこと。
たいへんもったいない話です。
観たことある人いますかねぇ~


いかんいかん、
わき道にそれすぎだなや。

TBSチャンネルは過去もののライブをわりと放送してますので、
もしかしたら、
シングル発売に合わせて、
「クリスマスの約束」オンエアあるかもね。
って、
ちょっと期待モード!!


伊禮麻乃ちゃんとナックス
伊禮麻乃ちゃん、
「いれいあさの」ちゃんって御存知でしょうか?

タッチミーは、
Podcastで毎週聴いております。

詳しいプロフィールなどは、
彼女のHPを見ていただきますとしまして、
現役女子大生にしてシンガーソングライター、
しかも史上最年少で、琉球古典音楽安冨祖流教師免許を取得という彼女。

その唄声は、
独特ですので、
一度聴いたら忘れないんじゃないかと思われます。

そんな彼女が、
北海道は、
HTBの番組にご出演。
今週の放送では、
「ハナタレックス」とおっしゃってましたが、
おそらく「ハナタレナックス」でしょうな、
沖縄ロケに行っておったようですし。

しかし、
ハナタレはよく沖縄ロケに行くような気がしてるんですが、
ほぼ毎年じゃないのかな。

それはさておきまして、
伊禮麻乃ちゃんは、
「夢チカ」にも登場です。
10/2、10/9、10/16の3回ゲスト出演。
さらに、


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

10月21日(土) HTB 北海道テレビ放送
              「夢チカライブ Vol.23」

 ◆時間:17:30開場/18:00開演
 ◆場所:KRAPS HALL(札幌市中央区南4西6タイムズステーション 1F)
 ◆出演:伊禮麻乃/CHABA(東京)/福原美穂(札幌)/Buffalo(札幌)
 ◆料金:¥1,000(オールスタンディング・税込み)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


あとね、
「おにぎりあたためますか」の4月からのエンディングテーマにも、
伊禮麻乃ちゃんの「フェンス」が採用されておおりまして、
なんかね、
知らないうちにつながっちゃってましたねぇ~


まだ、
彼女の歌を聴いた事ない人は、
コチラで、
「楽園」って曲の無料ダウンロードが可能ですので、
ぜひ聴いてみてくださいましな。

「夢チカライブ」も行ける人が羨ましいですな。
参加アーティストには福原美穂ちゃんの名もありますね。
あれでしょ、
藤村くんがPV作ったっていう彼女ですよね。
ちなみにPVはコチラ
彼女もまた若くして、
あふれんばかりの才能です。

伊禮麻乃ちゃんともども、
今後の活躍に期待したいですね。

ライブ観に行きたいやねぇ~

クーミンのライブはあいかわらず平日なんで、
なかなか行けませんが、
毎週月曜更新の「うたたねせーにゃ」がね、
楽しみですよ。



SCHOOL OF LOCK!とゆずの学園祭!
SCHOOL OF LOCK!とゆずの学園祭!

秋ですなぁ~

秋ですねぇ~

ということで、
タッチミー、
寝坊をしてしまいましたよ。
(どこが、ということなんじゃい!!)

しかも、
目覚めてからしばらく、
寝坊したことに気づきませんで、
傷口をさらに広げてしまいましたと。

あわてて支度して出かけたものですから、
コンタクト左右入れ間違えちゃったりしまして、
朝からばたばたとしちゃってました。

あいかわらず、
ときおりやってくる左手首の痛みに加え、
今日あたりは、
時々、左足も痛くなったりなんかして、
いけませぬ。


さてさて、
今日はゆずっこの話題。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

SCHOOL OF LOCK!とゆずの学園祭!

10/21(土)
未来の鍵を握るラジオ!スクール・オブ・ロック!とゆずが、
中高生限定の学園祭をヤオンで開催!

SCHOOL OF LOCK!とゆずの学園祭!
ホイッスルソング!
in日比谷野外音楽堂

日時:10/21(土)17時開場 17時30分開演
場所:日比谷野外音楽堂
出演:やましげ校長、やしろ教頭、
   榮倉奈々、成海璃子、and more
   オレスカバンド
   ゆず

チケット:¥2,969(学割!)

★注目★

★学割!ということは・・・今回のイベントは学園祭だけに、
 来場対象は、中学生&高校生限定!(自称も可(笑))

★ドレスコードあり!制服着用希望!(一部でも可、制服テイストあれば可)

★笛持参

 SCHOOL OF LOCK!は、TOKYO FM系全国38局ネットで
 夜10時から絶賛オンエア中!
 
 詳しくはコチラをチェック!
http://www.tfm.co.jp/lock

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ってことで、
いやぁ~
自称「中高生」が大集結しちゃうんでしょうか?

行ってみたいが、
さすがにもう学生服は着られんとです。
なんか凄まじいイベントになりそうですな。

SCHOOL OF LOCK!って、
K-MIXでも放送してるんですね。
今度聴いてみよっかな。

今年のゆずっこは、
今までとは、
ちょっと違ったプローチのライブイベントが多くなってますね。
楽しそうなんで、
参加できそうなみなさんは、
ぜひ参加してみてくださいましね。


そういや、
昨日も青山は代表戦に出場させてはもらえませんでしたな。
またもや呼ばれただけかいな。
ケガなんかしてくるよりは良いですが、
ちょっとくらい使ってくれたって良いのにねぇ~


ソフトバンクの次の手は、
タッチミー、
ずいぶんと疲れておりますよ。
先週の土曜あたりから、
左手の手首が痛んだりしましてね、
いけません。

渋谷パルコ「小祭り」は本日もにぎわっておったようですなぁ~
タッチミーはこちらの催しには、
心動かされるものがありませんで、
まったく行く予定はございませんが、
10周年の記念グッズのうち、
Tシャツとパーカーが欲しいなとは思っております。
HTBのオンラインショップには、
現在、在庫無しという状況であります。
「小祭り」が終わって、
落ち着いたら、在庫状況も改善されますでしょうから、
購入はそのあととなりますかね。


さてさて、
どうやら、
ソフトバンクさん、
長期利用割引を「スーパーボーナス」に一本化するようです。
すでに、
9月末で、
ハッピーボーナスと年間割引の受付を停止。
しかも、
それらの契約年数の引き継ぎもしないとのこと。

その代わり、
新規契約と同じ扱いにして、
月額基本料を2ヶ月無料とするそうです。


「スーパーボーナス」自体の是非もさることながら、
契約年数の引き継ぎをやめてしまうということに、
ずいぶんと反発の動きも見受けられます。

実際にショップでの対応にも差が生まれているようで、
何となく始まった「スーパーボーナス」に、
何となく一本化みたいな感じにしているようです。
そもそも正式なプレスリリースは一度もしてないサービスですからね。

タッチミーとしては、
落ち着くまで様子見でしょうかね。
そもそも「スーパーボーナス」自体は、
それほど悪いものじゃないと思っておりまして、
前にも言いましたが
これは、インセンティブの「廃止」ではなく、
「見えるインセンティブ」。
キャリア側の負担を軽減させると同時に、
ユーザー側に正当な「端末価格」を認識してもらうことが狙いと思われ、
さらに、
MNP対策にもなってまして、
新規ユーザーに手厚いサービスとなるように、
基本使用料とデュアルパケット定額を2ヶ月無料にするなど、
ほとんど、お金をかけないでソフトバンクに移れます。
しかもインセンティブで「売れば売るほど赤字」みたいなこともないわけで、
ずいぶん考え抜いた施策だと思われます。

新規のユーザーに優しいのは良いことではありますが、
既存のユーザーにも、
もうちょっと優しくしないといかんのではと思いますけどね。

そこで、
既存のユーザーにも優しくなるように、
「スーパーボーナス」の不明な点と、
次に打ってくる手をよんでみようかと思います。

「スーパーボーナス」には、
正式な発表がないために、
いくつか不明な点があります。
そのひとつは、
スーパーボーナスからスーパーボーナスへの引き継ぎ方。
もうひとつは、
継続割引との併用はどうなるのか?
ソフトバンクのHPをみる限り、
継続割引との併用についての記述はないようでして、
これが併用できるようなら、
ハッピーボーナスよりも低い割引率もうなづけるかと思われます。

スーパーボーナスからスーパーボーナスへの引き継ぎ方で、
問題となるのは、
「スーパーボーナス継続割引」の年数を引き継ぐのかどうか?
引き継がないのであれば、
新たにスーパーボーナス加入とみなして、
新規加入特典や割引加入特典などは適用されるのか?

このあたりが、
ハッキリ示されていませんので、
使い道によって「お得感」が薄れてしまうということになっています。
特に、
「スーパーボーナス特別割引適用期間中」に買い増しなどした場合の扱いを、
「残金の支払い」というマイナス面からだけ考えると、
逆に「損した気分」(実際には今までとそれほど変わらない)になっちゃうんですよね。

このあたりを明らかにすることが大事じゃないかと思います。

さらに、
スーパーボーナスで、
基本使用料とデュアルパケット定額を2ヶ月無料にしていることから、
料金プランへのアプローチとして考えられるのが、
「基本料金と定額のセットされたプラン」。
現在のプランから無料通話分をのぞいた実質基本使用料が、
1,900~4,500円。
平均すると3,100円。
実際には、どのプランがどのくらいの割合で利用されてるかはわからないのですが、
おそらく、低額のプランの方が多いかと予想されますので、
2,000円前後が妥当でしょうかね。
それとデュアルパケット定額の3,900円で5,900円。
まぁ6,000円前後で通話もメールもウェブも定額ということなら、
有り得なくもないかな。
通話については、
ソフトバンク同士に限るということになるか、
指定したいくつかの番号に限定するかでしょうね。

LOVE定額や家族通話定額の設定料金から、
このくらいなら実現可能かなという感じですが、
他社へのインパクトということから言うと、
もしかしたら、もうちょっと低く設定してくることも有り得ますが...

 +みんな定額(S!定額)
 〓SoftBank

こんな感じですかな。

あと料金プランで選択肢として欲しいのが、
無料通話無しの低額プラン、
1,000円以下ならかなりインパクトあるかと思いますが、
いかがでしょうか?
インセンティブ回収のリスクが無くなれば、
こういうのも有りでしょうけど、
「無料通話分の繰り越し」では、
若干、他社より見劣りしておりますので、
こういうアプローチも有りかなという気がしております。

こんなシナリオを予想してみましたが、
どうでしょう?
今後のソフトバンクの打つ手いかんによっては、
勝利も敗北も有り得ますのでね。
頑張ってもらわねばなりませんぞ。


2006J1第25節 アビスパ福岡戦
ホーム日本平で雨の中勝利しましたね、
再び4位浮上となりましたよ。

タッチミーは、
本日はカラオケに行っておりましたのでね、
ただいま、
SBSの放送を録画いたしましたのを観ております。

アレシャンドレがMFで先発したようで、
なかなかいい感じじゃないですかね。
結果は4-0でしたが、
アビスパも、そんなに悪い内容ではないみたいでしたね。

枝村、
純平、
矢島のゴールっていうのは、
嬉しいですやね。

ホントにけっこう雨が降っていたようですので、
選手のみなさん、
スタジアムで応援されたサポーターのみなさん、
ご苦労様でした。

試合前に健太監督は、
「ピンチとチャンスは表裏一体であり、今はチームのピンチではあるけれど、今日出る選手にとってはチャンスである。こういうピンチの状態をチャンスに変えられる力というものが現在我々に問われている力ではないか」
ってなことを話したそうですが、
まさに、チャンスを得た選手たちが頑張って結果を出したと。

次節は、
10/7(土)、
アウェイでセレッソ戦ですが、
山西が累積で出場停止となるようですので、
今日、途中出場した森岡が久しぶりにスタメンかもしれませんね。
頑張ってもらいたいです。


そんなわけで、
10月は良いスタートを切れたと言っていいのかな。
また一試合ずつキッチリと戦っていってもらいたいと思います。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。