タッチミーの思いつき日記
タッチミーの気になったことなど、ぼちぼちと書いております。


twitter

@touchmee



@touchmee_music



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

タッチミー

Author:タッチミー
FC2ブログへようこそ!



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


iPadは買いなのか?!
2010年1月31日(日)でございます。

先週は、28日のAppleのスペシャルイベントで、
ついにタブレットが発表されましたねぇ。
その名もiPad。

どうだい、このネーミングは?
なんか富士通が同じ名前の製品を出していたとか。
まあ、そのうち慣れることでしょう。

それよりも、
ついに登場したAppleのタブレット。
買いなのかどうかですよね。

欲しいか欲しくないかで言ったらね、
そりゃ欲しいでしょう。

Appleが自社製のCPUをのっけてきたことで、
価格と性能のバランスも非常に良い感じ。
バッテリーも10時間なら、まあ納得できます。
デモを見る限りでは、
ただの「でかいiPod touch」ではないぞという。

とはいえ、iPadの魅力は、
やはり、あの画面サイズでしょうね。
それが最大にして、最高の魅力。
iPhoneが便利に使えていることを考えると、
iPadの画面サイズで、もっと見やすくなるのは嬉しいですもんね。
その意味では買いたいですね。

ただ課題も多い。
ひとつは通信の問題。
ソフトバンクの3G回線では、
おそらくiPadを使い倒すには無理があると。
iPhoneですらパケット制限を設ける始末ですからね。
聞くところでは、ドコモがかなりやる気になってるというじゃないですか、
少し期待してみるかな。
ソフトバンクが、最近、Wi-Fiをアピールしてるのは、
もしかして、iPadが頭にあったのかも知んないな。
その意味では、使えるWi-Fiスポットがもっと増えてこないとね。
使えるのが家だけになってしまう。

そして、
日本のコンテンツ配信の問題。
音楽に関しては、iTunes Storeによってずいぶんと風穴が開いたと思います。
あとは、いつソニーが国内でもiTunes Storeに参入してくれるかだけですもんね。
日本だけ参入しない意味がわかんないですもの。
(まあ、着うたで儲かってるからなんでしょうけど...)

映像に関しては、テレビも映画も未だ配信できませんねぇ。
まずはテレビ局が地デジなんかよりも、
配信事業に本腰を入れるべきだと思う。
そうしたら、iTunes Storeも窓口のひとつとして有効だってことになるでしょうよ。
成功のカギはコンテンツの充実とアプローチできる裾野の広さ。
期待はNHKかな。
一番、可能性が高いんじゃないかな、
っていうか近いところにいるはずなんですけどね。

で、iPadでいうと、
iBooksですよね。
書籍なんかは、デジタルコンテンツとしての相性が非常に良いはず、
ぜひとも日本の出版界にも風穴を開けてくれないかなと思います。
iPadの画面サイズなら、
充分に楽しめるはずなんですけどね。
AmazonのKindleも悪くないとは思いますが、
とくにコンテンツの拡充に関しては、
Amazonにも頑張って欲しいわけで、
日本市場は、どこまで開国できることやら。

つまり、
iPadそのものよりも、
それを使う環境の整備が日本じゃ追いついてないんでね、
魅力が半減ってことになりかねない。

とはいえ、
Appleが出したネットブックに対するひとつの答えがiPadだったというのは、
評価していいんじゃないかなと思います。
もし、iPadがブレイクすれば、
今後のパソコンの向かう方向は、
こういう形になっていくのではないでしょうか。
誰もが操作することに戸惑うことがなく触れる。
性能はそこそこでも構わない。
しかも、アプリで欲しい機能を追加できる。
より裾野の広いコンシューマー向けのパソコンに進化していく、
そんなターニングポイントになるデバイスなのかもしれません。
iPad向けのiWorkには、そんな意気込みも感じられます。

タッチミー的には、
買いかどうかでいうと、
まずは、iMacが先ですね。
その次にってことなら買いです。

ではでは。

今日の1曲、
KinKi Kids「スワンソング」。

やっと「J album」を聴いた。
そういや、ジャニーズもいたなiTunes Store未参入組。
スポンサーサイト

ハガレンのコミック読み始めちゃいました。
1/26(火)、
火曜日お休み、
タッチミーでございますよ。

ハガレンですけど、
現在、放送中のテレビアニメ版が、
前回のバージョンとあまりにストーリーが異なっているので、
原作はいかがなものかとずっと気になっておりました。
噂に聞くところでは、
今回のアニメの方が原作に近いとのこと。
で、
コミックスに手を出してみちゃったわけ。
今のところ10巻まで読破。

最初の7巻までは、
前回のテレビアニメシーリーズとほぼ同じだったんですけども、
8巻の途中から、現在オンエアのバージョンに。
なるほどなと。
コミックスで詳細を補完しながら楽しんでいけるかなと思いましたね。

そうなってくると、
前回のテレビバージョンが、
オリジナルのストーリーとして、
非常に良くまとまっていたんだなということが分かりますね。
世界観はそのままに、
全く別の着地点を映画も含めて完結させていたのは、
ちょっと驚きです。

現在オンエアのバージョンでは、
どこに着地点を持っていくのか、
コミックスは、まだ継続中なわけなんで、
タッチミーも、ぼちぼち読んでいこうかと思っておりますが、
アニメは、どこまで続ける予定なんでしょうかね。
かなり核心に迫る展開になってきましたんでね、
今後が非常に楽しみなところです。

ではでは。


今日の1曲、
CHEMISTRY「Period」。

おケミの新曲、
発売日は明日なんですが、本日フラゲ。
ハガレン第4弾のオープニング曲ですな。
このタイトル、もしかしてアニメはいったん終わるのだろうか?!

twitterを音ログAir専用じゃなくしました
2010年1月24日(日)でございます。
すっかりご無沙汰ちゃんとなっておりますよ。
先週、先々週と、ことの外、忙しかったりしまして、
すっかり更新サボっておりました。

いよいよAppleの新製品発表も近づいており、
あいかわらず噂ばかりが先行してますが、
実際には何が飛び出しますかね、楽しみです。

さて、
これまでタッチミー的には、
twitterの利用は、音ログAir専用だったんです。
まあ、iTunesで聴いた曲をアップしていくオンリーでした。
それで満足しておりましたので、
それ以上の利用はまったく考えておりませんでした。

しかし、
それが幸いしたのか、
意外な方々からフォローを受け始めまして、
どうにも、音ログAir専用というわけにもいかなくなっちゃいましたんで、
これまで、
音ログAirってことで表示してあったところを、
twitter@touchmeeにあらためさせていただきました。

とはいえ、
基本的に音ログAir中心なのは変わりませんけどね。

そんなわけで、
タッチミーの聴いてる曲やアーティストの情報から、
検索してきて下さる方がいるんでしょうね。
さらに、ここにきてtwitter利用者の裾野が広がったこともあるのでしょう、
思わぬフォローもあります。
ちょっと驚いちゃってますよ。

ひとつ言えるのは、
twitterは使う人によって、
いろんな使い方があるので、
使いもしないで「無駄」とか言うべきじゃないし、
自分なりの利用の仕方で有用なものになりうるツールだってこと。

今週は、
なんとかブログの更新していこうと思ってますんでね、
ぼちぼちおつき合いしていただければと思います。

ではでは。

今日の1曲、
甲斐名都「雪の降らない街」。

ニューアルバム「カテドラル」のラストの曲。
この曲と「雪の降る街」とが対になっていて、
この2曲の前に「-interlude-」として、
男女の別れのシーンが入っているんですよね。
それぞれ「雪の降る街」と「雪の降らない街」とに離ればなれ、
そんなシチュエーションを歌ってますね。
初回盤には、書き下ろしの小説もありましてね、
まだ読んでないんですが、
おそらく、これらが一体のものになっているってことだと思います。
なかなか面白い企画ですやね。

ドラマ「まっすぐな男」第1話
1/13(水)となりました。
今日は、寒かったですぅ~
雪まで降っちゃってね、
びっくりですよ。
実際に降ってた時間はたいした事ないんですけどね。
寒いわけですやね。

さて、
1月ドラマ始まりましたよ。
まずは、「まっすぐな男」。

なんかね、
この手のドラマを観るのは久しぶり。
佐藤隆太の演じる主人公、
松嶋健一郎のバカ正直なまでのまっすぐな性格がキモとなるドラマということで、
このキャスティングは大正解でしょうな。
これと同じくらいナイスキャスティングだと思ったのが、
ヒロイン栗田鳴海を演じる深田恭子ですね。
どこまで図々しいんじゃいというキャラなんですが、
これは、深キョンじゃなきゃできないハマり役じゃないでしょうかね。
転んでもただじゃ起きない感じがなんとも頼もしい。

気になったのは、
ちょい役と思われる女優さんが多すぎて、
区別しきらんということでしょうか。

まあ、第1話としてはまずまずだったかな。
今後、松嶋の恋の行方と仕事がどう展開していくのか、
見どころというところでしょうか。

佐藤隆太を暑苦しいと思わせないように、
うまく描いてくれれば、
楽しめるんじゃないかなと思います。
なかなか難しいでしょうけど。

ではでは。

今日の1曲、
柴田淳「透明光速で会いに行く」。

アルバム「ゴーストライター」の2曲目。
新たな柴淳ワールドを見る感じのアルバムです。
タイトルがまたユニークです。

映画「銀色の雨」
1/12(火)、
火曜日お休み、
タッチミーでございますよ。

今日はあいにくの雨ではありましたが、
静岡シネギャラリーさんで、
公開が始まりました、
鈴井貴之監督の「銀色の雨」を観に行ってきましたよ。

客の入りの方ですが、
平日の昼間の上映ということでしたが、
20名近くいらっしゃいましたでしょうか。
三連休をはずしてやってきたという、
タッチミーと同じような感じの人が結構いたと。
おそらく夕方の上映の方がたくさん入ると思われますんで、
まあまあ入っていた方じゃないでしょうか。

静岡県内では、
1/16(土)からは浜松のシネマe_raさんでも公開が始まるということで、
テレビCMも結構入ってましたから、
そちらで観ようという方もいるかもしれませんな。

さて、
肝心の中身ですが、
まずメインキャストの三人。
賀来賢人、
前田亜季、
中村獅童、
彼らの演技がすばらしい。
とりわけても前田亜季さんの演じる菊枝にはね、
やられましたね。
人生の長い旅路の中でのほんのひとときの「雨宿り」。
そんな中でふれる菊枝の優しさは、
間違いなくホッとさせられますやね。
そんな菊枝自身も「ひとりぼっち」の寂しさを抱えているわけで、
かなりグッとくるシーンがございました。

映画全体のトーンは、
雨のシーンが多いせいも有り、
暗めなんですけどね。
鈴井さんがちょいちょい入れてくる小ネタや、
TEAM NACSの登場シーン、
サンドウィッチマンのお二人のやりとりなんかには、
クスッとさせられましたな。

原作は拝見しておりませんので、
原作との違いとかは分かりません。
派手なシーンとかもない映画ではありますが、
共感できるセリフやシーンが誰にでもあるんじゃないかと思いました。
岩井章次(中村獅童)が痴呆になっている母を見ちゃったシーンとか、
なんとも身につまされる思いがしました。
いずれやってくるであろう身近な問題なんで。

あとは、
やっぱ賀来賢人くんがカッコいい&かわいい。
これまでの出演作も観ていたようなんですが、
それほど印象には残っておりませんでした。
が、今回は初主演作ということで、
始めて、じっくり彼の演技を観ることになりましたが、
今後の活躍にも期待できる俳優ですな。

みのり役の大島優子さんも、
賀来くんともどもさらに活躍が期待できると思いましたね。
この二人で新しい作品ってのも良いんじゃないでしょうか。

いくつか不満に思うところもあるにはあるんですが、
メインの三人の演技がしっかりしてるんで、
些末なところはどうでも良いかなという気にさせられました。

静岡シネギャラリーでの上映は、
1/22(金)までということで、
ひょっとしたらもう一回行くかも分かりません。

そうそう、
静岡シネギャラリーさんの一般会員に加入しちゃいました。
なので、
平日昼間なら1,000円で観られるんですよね。

ではでは。


今日の1曲、
徳永英明「透徹の空」。

エンディングで流れますこの曲も、
なかなかマッチしておったのではないでしょうか。
iTunes StoreでさっそくGETいたしました。

「24CH△NNEL」×2010年1月ドラマ×「銀色の雨」上映開始
1/10(日)でございますよ。

昨年ですか、
「正直しんどい」が終了しまして、
寂しく思っておりましたが、
静岡あさひテレビさんでは、
1/9(土)の深夜1:25から新番組「24CH△NNEL」が始まりましたな。

ちょっとおくれての開始でしたが、
なかなか楽しかったです。

番組コンセプトとしては、
剛くんの願い事100を実際に叶えるということらしいんですが、
「しんどい」のテイストを引き継いだ感じのユルさが良いですな。

番組ホームページを拝見いたしましたら、
すでに、いくつかの願い事が実現されてる様子で、
今後の展開が楽しみです。


ていうことでね、
続きまして、
1月ドラマのチェック。

今回は、
フジテレビ火曜10時「まっすぐな男」(主演 佐藤隆太)、
日本テレビ水曜10時「曲げられない女」(主演 菅野美穂)、
テレビ朝日木曜8時「853~刑事・加茂伸之介」(主演 寺脇康文)、
以上三本に、
引き続き「ライアーゲーム2」をチェックの予定。

久方ぶりに多めのチェックになりますねぇ。
しかも各局バラけてます。
今回、TBSがないのは、
シリーズ物の第二弾とかリメイクだったりということで、
なかなか興味をひかれませんでした。


最後は、
1/9から静岡シネギャラリーでもって、
鈴井貴之監督の映画「銀色の雨」の上映が始まりました。
タッチミーは、連休明けてから、
火曜日の昼間にでも行こうかなと思っております。
初日は、どの程度の入りだったんでしょうかね。
気になるところです。

今年の初映画となりますんでね。
楽しんできたいと思います。

ではでは。


今日の1曲、
松山千春「君を忘れない」。

iTunesのGeniusがセレクトしてくれたのは、
ちょっと懐かしめの曲たちでした。
この曲も良い曲でしたやね。

ドラマ「ミエルヒ」
2010年1月5日でございます。
今日から仕事始めという方も多いのでしょうか、
タッチミーの場合は、
昨日、仕事始めだったわけなんですが、
今日が火曜日ということでお休み。
ということで、
実質的な仕事始めは明日になるでしょうかね。

HTBのスペシャルドラマ「ミエルヒ」、
静岡あさひテレビさんでは、
1/2の深夜のオンエアということで、
リアルタイムでの視聴は断念。
どうせ、今日休みだって事が分かっておりましたんで、
遅まきながら拝見いたしました。

いや~こういうドラマをほぼ一年ですか、
じっくりと創って出すというのは、
貴重であり、ありがたいことだって思います。

まだまだ、これから各地でのオンエアが予定されてますんで、
ドラマの核心部分にはふれない方が良いのかな。

うれしーがね、
地味なドラマだっていってたでしょ、
なんで、
こちらも地味なんだろうなという感じで、
肩の力を抜きまして、
フラットな気持ちで観ておりました。
が、
思った以上にテンポもよく、
確かに流れていく時間はゆったりと感じるのですが、
そのあたりは、
さすがに藤村くんだなと。

所々に笑いがちりばめられていて、
爆笑ではなく、クスッとした笑いがいっぱいでしたね。
なんですが、
脚本の力なんでしょうか、
泣けちゃうわけなんですよ。
終盤のヤスケンはもちろんなんですが、
花屋のお姉ちゃんんおセリフにも、
やられちゃったなぁ。

キャストも一級の方々でしたね。
泉谷しげるも、すっかり役者さんですよね。
あんなふうな年のとり方が出来たら、
幸せなのかなと思いますやね。

洋さんのゲスト出演の件は、
事前に聴いていたんで、
どこに出てくるかなと思ってましたが、
あんなにわかり易いとは思ってませんでしたね。
病院のモジャゲがそうなのかなと思ってたんですけどね。
さすがにアレじゃなかったんだ。

「ただ生きている」ということ。
明日なんて分かったもんじゃないですよ。
それでも「生きていく」。
一見タフに生きてるような人も、
一人じゃ弱々しい人間なのかもしれない。


そんなわけで、
今年も、
ぼちぼちと「生きて」いこうかなと。

ではでは。

今日の1曲、
中島みゆき「糸」。

ドラマ「ミエルヒ」の中では、
渡辺いっけいさんがカラオケを歌っていらっしゃいましたな。
タッチミーも良い曲だと思います。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。