タッチミーの思いつき日記
タッチミーの気になったことなど、ぼちぼちと書いております。


twitter

@touchmee



@touchmee_music



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

タッチミー

Author:タッチミー
FC2ブログへようこそ!



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


映画試写会「ラストラブ」
6/16(土)となってしまいましたな。

みなさま、
お元気でいらっしゃいますか?
梅雨入りはしたらしいんですが、
良く晴れましたお天気で、
今日も暑かったですな。

14日の木曜ですか、
MOVIX清水へ映画の試写会へ行ってまいりました。
ホントはね、
昨日感想をアップする予定でおったのですが、
疲れてたんでしょうな、
ゆうべはすっかり眠っちゃいましたよ。

今日から、
上映が始まったんじゃないかと思いますが、
映画「ラストラブ」。

14年ぶりのスクリーン登場となる田村正和主演、
お相手が伊東美咲さん、
原作がYoshiさんってことで、
いろいろと興味深い映画だったんですよね。

まずは、
注目の主演、
田村正和さんですけども、
主人公の阿川明が、
かつてニューヨークで名をはせたサックスプレイヤーということで、
映画に向けて、
サックスの練習をしたそうな。
どこまでホントに吹いてるのかなぁ~って思ったわけですが、
なかなかの名プレイヤーぶりのように見えましたよ。

物語が、
5年前のニューヨークのジャズバーから始まるんですけども、
自らの誕生日を祝うライブとなるはずだった、
この日をさかいに、
阿川明はその世界から姿を消した。

どうやら妻がガンで倒れ、そのまま亡くなってしまったらしく、
これまで自分のことばかりで、
妻の病気に気づいてやれなかった自身のこれまでを償う決意で、
娘の佐和のために頑張る父親としてやってきたと。

娘役が森迫永依ちゃんでして、
ドラマ「ちびまる子ちゃん」での初代まる子役が記憶に新しいですが、
その時より少し成長してましたが、
なかなかの演技でしたな。

ただ8才くらいの設定だと思うんですが、
それにしては、
物わかりが良すぎるんじゃないかって思いましたね。
もっと子どもってわがままじゃないかなってね。

そんな阿川明が、
県庁に勤め、結婚を目前にひかえた上原結(伊東美咲)と出逢う。

最初の出逢いは、最悪。
それがニューヨークで偶然にも再開するという、
まあ、ありがちと言えば、ありがちな流れですやね。

で、
伊東美咲さんの演技ってのは、
タッチミー、初観なんですよ。
CMとかでは観たことあったわけですが、
女優としての彼女を観るのは、
これが初めてということで、
こちらも興味津々でした。

まずは、
噂には聞いておりましたが、
やはりタッパが大きいです。
田村さんもあの年齢としてはそんなに小さい方じゃないと思うんですが、
若干、伊東さんの方が勝ってました。
セリフまわしについては、
可もなく不可もなくかと思って観ておりましたが、
致命的だったのは、
いわゆる愛を語るシーンで、
どうにもこうにも気持ちがのっかってない感じがしてしまう。
これは脚本のせいなのかもしれないのですけどもね。

キレイな女優さんなんでね、
非常にもったいない。
もう一皮むけていかないと、
厳しい評価が続くのかなと思われます。


結との出逢いが、
阿川を再びサックスプレイヤーとしての道に駆り立てるキッカケとなるわけですが、
どうなんでしょうね、
小学生の娘がいて、
阿川のように再びサックスプレイヤーとして身を立てることを目指せますかね。
実力があればこその話なんで、
なんともわかりませんけどね。


でね、
この映画でタッチミーがどうしても払拭できなかった問題なんですけども、
結が阿川に「お父さんみたい」って言いましたら、
「せめてお兄さんにしてくれないか」みたいなことを言うんですよ。
物語の設定としては、
別にそんなに問題じゃないと思うんですが、
やはり、
田村正和にはもうこの設定の役をするには無理があるんじゃないのかってこと。
たしかに、
カッコいいんですよ。
試写会にいらっしゃっていたお客さんも、
おそらく田村正和さんのファンじゃないかって思われる人が多かったですし、
良い役者さんだと思うんですが、
そろそろ他の役者さんにやらせてあげた方がと思ってしまうんですよね。

じゃあ、誰といって思いつかないっていうジレンマもあるんですけどね。

佐和ちゃんが娘というより、
結が娘で、佐和ちゃんが孫でも良いくらいですものね。

そこがね、
残念でなりませんでした。


というわけで、
大人なんだけど、
大人のラブストーリーというよりは、
夢を追い求める男のラブストーリーな感じの映画ですな。
良かったらご覧になって下さいましな。


そうそう、
今回の試写会は、
静岡あさひテビさんとAiDEMさんの共催だったわけですが、
お土産をいただきましてね、
サクマの缶ドロップですよ。
AiDEMのCMキャラクターを務める中村俊輔の写真をあしらった特別仕様の缶です。
久々に食べておりますよぉ~
懐かしい味です。

ではでは。


今日の1曲、
GReeeeN「愛唄」。

サビが耳に残りまして、
iTunes Storeでダウンロードして聴いております。

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


トラックバック





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。