タッチミーの思いつき日記
タッチミーの気になったことなど、ぼちぼちと書いております。


twitter

@touchmee



@touchmee_music



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

タッチミー

Author:タッチミー
FC2ブログへようこそ!



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ホントなら嬉しいな
5/30(金)でございますよぉ。

ちょっくりのご無沙汰をしちょりました。
もう5月も終わっちゃいますな。
いよいよ今日からでしたねぇ、「みかんのお水ちゅう」発売開始になりましたな。

今年は、廣木ちゃんのスケジュールから考えて、発売日イベントが金曜日になるだろうなとは思ってました。
しかも、浜松でしたねぇ、さすがに、仕事終わってからじゃ行く気にもなれず、サークルKに寄るのも忘れちゃって、未だGETしておりません。明日は、寄らなきゃな。

今年も、CD欲しいですもんね。

さて、なんだかね、「3G iPhone」の発表が秒読み段階となってきた模様で、ついに日本での発売も実現するのでしょうか。

しかも、日本での販売キャリアには、ソフトバンクさんの名前が出始めておりまして、かねてよりの、タッチミーの予想であります、ディズニーモバイルのような形があるんじゃなかろうかという感じで、ホントなら嬉しい限り。

もう一方の本命であるドコモさんが、いち早く夏モデルを発表いたしまして、来月には、販売が始まるそうですが、「3G iPhone」については言及されませんでしたからね。

AppleのWWDC2008が6/9からですもんね、おそらくは、この日に、「3G iPhone」の発表があるのではないかと思われます。

ここで、日本での展開についても話されるとしますと、ますます、ソフトバンクさんからの可能性が現実味をおびてきますやね。

期待しすぎると、がっかりしちゃうかもしれませんから、だったら嬉しいなってくらいの気持ちで、ワクワクしながら、待ちたいと思っとります。
WWDCでは、他にもサプライズがあるやもしれませんしね、そっちにも、期待がふくらんじゃってます。

スポンサーサイト

映画「アフタースクール」
5/26(月)でございますよぉ。

行ってきました、MOVIX清水。

観て良かったです。

それにしましても、観てない人にはどこまでも話せない映画ですなぁ。全てのシーンに裏がありますから、オープニングのシーンも、そのまま観ちゃダメなわけ。

だからね、下手なネタバレを書きますと、映画が楽しめなくなっちゃうということになりかねません。

というわけで、限りなくネタバレに気を使う映画ではありますが、観て損しません。むっちゃ笑いながら、騙されてしまいましたが、最後には、スカッとした感じが残りましてね、ホント観て良かったなって思いましたね。

そうですね、洋さんチェックとして、最初の登場シーンでね、まあ似合わねぇって思いますよ、たぶん。
ちなみに、洋さん、台本を初見して、自分の演じる神野先生をどう勘違いしたのか、「舘ひろし」みたいなイメージを持ったらしいですが、そしたら、洋さんにオファー来ないですよね。
でも、神野先生の台詞で、ちょっと気に入ったのがありましたですよ。
「どこのクラスにもいるんだよな、おまえみたいな奴。」
「なんでも知ったような顔で、学校がつまらないとか言ってる奴。」
「学校なんて関係ないんだ。お前がつまらないって感じるのは、お前のせいだぞ。」
みたいなことを言うんですよ。

妙に納得しちゃいましたなぁ。

まあね、とにもかくにも、この映画は騙されながら楽しんじゃった方が良いですな。

いとうせいこうさんいわく、10回観てくださいってよ。まあ、10回は無理でしょうけど、また観てみたいです。全てを知った上で、全てのシーンを見直すと、同じシーンが違って見えてきますからね。

それと、エンドロールが始まったら、席を立ってる人が結構いましたが、エンドロールの最後にもうワンシーンありますのでね、見逃しちゃってますよぉ。もったいないですよぉ。

ってことで、ぜひとも、映画を見終わった人とのアフタートークがしたくなる映画ですな。

ではでは。

今日の1曲、
monobright「あの透明感と少年」。

この映画の主題歌であり、PVの監督も内田けんじ監督がやってらっしゃいましてね。洋さんも出演されておりますですよ。
ラストのオチも笑っちゃいますよ。

2008ナビスコ予選 第4節 ジュビロ磐田戦
5/25(日)でございますよぉ。

先週のヴェルディ戦が、あまりにも悲しい結果でね、泣きたくなるような、リーグ戦の結果のまま中断してしまいました。

そして、迎えたナビスコ予選です。
しかも、静岡ダービーということでね、いやでも気合いが入るっちゅうもんですな。

ここまで、リーグ戦とは違いまして、ナビスコでは、2勝1分けの負けなし。この試合に勝てば、予選突破に向けて、大いに有利となります。

ただ、代表戦やケガ人の影響で、レギュラー陳の多くが出られないというわけで、いったいどうなるのか、予断を許さない状況でした。

が、しかし、エスパルスは、やはりナビスコでは好調。4-2での快勝であります。

内容は、ジュビロの攻める形の方が良かったと言っても良いかと思います。ただ、少ないチャンスを最初にものにしたのが、エスパルス。

原一樹の技ありゴール。この先制点で、ずいぶん気持ちが楽になったはずです。

残念ながら、ジュビロに追いつかれちゃいましたけども、ジュビロのチャンスの多さに比べれば、よく前半を1-1で終えられたという感じでした。

そして後半の立ち上がりに、藤本のPK、西澤のナイスゴールで突き放すと、これまで、出場機会のなかった選手を試す余裕も生まれました。

その後さらに、藤本が、駄目押しゴール。中山に1点は返されたものの、逃げ切りましたね。

そして、ついに大前元紀が日本平デビューいたしました。

さすがに、得点を期待するシーンはありませんでしたが、スタジアムの盛り上がりはかなりなものでしたね。サポーターの期待の大きさが伝わってきました。

この日の最大の功労者は原一樹だったのは、間違いないことでしょう。

不振のFW陳に克を入れる意味でも、大前には、早くゴール決めてもらえたら嬉しいんですけどね。

もちろん、外国人選手にも、奮起してもらえたらとは思いますが、今日の出来からいうと、まだスタメンには使えないでしょうね。

そんなわけで、この得点力が、リーグ戦でも発揮されればなと思う次第です。

来週も、ナビスコ予選、FC東京戦となります。

次節も、快勝して予選突破を決めちゃって欲しいですな。

ではでは。

今日の1曲、
Daigo☆Stardust「デイジー」。

この曲のPVを鈴井さんが手掛けたということで、知っておりましたが、この時の彼が、あのDAIGOなんですね、いやビックリ。

食べ物と温度
5/24(土)となりました。

いよいよ、映画「アフタースクール」公開ですな。月曜日に行けたらと思ってるんですけどね、どうなりますか。

昨日の「ゴチになります」観ましたでしょうか。チョー泉チョーさん、ビシーッと自腹でしたな、おかしいでしょうに、設定金額が25,000円だってのに、31,000円ねらいって。30,500円だったから、ある意味ニアピンだったわけで、そりゃ負けますわな。

さて、食べ物のことでね、タッチミーには、ちょっとした、こだわりみたいなことがありましてね。それは温度。

もちろん、いろんな食べ物に、おいしく食べられる温度があるかとは思うんですけども、一般的には、おいしく食べられているものでも苦手なものがあるわけ。

例えば、麺類なんですけども、この季節になりますと、いわゆる「冷たい」系の麺類が登場しますやね。ところが、タッチミー、この「冷たい」系の麺類が苦手。

今朝も、会社でね、冷たいおそばを出されまして、「無理だ」って言ったんですけど、「せっかく作ったから食べな」なんて、食べちゃったら、もう案の定ですよ、気分悪くなっちゃってさぁ、止めとけば良かったと思いましたね。

温かいおそばだったら、平気なんですよ。よく食べますもの。でも、冷たいのはダメなんですよね。

全般的に言って、冷たい麺類はダメでして、冷し中華だとかも、まったくダメ。冷たくても食べられるのは、冷や麦とか素麺ですが、実は、これも、温かい方が好きだったりします。
あと例外的にサラダうどんは大丈夫ですな。

これとは、逆に温かいのがダメなのが、牛乳ですよ。
牛乳は、とにかく冷たくなくちゃ飲めない。
なのに、ミルクティーになると、ホットが好きで、アイスは苦手。

冷たいトマトジュースは苦手だけど、トマトベースの温かいスープなら好き。
でも、トマトを食べるなら、冷たくして食べたいというわけ。

どういうわけなのか、自分でもわけわかんないんですけども、完全に、食感の好き嫌いなんで、どうにもなんないんですよね。

他の人は、そんなこだわりはあるんでしょうかね。

ではでは。

今日の1曲、
矢井田瞳「I Love Youの形」。


「おせん」がね、思ったより良いです
5/22(木)となりましたよ。

タッチミー、今回チェックしておりましたドラマには、「おせん」は、入っておりませんでした。
それが、先週でしたか、ナウ泉ナウさんが、ゲスト出演されるというのでね、観ちゃったわけ。

これが、なかなかに楽しめたんですよねぇ。

それでも、次も観るなんて気はさらさらなかったわけなんですけども、番組CMをちらっと観ちゃったら、蒼井優ちゃんがね、タンカきってるシーンが映りましてね、いやいや、がぜん興味がわいてきちゃったというわけでして、今週も観ちゃったの。したら、思ってた以上に良かったんですよね。

なんか、来週も観ちゃいそうな勢いですよ。

古いものと新しいもの、一概には、どちらが良いとも悪いとも言えないかと思うんですけどね、大胆な展開で、ずばりと問題の核心を気づかせましたね。いかにも、コミックス的な持って行き方でしたが、タッチミー、やられちゃいました。

脇にも良い役者さんを起用してますんでね、安心感もありますな。

というわけでね、次回も観ちゃう可能性が高いですばい。

ではでは。

今日の1曲、
中森明菜「セカンド・ラブ」。

昨年の25thアニバーサリ・セレクションとなるバラードベストに収録されてるニューテイクを聴いたわけなんですが、この曲なんてのは、デビュー当時よりも、今の方が、だんぜん良いですね。

久しぶりに、不器用だった(って今もあんまり変わんないと思うけど)二度目の恋なんてのを思い出させますな。

いやぁ気づきませんでしたな
5/21(水)でございますよぉ。

もう5月も下旬ですか、早いね。
なんとも、休み明けのけだるい一日でしたけども、頑張って働いてまいりました。

さて、922SHを使用し始めまして、一ヶ月半くらい経ちましたでしょうか。
ファーストインプレッションの時に感じた不便な点に、コピーの履歴が残らないみたいなことを書いちゃってましたけども、今日、コピーの履歴が使えるということに気がつきました。
いやぁ、気づきませんでしたな。
東芝の機種では、重宝していた機能だっただけに、なくなったと思って、がっかりしてたわけですが、使えたんですね、ずいぶん気づくのが遅かった。

つまり、「Fn+C」でコピー、「Fn+V」でペーストというような使い方をしている内は、まったく気づいてなかったんですね。

ところが、メニューから、ペーストしようとしますと、なんと履歴が出てきましたね。
なるほどね。

そうでしたか。

他にも、まだ気づいてない使い方があるやもしれませんね。

マニュアルとか見りゃね、すぐ分かるじゃないかという話ですけどね。

実に、一回もマニュアル見ちゃいないもんなぁ。

そんなわけで、まだまだ使い込みが足りねぇなと、思った次第でありますよ。

ではでは。

今日の1曲、
スガシカオ「コンビニ」。

タイトルの印象では、明るい曲なのかなと思いましたけども、なんとも、物寂しい曲なんですよね、閉まってしまったコンビニのことを唄っちゃってます。

最新シングルのカップリングなんですけどね、いかにも、スガさんらしい。

このシングルの初回盤についてるDVDに収録されてるライブ映像もね、なかなか良いんですよね。

ゆずニューアルバム「WONDERFUL WORLD」全曲紹介その7
5/20(火)となりましたよ。

いくぶん、疲れ気味なところでしたので、今日は良いお休みになりました。火曜日お休みのタッチミーでございますよぉ。

ゆうべから雨も降っておりましたしね、実に良いタイミングでもって休ませていただきましたな。

さて、ゆずのニューアルバム「WONDERFUL WORLD」全曲紹介も、いよいよ大詰めです。今回で7回目、「君宛のメロディー」と「つぶやき」の2曲であります。

いずれも岩沢くんの作品になりますね。

まずは、「君宛のメロディー」。
実に爽やかなラブソングが出来ましたよぉ。
記憶にある限りでは、岩沢くんの創るこういう爽やかなラブソングっていうのは、今までになかったんじゃないでしょうかね。
季節的にも、なんともピッタリな曲でございまして、五月の風を感じながら唄いたいところですな。

続いての「つぶやき」。
こちらは、うってかわっての胸の内からの「つぶやき」ということなんでしょうな。
なんとも、悲しいような切ないような、最後のリフレインがね、余計に悲しい気分を助長させる。
初期の岩沢作品を思わせるような曲ですな。

ってなわけで、次回で全曲紹介もラストになりますな。

ところでね、ナウ泉ナウさん、いよいよ今週末に「アフタースクール」が公開ということで、いっぱいいろんな番組で出るご様子。
いつもより日テレ系の露出が多めでしょうかね。今となっては、全部チェックするような野暮なことはいたしませんけども、いくつかはチェックしたいと思っとります。

もちろん、映画そのものが、一番楽しみなわけなんで、今度の月曜日に行かれたら良いかなという感じでおります。

ではでは。

どうでしょうDVD第10弾、堪能しております
5/17(土)となりました。

いやぁ、すっかり夏らしい陽気に戻りましたな。

水曜に受け取ってきました「水曜どうでしょうDVD第10弾」、翌日より、ディスクを1枚ずつやっつけておりますよ。

まずは、ディスク1「東京2泊3日70km」の本編。
あまりにも、バカバカしい企画でありますが、歩いて回るとは知らずに、次々と行きたいところを言っちゃう洋さんが、愛らしいですな。

企画の呼称が変更になったのは、やむを得ないとは言え、若干、淋しいかなと思っとりました。ただ、そんなことはね、些細なことだなということですよ。こんなに面白く観られるんだもの。

そして、副音声を聴きまして、オープニングのonちゃんのCGのお話ですね。確かにそうなんですよ。安田さんが、キグルミ着て撮影したらば、あっという間に終わっちゃうくらい、本物チックな仕上がりになってます。これを何ヶ月もかかって、作ったんだと思うとね、ちょっと笑っちゃいます。

そんでもって、ディスク2「マレーシアジャングル探検」の本編。

あの伝説の「トラ騒動」ですよ。
タッチミーが、初めてリターンズで、この企画を観た時のドキドキ感ったらなかったですもの。
心の中で、「トラなんか出ちゃうはずないよね」って思いながら、「ホントに出ちゃうのか!?」っていう緊迫感。あれは忘れられないですよ。そして、あのオチなわけでしょ、笑ったねぇ、ありえんくらい笑った。まぁ、今となっては、すべてわかって観ちゃってますから、あの緊張感はもうないわけですが、それでも、笑えるエピソードには違いないわけですやね。

と、とりあえず、ここまでを堪能しまして、現在、ディスク2副音声を楽しんでる途中となっておりますよ。

まだまだ、特典映像やら、シークレットやら残っておりますからね。先は長いですな。

ではでは。

今日の1曲、
廣木弓子with櫻井大介「ワンシーン」。

去年の「みかんのお水ちゅう」オリジナルキャンペーンソングでしたな。
いやぁ、すでに懐かしい。
今年もやっちゃうみたいでね、楽しみです。
ただ、今年は、おそらく一日店長に会いに行かれないだろうかと思うとね、淋しいわけ。

ゆずニューアルバム「WONDERFUL WORLD」全曲紹介その6
5/14(水)となりました。

本日より、どうでしょうDVD第10弾、及び、コンプリートBOX-Vol.2-の受取開始でございますよぉ。

タッチミーも、仕事帰りにローソンに寄りまして、ビシーッと受け取ってまいりましたよ。ただ観るのは、明日以降になりそうかな。

さて、ゆずのニューアルバム「WONDERFUL WORLD」全曲紹介でございます。今回はその6回目ということで、「行こっか」と「眼差し」の2曲。

まずは、「行こっか」。

これ、最初に聴いた時から、今までのゆずにないギターの奏法なんじゃないかと思いましたね。ベースになる音が力強く響いてきます。こういう岩沢くんもカッコイイじゃんって思わせる曲ですな。

続いて、「眼差し」。

これは、ゆずらしい応援歌ですなぁ。
誰も見てなくったって、僕だけは、君を君をちゃんと見てるよ、胸を張って生きなよと。

そんなふうに、恥じることない生き方を自分もしているだろうかということでもあるんですよね。

今までにも、いろんな応援ソングがありましたけども、この曲もゆずを代表する応援ソングになることでしょうな。

てなわけで、今夜の「どうでC」チェックも忘れずに、早めに寝るとしませう。

ではでは。

2008J1第12節 鹿島アントラーズ戦
5/13(火)となってしまいましたよ、

昨日はね、仕事を終えた後、ちょっくりカラオケに行っちゃいましたよ。そしたら、若干、喉を痛める始末。なんとも軟弱な喉になっちゃったもんです。ただ心地良い疲れを感じつつ、ぐっすりと眠ることが出来ましたね。

さて、土日にJリーグが開催、エスパルスは、ホーム日本平に鹿島アントラーズを迎えた一戦。

なんと、健太監督になってから、一度もアントラーズに勝っていなかったらしくて、現在のリーグ戦の成績の上からも、この日本平で、なんとしても勝ち点3をとりたい試合。かなりの気迫を持って臨みまして、本田のプロ初ゴールによる1点を守りきり1-0で勝利いたしましたよ。

この試合、矢島と西澤が欠場ということで、岡崎が先発、フェルナンジーニョをトップにあげての2トップ。トップ下には枝村を起用してきました。

今シーズン、この形でのスタメンは初だと思いますが、意外と良いんじゃないかと思いました。
特に、岡崎の右サイドに流れての動きからの攻撃は、かなり効いてたんじゃないでしょうか。

ただ、今シーズン、絶好調かと思われた藤本がね、若干、パフォーマンスが落ちていたかなという気がしましたけども、さすがに、毎試合ベストな状態ってわけにはいかないですからね。致し方ないという感じでしょうか。

DF陳も、前半にあったアントラーズの攻めてる時間帯を失点せず、先制点を与えなかったのが良い結果を生んだというわけで、エスパルスらしい勝ち方と言って良いんじゃないかなと思います。
欲を言えば、後半にもう1点をとってくれたらなぁってところですか。

これで、リーグ戦の成績は4勝3分5敗の13位。
次節も勝って、ようやく五分というわけで、なんとか中断前に五分にまでもっていってもらいたいですな。

次は、東京ヴェルディとのアウェイ戦。着実に勝ち点3をとりにいってもらわなくちゃならないですけども、油断せず行こうとな。

ではでは。

今日の1曲、
真池龍「What's 真池龍?」。

こいつも唄っちゃってきました。
実にバカバカしい。
「マッスルボディは傷つかない」を観てない人には、さっぱりなんのことやらわかんない曲でしょうな。

ソフトバンク、4月も純増トップで12ヶ月連続
5/11(日)でございます。

昨日は、雨のせいでしょうか、肌寒い一日でしたなぁ。連休中は、初夏だなんて言っておりましたが、一変しましたね。

実は、先週ちょっぴり嬉しいことがありましたよ。K-MIXのプレゼントが当選いたしまして、宇多田ヒカルのクーラートートバッグ(非売品)が届きました。応募したのも忘れちゃってましたけども、そのくらいの方が当たったりするんですよねぇ。

さて、5/9にはTCAから発表がありました。

ソフトバンクさん、めでたく4月も純増トップとなりましたねぇ、これで12ヶ月連続となりましたよぉ。

ちなみに、各キャリアの純増数は、以下の通り、

NTTドコモ 9万6,000、
au 11万5,400、
ソフトバンクモバイル 19万2,900、
イー・モバイル 9万2,400、

引き続き、春商戦は好調だったというわけですな。
なお、ツーカーの終了にともないまして、23万4,100のマイナスになり、KDDIとしては11万8,700の純減になったわけですが、折り込み済みの結果ですのでね、今後に影響することはないでしょう。

そんな好調ソフトバンクさん、三月期決算でも売上高、営業利益、経常利益が創業以来最大を更新したとのこと。

さらに、中国China Mobile、英国Vodafoneと設立したケータイ向けプラットフォーム開発のための合弁会社「ジョイント・イノベーション・ラボ」の説明では、「ソフトバンクは従来型の日本における三番手のケータイキャリアになろうという気はさらさらない。最初からアジアでナンバーワンのインターネットカンパニーであり、世界一のモバイルインターネットカンパニーを目指す」と。

相変わらず、かなり鼻息が荒い孫社長ですけども、言葉通りになるならば、頼もしいかぎりですやね。

新サービスとして、個人向けの「ホワイトコール24」と法人向けの「ホワイトライン24」を開始すると発表しました。

「ホワイトコール24」は、ソフトバンクケータイとBBフォン間の国内通話を24時間無料にする割引サービスで、月額料無料。6/3から申込み受付開始となります。

一部で試験的に導入されていると聞いてましたけども、ついに本格的にサービスインですな。

「ホワイトライン24」は、ソフトバンクテレコムの固定電話サービス「おとくライン」とソフトバンクケータイの「ホワイトプラン」へ月額料金を追加することで事業所の固定電話とソフトバンク携帯間の通話を定額にする法人向けのサービスで、同じく6/3から開始。

タッチミー的には、「ホワイトコール24」っていうか、Yahoo!BBですよね、検討の余地はありますな。

ではでは。

今日の1曲、
柳田久美子「LOVE」。

クーミン、鍋を買ったそうな、「南部鉄器」ですってよ。かなり重いんだとか。
どんな料理をされるのでしょうな。

iMacアップデート×3G版iPhone×iPod課金
5/8(木)でございますよ。

いやぁ、今日も忙しかったですな。明日も、さらに忙しい日になりそうで、ちとげんなり。

さて、久方ぶりに、Apple関連の話題を3本。

まずは、去る4/28にアップデートされたiMacです。

何よりも価格が非常に魅力的。

20インチ2.4 GHz iMac:139,800円

20インチ2.66 GHz iMac:169,800円

24インチ2.8 GHz iMac:199,800円

最上位機種ですら、タッチミーのiMacよりも3万円くらい安いんじゃないかと。

ボーナス出るならなぁ、買いたいよねぇ。
メモリを増設して、まだまだ現役として活躍してもらうつもりだったiMacくんなんですけども、ここまでお手頃価格で出されちゃうと、正直悩みますね。OSXのバージョンアップだってまだ出来てないわけだし、喉からら手が出そうな勢いでございますな。

続きまして、おそらく3G対応になるのではないかと思われる次世代iPhone。そろそろ出るんじゃないかなという気配がしております。その時には、いよいよ日本でも販売されるでしょうが、はたして、どのキャリアから出るのか、気になるところであります。
そんな中、英vodafoneが、オーストリアやチェコなど10ヵ国でiPhoneの販売をすることになったそうな。
ドコモさんとの綱引きにソフトバンクさんが勝てると良いんですけどねぇ。
タッチミーの予想はディズニーモバイルのAppleバージョンに近い形で来るんじゃないかなと思ってますけども、いずれにしても、3G版iPhoneの登場が先ですやね。

最後に、文化庁がiPodやHDDレコーダーからも録音録画補償金をとるよう提案したのだとか。一方でDRMによるコピーコントロールを進めれば補償金が不要になるので、補償金制度は縮小する方向とも言っておりまして、一貫性を欠いた主張だと感じるのは、タッチミーだけじゃないはず。やはり、根本的な問題として、守られるべき著作権は誰のためのものなのかということが、不鮮明なまま、課金対象を安易に拡大するのは、賛成できないですよね。
まったく困ったもんです。

ではでは。

今日の1曲、
福原美穂「CHANGE」。

今日、PVを拝見しました。
聴けば聴くほどアジの出る歌ですな。
7月には、早くも次のシングル「ひまわり」がリリースされるとのこと。
バラードらしいっすよ。

ゆずニューアルバム「WONDERFUL WORLD」全曲紹介その5
5/7(水)、連休明けということで、今日が何曜日なのかも、分からなくなりそうでげす。

さて、ゆずのニューアルバム「WONDERFUL WORLD」全曲紹介、第5回目ですよぉ。

今回は、「春風」と「明日天気になぁれ」の2曲。

どちらの曲も、シングルとして発表されてるお馴染みのナンバーですね。

「春風」は、路上時代から唄ってきたナンバーで、初CD化されたシングルですな。しかも、葉加瀬太郎さんとのコラボでもって新たな息吹を込めた曲に生まれ変わったということで、これまでのゆずと、これからのゆずをつなぐ作品になったんじゃないでしょうかね。
唄ってて気持ちの良い曲でもありますよ。

そして、「明日天気になぁれ」。
こちらは、映画「しゃべれども しゃべれども」のテーマソング。
ほのぼのとしたイントロから始まる、なんとなく下町とか似合いそうな曲ですよね。
ただ、この曲は、サビのキーが高くて、まだちゃんと唄えたことがありませんよ。

いやぁ、ゆずのアルバムは、ホントに捨て曲がないですよね。

今は愛媛でライブ真っ最中というわけですな。さぞや盛り上がっておることでしょう。羨ましい。

ではでは。

あっ、そうそう、洋さん、ドラマ「おせん」にゲスト出演するそうな、観てないドラマなんですが、どうすべか。来週には、どうでしょうDVDも、いよいよ受取開始ですもんね。その翌週には、もう映画「アフタースクール」の公開も予定されてますよね。相変わらず忙しい5月になりそうです、洋さん。

連休も終わるねぇ。
5/6(火)でございます。

タッチミーも、珍しく三連休だったわけですが、もう終わりですな。
このお休み中、出かけることもなく、スカパーで録りだめしてあった映画をね、何本か観とりましたよ。
「ハチミツとクローバー」、「午後の遺言状」、「ロッカーズ」、「シムソンズ」、「時をかける少女(アニメ版)」なんてところを観ちょりましたな。

この内、「シムソンズ」は、すでに観たことがある作品で、もともと、洋さんが出るってことで洋チェックだったわけすが、意外と良い作品なわけ。

「ハチクロ」はね、話題にはなっておりましたが、そんなに期待しないで観たのが良かったのか、こちらも意外と秀作。
なんで、こんなにもせつない想いをしちゃうんでしょうかねぇ、恋ってのは。

「ロッカーズ」は、陣内孝則、初監督作品ですな。
非常に疾走感のある作品でね、陣内さんらしいって思いましたね。キャスティングも、今となっては、超豪華キャスト。みんなが映画の中で、楽しんでるのが良いですやね。
後、KYON2も出てたんですね、知らんかったですばい。

「午後の遺言状」はね、乙羽信子さんの遺作になっちゃった作品でしたので気にしてたんですけど、やっと観られましたね。気づけば、もう13年も前の作品になっちゃってました。なんかね、人が生きていくってこと、とくに歳を重ねた後に、どう生きていくのかってことを、考えさせる作品で、現実的に考えると、無性に悲しくなっちゃいますね。

「時をかける少女(アニメ版)」、これもね、話題になってましたが、いわゆる実写版や原作とは、別次元の素晴らしい作品でね、完全にKOされましたよ。泣けちゃっていかんわけ。

てな感じですか。

ちなみに、本日は、鈴井さんのお誕生日だそうで、まだまだ現役、第一線で身体を張って頑張ってらっしゃるミスターに、感謝しつつ、そろそろ映画のお話が聞きたいかなというところですな。

スカパーじゃ、来月からまた、「ドラバラ」オンエア再開するみたいなんでね、こちらも楽しみだす。

ではでは。

今日の1曲、
Mr.Children「NOT FOUND」。


ゆずニューアルバム「WONDERFUL WORLD」全曲紹介その4
5/3(土)でございます。
今日から、四連休だって人が多いかと思いますが、タッチミーは、本日まで仕事してまいりましたよぉ。えらく疲れちゃいましたねぇ。明日から、ちょっくり骨休めするつもりですばい。

さて、ゆずのニューアルバム「WONDERFUL WORLD」全曲紹介も4回目となります。
今回は、「凸凹」と「人間狂詩曲」の2曲。

まずは、「凸凹」。

「あなたの凹と私の凸が/重なり合ったなら/世界は回り始める/そんな風にしながらきっと誰もが/かけがえのない人に出会うのさ/凸凹の僕ら(作詞 北川悠仁」)

「不完全な僕ら」が、互いに補い合いながら生きているってわけやね。軽快な打ち込み系のサウンドに乗っけてきましたねぇ。
おかげで、ライブでも盛り上がれそうな感じですよぉ。
己を知り、相手を知ることが大事だって思うわけです。

また、凸凹って表現がかわいいんですよね。
上手いこと言ったなって思います。

続きまして、「人間狂詩曲」ですよ。
「人間ラプソディ」、こちらは、岩沢くんの描く人生模様でございますな。
ホントにね、「なんだ、ついてねぇな」ってなセリフをね、タッチミーもよく言いますわ。
誰もが歎きながら、ぼやきながら、それでも、「今日の生きる意味を探して」生きてるとな。
こうやって唄いとばすことで、なんだか気持ちが楽になるような、そんな気にさせてくれます。

ではでは。

「くまのパディントン」は面白いね!
5/1(木)でございます。

いやぁ、5月ですよ。
タッチミー、スカパーでチェックしております番組のラインナップを若干、見直しましてね、終わっちゃった番組なんかもあったり、前に観てたのがまた始まったりで、スカパーDVRに設定してるキーワードを整理したわけなんですけども、久々に「ヒカルの碁」なんかも観ちゃってますよ。

で、その中で、今回、新たに観はじめた番組が、「くまのパディントン」なんですよね。
実は、タッチミーが「くまのパディントン」に初めて出会ったのは、おそらく、小学生だったのじゃなかろうかと思います。その時は、児童書なんですけどね。
その後、社会人になってからも、再びハマリましてね、家に一冊持ってるんですよ。

これがアニメーションで再現されてるってんで、観はじめたんですが、やっぱし面白いですなぁ。原作の雰囲気がうまく出てて、クスッと笑えるんですよね。これはね、癒されますですよ。
くまのキャラクターと言いますと、プーさんが有名ですやね。まあ、プーさんも良いでしょうよ、ただ、パディントンを観てほしいわけ、間違いなく大人も愉しめるお話になってると思いますよ。

いやいやスカパーに感謝ですばい。

ではでは。

今日の1曲、
Dream「Get Over」。

「ヒカルの碁」のオープニングテーマですな、懐かしいですなぁ。
今はDRMって名前でやってるんですよね、再び、メジャーシーンに登場して来ることはあるんでしょうかね。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。