タッチミーの思いつき日記
タッチミーの気になったことなど、ぼちぼちと書いております。


twitter

@touchmee



@touchmee_music



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

タッチミー

Author:タッチミー
FC2ブログへようこそ!



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「テレビの、これから」
3/31(火)、
火曜日お休み、
タッチミーでございます。

去る3/21に天下のNHKさんいおきまして、
オンエアされました番組「日本の、これから」。
その日のテーマが「テレビの、これから」ということで、
民放各局のゲストや視聴者も参加した生放送の討論番組。

この番組に、
あの藤村忠寿くんも出演とのことで、
まあ、一応チェックいたしました。
ホントはね、
もうちょっと早く感想をアップしたかったわけなんですよ。
それが、もうこんなに遅くなっちゃったわけなんですが、
と言いますのも、
「日本の、これから」という番組そのものというよりも、
「テレビの、これから」というテーマそのものが、
今まさに、マスメディアが直面している問題。
テレビに限らず、
ラジオや雑誌、新聞も含めて、
そのビジネスモデル自体が破綻しつつあり、
新たなビジネスモデルの構築が不可避だと思うわけ。

そういう中で、
テレビにかかわる人々がああいう形で公開の討論を行うことは、
非常に意味のあることだと思います。
ただ、
さすがに、あの時間で、議論し尽くすというわけにもいかず、
やや不完全燃焼な番組とならざるをえなかったのも事実。
同時に、
片付けるべき問題も浮き彫りになったんじゃないかなと。

ひとつは、
それぞれの立場によって、
意見が交わることはないだろうなということ。

もうひとつは、
テレビがどうなるかということも含めて、
すべてはコンテンツ次第なんだという事。

つまり、
コンテンツを作る制作者、
コンテンツを享受する視聴者、
コンテンツを送信する放送局、
この三者の間には、
現在のビジネスモデルにおいては、
非常に大きな立場の違いによる利害の対立が生じているということ。

例えば、
視聴者は、
自らが楽しめるコンテンツを少しでも安く享受したいと。
しかも、その要求は多様化していて、
今となっては、万人が楽しめるコンテンツというのは、
ほとんど有り得ないと思うわけですよ。

制作者側としては、
視聴者の要望にも応えたいかも分かりませんが、
自分たちの作りたい物を作りたいはずなんですよ。
でも、それが許されている人はホンの一握りでしょう。

放送局が、
視聴率偏重になっている現状も、
スポンサーに金を出してもらって番組制作費を捻出し、
スポンサーの基準が視聴率である以上、
やむを得ないものがあるわけで、
どんなに評判がいい番組であっても、
数字が悪ければ打ち切りになるわけですよ。

これに、
インターネットの普及というのが、
ますます、新たなビジネスモデルの展開を要求してくると。

タッチミーなんかは、
正直、
アナログ放送が停波したら、
地デジは別に観なくても良いかなというくらいの位置づけで、
今以上に、スカパー中心のテレビライフになると思います。
つまり、
多少お金を払ってでも、
観たいコンテンツだけを楽しむ。
さらに、
スカパーDVRでもって、
放送スケジュールに縛られることもない。
そんな感じですね。

そういう意味で、
昨日、スカパーHDへの移行を紹介するパンフが届いていたんですが、
現状では、移行する意味が全くないということで、
HD対応のスカパーDVRが出来上がってから出直して来なって感じ。

若干、話はそれましたが、
この問題は、
テレビだけの問題じゃなくって、
ラジオや、あるいは、音楽業界にもいえることでして、
あらためて、現行のビジネスモデルを問い直すことが求められてますよね。

おりからの不況でもって、
より問題が鮮明になっている現在だからこそ、
いろんな模索やチャレンジが必要だという事になるんじゃないでしょうかね。

そうそう、
その昨日のパンフで一番気になったのは実は、
スカパーHDじゃなくて、
マルチ衛星アンテナですね。
これだったら、今すぐ欲しいと思いましたね。
あれだ、例の定額給付金もらったら買おうかな。

ではでは。


今日の1曲、
ASKA「あなたが泣くことはない」。

スポンサーサイト

静岡あさひテレビさん、今週末より「おにぎりあたためますか」放送開始
3/30(月)、
月曜日の週末、
タッチミーでございますよ。

先週末、
静岡あさひテレビで放送されておりました「ドラバラ鈴井の巣」。
ついに、最終回を迎えました。
で、
週末の楽しみが減ってしまうなやと、
思っておりましたところ、
なんと、
「おにぎりあたためますか」オンエア決定でございますよ。
4/3(金)より、
毎週金曜、深夜1:15~1:45放送

こりゃめでたい。

ま、「おにぎり」はスカパーでも観ておるわけですが、
地上波でのオンエアで、
「おにぎり」ファンが増えてくれたら嬉しいですものね。

さらに、
BS朝日さんでは、
「水曜どうでしょうクラシック」が、
4/6(月)より、
毎週月曜、夜11:00オンエア決定。

ということでね、
スカパーはどうしたと思っとりましたところ、
やはり、やってくれます。
5/3(日)「水曜どうでしょう」スタートSPとして、
#1~10まで一挙放送。

レギュラー放送は、
5/8(金)スタート、
毎週月曜、夜11:30~11:55

ついに、CS初登場ですよ。
素晴らしい。

おそらく4月は、DVD第11弾を堪能することとなりますでしょうからね。

そうそう、
チャンネルNECOさんの「直CUE!勝負」もありましたな。
すでにオンエア済みの第5回、道央編ですけども、
今回の鈴井さんのお相手は、
安田顕&小橋亜樹。
いきなりのロープウエイ運行停止で、
山頂へ行けずに、麓の森を探索したわけなんですが、
かえって、良い体験ができたという感じでしたね。
第6回が、4/9(木)23:00初回放送ってことで、
非常に続きが楽しみです。

なわけで、
ずいぶんとオフィスCUE関連の番組が充実してきましたよね。

ではでは。

今日の1曲、
マキシマムザホルモン「恋のスウィート糞メリケン」。

タッチミーがpodcastで聴いております、
「肉に撃たれて眠りたい」。
二週にわたり、
FM大阪を卒業するDJアイクルさんがゲストで、
卒業スペシャルだったんですが、
アイクルさんが初めて、
ホルモンのライブを体験した帰りに、
この「恋のスウィート糞メリケン」を口ずさんでいた、
そんなエピソードを話してたんですよ。
したら、
またしてもうちのiPod nanoが奇跡のシャッフルをみせました。
番組の再生が終わって、
続けて「恋のスウィート糞メリケン」を再生して来たんですよ。
朝からびっくりいたしました。
ちょっと怖いくらいの選曲でしたね。


2009ナビスコ予選第2節 京都サンガ戦
3/29(日)でございます。
本日は、
静岡市議選の投票日でございました。
静岡市民の方は投票は済ませましたでしょうかね。
投票は午後8時まで受付けてるかと思いますので、
あなたの一票を無駄になさいませんよう、
お気をつけ下さいましね。


さて、開幕より三週間が経ちました2009Jリーグ、
わがエスパルスは、
1敗2分けと出足をつまずいちゃいましたけども、
今日は、
リーグ戦はお休みしまして、
ナビスコカップの予選でございます。
ちなみに、第2節ではありますが、
第1節試合のなかったエスパルスにとっては、
初戦となりました。

昨シーズンも、
ナビスコでの好調が、
リーグ戦後半での躍進につながったわけで、
この試合が、リーグ戦快進撃のキッカケになれば良いなと。

エスパルスの公式HPでのテキスト速報が、
今シーズンから、
リアルタイムはケータイサイトのみになったようでして、
PCからは、試合終了を待たないとチェックできませんでね、
リアルタイムでは、
得点情報しか入ってきませんで、
非常にやきもきしながら過ごしておりました。

しかし、
純平と枝村のゴールで、
2-0の勝利とのこと。
嬉しい、今季初勝利となりました。

藤本淳吾もついにスタメンで登場しましたね。

リーグ戦では、
中盤でのイージーミスが目立っていたのですが、
そのあたりがどうだったのか気になりますし、
未だヨンセンが不発というのもね、心配。
とはいえ、
この勝利で、
選手の志気も上がると思いますのでね、
きっとリーグ戦での初勝利も近いはず。

次は、
リーグ戦に戻りまして、
4/5(日)にヴィッセル神戸とのアウェイ戦です。
もうそろそろヨンセンがゴールを決めてくれないといかんでしょう。
期待しております。

そんなわけで、
ナビスコでの勝利が、
リーグ戦への良い刺激になりますよう願っております。

ではでは。


今日の1曲、
スロウ・ボート「星に願いを」。

今日はね、
うちのiTunesライブラリーの中では、
わりと再生回数は多いものの、
ちょっとご無沙汰気味だった曲をiTunesDJに追加して再生しております。
活動期間は短かったですが、
スロウ・ボートも良い曲残してくれてますよね。


CHAGE「Many Happy Returns」
3/24(火)となりました。
なんだか、最近、
外食が多くなっちゃって良くないなぁでお馴染みの、
タッチミーでございます。

さて、明日が発売日のCHGEちゃんのニューアルバム、
「Many Happy Returns」。

本日フラゲいたしました。

CHAGEちゃん、初のカバーアルバムですねぇ~
で、
まずは、収録曲のご紹介から、
以下の全14曲収録でございます。


1. Many Happy Returns with ザ・ブーメランズ
2. 飾りじゃないのよ涙は with 松浦亜弥、佐田大陸
3. 遠くで汽笛を聞きながら with 谷村新司
4. 嘘 with 手嶌葵
5. 今夜だけきっと with 根本要(Stardust Revue)
6. 夢のほとり
7. 僕はどうかな with 夏川りみ
8. トウキョータワー with スガシカオ
9. レノンのミスキャスト with キマグレン
10. Hello Goodbye with 村上啓介(MULTI MAX)
11. 告白 with 加藤いづみ
12. 他愛もない僕の唄だけど
13. 終章(エピローグ) with 服部隆之
14. ふたりの愛ランド2009 with 石川優子


注目なのは、
やはり豪華なゲストアーティストの数々でしょうな。
初回盤に付属のDVDでは、
これらのアーティストとのコラボに関するインタビューなども含まれておりまして、
こちらも楽しいですよ。
このDVDには、
他にジャケット撮影やレコーディング風景なども収められております。

タッチミー的に一番の注目は、
石川優子さんとの25年ぶりのコラボですやね。
よくぞ実現してくれました。

アルバム全体のコンセプトも、
最小限の編成でシンプルなアレンジになっておりまして、
前作のアルバム「アイシテル」ともまた違った魅力を出してくれてます。

やっぱりね、
CHAGEちゃんの「声」がね、
良いわけ。
どの作品もCHAGEちゃんの「声」で、
新たな魅力を持って生まれ変わっております。

最近、カバー作品がやけに多くて、
辟易していたところもあったわけですが、
優れた作品を後世に残していくこともまた大事。
そういう視点も有りかなって思えてきました。

もちろん、単なるカバー作品にとどまらない、
確かなクオリティーあってのことですけどもね。

なるべくたくさんの人に聴いてもらいたいアルバムですな。

ではでは。


今日の1曲、
CHAGE「Hello Goodbye with 村上啓介(MULTI MAX)」。

いやぁ~啓介さん懐かしいですなぁ。
MULTIMAXも好きだったんですけどね。
この二人のコラボも嬉しい限りでやす。

映画試写会「釣りキチ三平」
3/22(日)となりました。
「藤村から1日」。
なかなか興味深い番組でしたな。
ま、この話は、また今度ということで、
先週の木曜ですか、
久しぶりに映画の試写会へ行ってまいりました。
遅くなりましたが、
その感想をば。

すでに、3/20(金)から公開も始まりました、
映画「釣りキチ三平」です。

「釣りキチ三平」と言えば、
タッチミーも子どもの頃より漫画を読んでおりましたので、
どうしたって、矢口さんの原作が頭に浮かんじゃうわけでして、
始めのうちは、
どの登場人物も、
原作のキャラクターとの違いを気にしちゃってましたね。

ただ、
ストーリー自体も、
原作をベースにしつつも、
オリジナルのストーリーでしたのでね、
すべてのキャラが映画のものなんだと割り切ることができました。

特に、
香椎由宇さんの演じる、
映画のオリジナルキャラの三平愛子の登場で、
映画の世界観に入ることができました。

残念ながら、
彼女の演技には、やや不満は残りましたが、
愛子の存在が、
原作の持ってる「古さ」と「現代」のギャップを象徴してまして、
かなり重要な登場人物でしたね。
ある意味、ストーリー上の中心でしたからね。

で、唯一、香椎由宇さんがナイスキャスティングと思えたのが、
「夜鳴谷(よなきだに)の巨大魚」に三平、一平、魚紳が挑んでるときですよ。
聴いていたiPod touchだかiPhoneのイヤホンをはずして、
自然に身を委ねていく感じのシーンですやね。
あのシーンは確実にキレイに撮ってくれてありがとうという感じがしました。

そもそも、
釣り自体が、今となっては、
子どもの趣味じゃなくて、
大人の趣味になっちゃってますからね。
そういう意味でもこの映画のターゲットは難しいかなという気がします。

その点では、
釣りファンの心をつかもうというのであれば、
もうちょっとディテールにこだわってもらいたかったなと思います。
例えば、
「夜鳴谷(よなきだに)の巨大魚」と三平たちがファイトしてるシーンなんですが、
テグスを素手でたぐり寄せたりとか、
釣り竿をお腹に当ててましたけど、
たぶん、かなり危険な行為じゃないのかと思います。
なんでね、
そういう細かいところを気にしない前提じゃないとおススメはできませんね。

ストーリー自体は、
行方不明の父、平との思い出と、
釣りに対する思い、
家族のわだかまり、
幸せに生きるということなんてところを、
うまいこと織り込んでおりまして、
意外と好みの展開でしたね。

三平役の須賀健太くんも、
オリジナルとはまた違ったキャラを元気に演じてくれてます。
オリジナルの三平は、もっと大人びたところもある子どもなんですが、
映画では、単純に釣りが好きな明るい子になってました。
観ているこっちも元気になれるキャラだったんじゃないでしょうかね。

そういう意味じゃ、
その他のキャラもオリジナルよりも若干ライトな性格になってまして、
そのことが、作品全体の雰囲気も明るく仕上げてくれてたんじゃないかなと思います。
それが、現代人の代表としての仏頂面の愛子と対比になってまして、
愛子の心が解かれることで、明るく変わっていく様とあわせまして、
この映画のキモと言っても良いでしょうね。
こういう映画化も有りですね。
何もオリジナルに忠実なばかりが良いってことじゃないってことですね。

最後に、
どうしても言っておかなくちゃならないのがCG。
確かに美しい仕上げのCGが使われてるんですが、
まだ、実写との組み合わせが不自然な感じが否めません。
これはね、邦画全般に言えることなんで、
なんとかして、もうちょっと実写とうまいこと融合させて欲しいなと。

ちなみに、
今回の試写会は司会が菰田さんでした。
いきなりマイクの音が入ってなくてね、
困った顔の菰田さんがかわいらしかったですな。
完全に余談ですね。

ではでは。


今日の1曲、
たむらぱん「ちゃりんこ」。

いやぁ~たむらぱん、あいかわらず良いですな。
このポップ感と歌詞のせつなさがね、
なんとも言えません。
今度の火曜でしたかね、
3/24のキャラポケにゲスト出演の予定だそうで、
楽しみですな。

昨日と今日でCD4枚GET!!
3/18(水)でございます。
時代は、今、藤村。
ということで、
藤村まであと3日。

本日はあの「大漁豊漁ぼやき船」発売日。
めでたく、今日、GETできましたよ。
まあ、あれですよ。
普通に演歌っぽい曲に仕上がってますわ。
予想通り、船泉先生歌唱バージョンの方が良いですやね。

でね、
今日は、Jake stone garageのニューミニアルバム「Boost the Edge」。
こちらも届きましてね。
先ほど聴いてみましたですばい。
発売日は、先週だったんですが、
月曜にCUE FAN MOBILEで注文したわけ。
したら、もう届いちゃって嬉しいかぎり。
やっぱり、Jakeはカッコいいね。
このアルバムもヘビロテしていきます。

昨日は昨日で、
タイフーンミニスターズの旧譜シングル2枚もGETしておりまして、
着々とタイフーンコレクションも充実しておりますよ。
あとはあれだね、
シングルの「ラジカセハートソング」も欲しいですな。
カップリングの「スイッチバックラプソディ」が良いんですよね。
アルバムに入れてくれたら良かったのにね。
ま、両方買ってくれってことなんでしょうな。

そんなわけで、
今週は、CDを続々と手に入れておりますよ。

ではでは。


今日の1曲、
Jake stone garage「walk」。

「何度間違っても/悲しみに暮れても/
走ることをやめても/人は歩いてゆける」
(作詞 ワタナベサトシ)


「なまら宮崎」愛されてるなぁ~
3/17(火)でございます。

昨日のCUEダイアリーをチェックいたしまして、
「なまら宮崎」しております。

Thank CUEの会報誌では発表済みだったらしいのですが、
宮崎奈緒美さん、CUEを3月いっぱいで卒業なんですと。
いやぁ~寂しいなぁ~と。
で、なんと沖縄料理のお店をやるっていうか始めちゃったんだとか。
このあたりの行動力の速さには、まさに「なまら宮崎」ですな。

ちなみに、「なまら宮崎」とは、
「とても驚く」(byアキンコ)。

その後に続く、CUEタレントのみなさんからのコメントがね、
「愛されてるな~宮崎たん」と感じます。

これまでも末娘的なポジションも相まって、
愛されキャラだったのは間違いないんですが、
あらためて、彼女のキャラに納得させられます。

お店の名前が「てぃんく☆てぃんく」と、
これまた宮崎たんらしいなって思いますね。

絶対、オクラより先にブレイクするって思ってたのにな。
残念ですが、お店頑張ってもらいたいですね。

でね、
昨日は、もうひとつ「なまら宮崎」なニュースがありまして、
嬉しーの日記を読んでましたら、
3/21(土)に、あの藤村くんがNHKの生番組出るんだとか。
いやいやいやいやいやいや、
これは「なまら宮崎」でしょう。
どうも調べて観ましたところ、
「日本の、これから」って言う番組じゃないかと思われます。
テーマが「テレビの、これから」、
今のテレビの問題やどうあるべきかってお話ということで、
まさに、最近の藤村くんの問題意識にあってますものね。
あんまりないと思うんですけど、
NHKに民放のしかもローカル曲のディレクターが出演するなんてね。
さらに、「なまら宮崎」なのが、
嬉しーの、この番組へのカウントダウン。

「藤村まであと5日!」

って、おいおい。
「藤村まで」って。

今日は明けて「藤村まであと4日!」ってことですな。

世の中、「なまら宮崎」な事が多いね。

ではでは。


今日の1曲、
タイフーンミニスターズ「ラバースコンバース」。

アルバム「WORLD STANDARD」の3曲目。
こちらもpodcastでお馴染みになってます曲ですな。
今回のアルバムは、
ポップな曲はあくまでも攻撃的な感じになってます。
Sーマサコ全開なのかな。

iPod shuffle 3G×iTunes8.1×iPhone OS3.0
3/14(土)でございます。
本日も、
お久しぶりの更新で、
Appleネタ三本立てということでいこうと思います。

Appleさん、
3/3にデスクトップのラインナップを一新したばかりなわけですが、
今度は、
3/11にiPod shuffleを刷新してきました。

新しいiPod shuffleは、容量が4GBにアップし、
サイズが従来の半分近くになり、
操作系のボタンもないデザインになりました。
さらに、VoiceOver機能により、
曲のタイトル、
アーティスト名、
プレイリストを読み上げることができまして、
なんと日本語、英語、チェコ語、オランダ語、フランス語、
ドイツ語、ギリシャ語、イタリア語、中国語(北京語)、
ポーランド語、ポルトガル語、スペイン語、
スウェーデン語、トルコ語の14カ国語を話すんだとさ。
さらに、複数のプレイスリストにも対応。

価格も8,800円ということで、
手を出しやすいんじゃないでしょうかね。

このVoiceOver機能、
まだまだ日本語の読み上げは、
スムーズとは言いがたいようなんですが、
今後の進化に期待したいところです。
日本語のテキスト読み上げ機能の向上は、
期待される技術だと思いますし、
なにしろ、表示ディスプレイを持たないiPod shuffleにとっては、
今聴いている曲の情報を知りたくなったときに、
知ることができるようになるというのは、
素晴らしいと思います。

タッチミーも近いうちに手に入れたいですね。


続きまして、
iTunesも8.1にバージョンアップ。
新しいiPod shuffleに対応するとともに、
大きなライブラリの読み込みからiTunes Storeのブラウズ、
デバイスのシンクまで、
スピードアップをはかってます。
さらに、
CDの曲をiTunes Plusの音質で読み込むことが可能になりました。
あと、そんなに大きくアナウンスされてないみたいなんですが、
これまでのパーティシャッフル機能が、
iTunes DJ機能に進化しました。
これまでは、
単なるプレイリストのシャッフルだったのですが、
曲順の組み替えや削除、追加が自在にできるようになったようです。
まさにDJプレイな雰囲気でしょうかね。




最後に、
3/17にiPhoneOSが3.0にバージョンアップされると告知。
わざわざ発表会もやる様子なので、
大幅な機能アップが期待されますね。
はたしてどんな内容になりますでしょうか。
てっきり、
夏頃に次世代を出すとばかり思っておりましたので、
ここで、OSのバージョンアップをしてくるとは思いませんでしたね。
毎週のように、
Appleさんから新しい発表がありますな。
喜ばしいことです。
いよいよ、タッチミーもiPhoneに手が届きますかどうか。
なんとかキャンペーン中に手に入れたいところなんですけどね。


ではでは。


今日の1曲、
タイフーン・ミニスターズ「暴力的恋愛」。

ついに出ましたタイフーンのニューアルバム「WORLD STANDARD」。
やっと手にいれて聴けましたよ。
アルバム6曲目でやんす。
podcastでも聴いていた耳馴染みな曲なんですが、
いきなりスゴい歌詞から始まってます。

奪って 傷つけて 蹴飛ばして すべて寄こせ!/
泣かせて 笑わせて 死ぬまで暴力的恋愛
(作詞 平野雅子)

なかなかでしょ。
ということで、来週は、K-MIXにもリクエストしとかなきゃな。

またね、FMトランスミッターを買っちゃいましたよ
3/9(月)、
月曜日の週末、
タッチミーでございます。

ついこの間、
「 LAT-FM050SV」という車載用のFMトランスミッターを購入しまして、
便利に使っておりました。

で、
FMトランスミッターの便利さに触れまして、
またしても、
買っちゃいました、
新しいFMトランスミッター。

今回は、
「GH-FTC-IPODMK」というiPod専用の小型FMトランスミッター。

こちらは、
DockコネクターのあるiPodしか使えないんですが、
逆に言うと、
現在販売中のiPodファミリーでは、
iPod shuffle以外なら、
ほとんどすべてのiPodで利用可能です。
iPhoneも使えるみたいです。

とにかく小型軽量で、
iPodからの電力供給で動作するため、
カーステレオだけじゃなくて、
家庭のFMラジオでも利用できるわけ。
さらに、2,980円というお手頃価格。
これだけでも、
魅力的なわけなんですが、
その上に、
付属のカーシガレット充電アダプタで、
iPodの充電をすることもできちゃうわけ。
こりゃ良いですね。

「 LAT-FM050SV」の方は、
iPodに限らず、
様々な音楽プレイヤーも利用できるというメリットはありますが、
車載専用ということもありまして、
使い勝手は、今度の「GH-FTC-IPODMK」の方が良いですやね。

後ね、
「 LAT-FM050SV」はね、
車によっては、なかなか接触がうまくない場合があって、
この点も解消されたのは、嬉しいかぎり。

「GH-FTC-IPODMK」での不満点は、
iPodの再生を途中で止めたときに、
電波が止まっちゃうんですが、
あらためて再生を始めたら、
電波の送信を再開してくれないんですよね。
そこがひと手間余分かなと思います。

そんなわけで、
今後は、この二つを使い分けていこうかなと思っとります。

ではでは。


今日の1曲、
世良公則「Tokyo 指紅」。

久々に聴きました。
iTunes StoreでGETしましたが、
発売当時には、
ラジオのオンエアチェックで聴いていたのを思い出します。


ドラマ「逃亡者」×Safari4×Jリーグ開幕
3/8(日)となりました。

ようやくまともな展開になるかと思われた先週、
まさかのスクランブルで、午後の配達になっちゃいまして、
またしても、ブログ更新できずの毎日になちゃいました。

ということで、
今回も三本立てでいこうかと思います。

まずは、懐かしのドラマ。
2004年のTBSドラマ「逃亡者 RUNAWAY」。
最近、
スカパーでオンエアされましてね、
観ちゃったわけ。
いやいや意外といってはなんなんですが、
面白かったですねぇ~
もうね、
最初から最後まで、
全員が怪しいわけですよ。
テーマ的にもなかなか深くてですね、
良いドラマ作ってたじゃないのって思いましたね。
で、今調べてみたんですが、
この年のこのクールは、
ドラマいっさい観てなかったみたいなんですよね。
確かに、最近、本数を減らしてはきてますが、
だいたい1クール、1~2本は観てきたつもりだったので、
なぜ観なかったのか、はなはだ疑問です。
キャスティング的にも、
江口洋介、阿部寛、水野美紀、
黒川智花、長澤まさみ、
なんていうところが並んでおりまして、
タッチミー的には、観たいラインナップだったはず。
実際、今回、スカパーでのオンエアをチェックしたのも、
配役が気になったからですものね。
いずれにしても、今回、観られて良かったです。


続きまして、
Appleが去る2/24に最新のブラウザソフトSafari 4のバブリックβ版を発表しました。
タッチミーもさっそくダウンロードして、
ここまで使っておりますが、
パブリックβ版のわりには、
落ちることもなく、非常に快適に使えております。
正式版ではないので、
メニューまわりが英語なんですが、
その他の表示は、日本語も問題なく表示されます。
うたい文句の「世界最速」っていうのも、
あながちハッタリでもないかもと思えるくらいに、
体感速度はアップしてます。
っていうか、
表示の仕方が変わったのかなという感じで、
今までは、だんだんに接続しながら表示していましたが、
接続して、パッと表示する感じなんですよね。
接続するまでの時間に手間取るのは、
回線の速度が充分なら、気にならなくなるのかなと。

その他の新機能「Top Sites」や「Full History Search」なんかも、
なかなか楽しい見せ方で、便利だと思います。

タブの位置が変わったので、
最初は、違和感がありましたが、
これはもう慣れちゃいましたね。

3/3には、
Appleはデスクトップ製品のラインナップを刷新しまして、
iMac、Mac mini、Mac Proのアップデートと価格の改定が行われました。
現在の為替レートからいうと、
もうちょっと値下げしてくれたら嬉しかったなという気もしますが、
まあ、仕方ないかなと。
確実に物欲を刺激してきます。


最後に、
いよいよ、昨日、
今シーズンのJリーグ開幕しました。
エスパルスは本日13:00キックオフで、
大宮とのアウェイ戦でございました。
お馴染みスカパーでの観戦でございました。
注目のスタメンは、
FWが岡崎、ヨンセン、
MFが山本真希、枝村、伊東、兵働、
DFが市川、青山、岩下、児玉、
GKが西部と。

期待通りの開幕ダッシュとなりますかと思っておりましたが、
非常にヒヤヒヤする場面の多い前半、
チャンスも同じくらいありまして、
どちらが先制してもおかしくない感じでしたが、
得点ならず。
後半も、どちらも譲らず、
かなりエスパルスの押してる時間帯もあったんですけどね、
残念ながらスコアレスドローという結果に終わりました。
しかし、
内容的には、悪くなかったんでね、
アウェイでの勝ち点1は、まずまずということで良いんじゃないかなと。
次節ホーム開幕戦で勝ってくれることを信じましょう。
ちなみに対戦相手は、横浜Fマリノス。
初戦を落としてるようなんで、
要警戒ではありますが、こちらもホーム初戦、
勝ってサポーターの声援に応えてもらわないとね。


ではでは。


今日の1曲、
Rie fu「PRESENT」。

前作「Romantic」から一転というか、
彼女らしいピアノ弾語りの曲ですね。
ライブではすでに演奏してきたらしいです。
ファンにはお馴染みということでしょう。
英語の「PRESENT」の持つ「現在」「贈り物」という、
二つの意味をテーマにしてるんだとか。
アルバムも楽しみですね。

DVD「LIVE archives 25」(吉川晃司)
3/3(火)、
ひな祭りですか。
K-MIXは、恒例の仮装オンエアやってますな。
面白かったですね。

マリオ、スケバンはね、
まあまあ納得の仮装でしょうねぇ。
して、
ヒロキちゃんのマーメイド、
ズミさんの壱億円札にいたりましては、
さすが、この二人は分かっていらっしゃる。
大爆笑しておりました。
次はどんな機会にどんな仮装をしてくれますことやら。
楽しみですな。


さて、
吉川晃司のデビュー25周年を記念したライブDVDが発売となりました。
当初は、スルーの予定でおりましたが、
吉川LOVEの有名人によるコメントを読んでおりましたら、
とりあえずどんなもんかなと思いましてね、
収録曲とかチェックしてみたわけです。
したら、
超てんこ盛りの内容になってることが分かりまして、
GETしちゃいましたねぇ。

未発表の映像や初DVD化の映像が満載で、
なんとデビュー前の映像まで入っちゃってます。
若いですよぉ~やんちゃっぷりも伝わってきます。
まあ、やんちゃなのは、今も変わらないかな。
大人にはなったけど、大人しくはなってないもんな。

一発目の「TIME-SLIP A-LA-BA・LA-M-BA 」。
「A-LA-BA・LA-M-BA 」というひとつの曲を、
過去から現在までの様々なライブ映像でつないでいるんですが、
見応えありますよね。

他にも同じ曲の違ったバージョンってのも収録されてまして、
彼の成長の跡も観ることもできますよ。

まさにアーカイブというにふさわしいDVDでした。

吉川ファンは、もちろんのことですが、
120分、存分に吉川晃司のライブを堪能できますんでね、
ファンでなくても、必見であります。

25年の節目をこえても、
さらに新たなファンも獲得しでいるのも素晴らしいわけですが、
そんな吉川のパワーを感じつつ、
今後の活躍にも充分に期待していきたいところですな。

そういや、
先日、役者吉川晃司の活躍しておりました映画、
「チームバチスタの栄光」を観ましたが、
なかなか面白かったです。

ではでは。


今日の1曲、
吉川晃司「フライデーナイトレビュー」。

デビューアルバム「パラシュートが落ちた夏」に収録のこの曲を聴きますと、
悲しい恋の思い出が蘇ってきますとです。
タッチミーも彼とともに年月を重ねてきたわけで、
どの曲にも思い出がリンクされてますやね。

「iPhone for everybody キャンペーン」が気になるところ
3/1(日)でございます。
もう三月ですばい。
二月は仕事がかなり大忙しだったんで、
かなりストレスフルな日々が続いておりましたよ。
ここにきて、
ようやく新しい条件が整ってまいりましたので、
レギュラー展開が戻ってきそうな感じです。
ここまで長い道のりでしたな。

さて、
ソフトバンクさんが新たに開始したiPhone向けのキャンペーン。
「iPhone for everybody キャンペーン」。
申し込み受付は2/27~5/31。
キャンペーンの主な内容は二つ。
ホワイトプラン(i)の二年契約を条件に、
ひとつは、iPhone 3Gの販売価格を値下げすること。
さらに、パケット定額フルの上限を4,410円に値下げすること。

8Gを新スーパーボーナスで購入した場合、
割賦金1,280円(24回)で月月割も1,280円(24回)ということで、
実質負担額0円での購入が可能。
総額でも30,720円ということで、
発売以来の価格を初めて値下げしてきました。
16Gでも、
割賦金1,760円(24回)で月月割1,280円(24回)、
実質負担額11,520円(月額負担480円)と。

かなりお得なキャンペーンですよね。
いやぁ~3万円だったら、買ったって良いかもって思っちゃうな。

しかも、
このキャンペーンでは、
既存のiPhoneユーザーにも、
新たに2年契約を結ぶことで、
パケット定額フルの上限を同様に4,410円に値下げされるとのこと。
ただし、申し込みは4/1からになります。

なぜに、今になってこんなキャンペーンをしてくるのか、
おそらく、次世代iPhoneが夏には出るんじゃないかと予想できますな。
その前に在庫を一掃しておこうという作戦なんじゃないでしょうか。

とはいえ、
iPhoneが欲しかったけど、
その価格に足踏みしていたタッチミーのような人間似とっては、
まさに渡りに船なキャンペーンなのは間違いないですな。

このキャンペーンが発表されてからというもの、
またiPhoneが欲しくなっちゃってきているんで、
ひょっとしたら、GETしちゃうかもしれません。

iPhoneにつきましては、
ついに、auとの絵文字送受信、
ドコモへの絵文字送信が可能となりました。
あとは、ドコモからの受信対応すれば、
全キャリア対応ということになります。

着々とiPhoneユーザーにとっての環境が整っていきますやね。
再びiPhone旋風が起きますかどうか。

2月の契約者数も気になるところ。
ソフトバンクが純増ナンバーワンでなくなる日が、
そろそろきてもおかしくない感じなんで、
auみたいなことにならないように、
ソフトバンクさんには、頑張ってもらわないと。

ドコモの一人勝ちだけは勘弁してもらいたいんで。

ではでは。

今日の1曲、
My Little Lover「音のない世界」。

いやぁ~昼ドラに初めてハマったタッチミー、
ついに、終わっちゃいましたね、
ドラマ「ラブレター」。
主題歌のこの曲を聴きますと、
今でも、ドラマのシーンが目に浮かんで、
泣いちゃいそうなわけ。
たまには、こういうドラマも良いなってね。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。