タッチミーの思いつき日記
タッチミーの気になったことなど、ぼちぼちと書いております。


twitter

@touchmee



@touchmee_music



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

タッチミー

Author:タッチミー
FC2ブログへようこそ!



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「大人のソフトバンク」の目指すもの
いよいよ明日からソフトバンクブランドに変わりますな。

それにしても、
28日の発表会は、
あまりにもたくさん内容があり過ぎまして、
これまでの弱点のひとつだとされていた「端末とコンテンツ」、
これを一気に改善し、
端末ではいきなり13機種54色を発表。
これだけのカラーラインナップを初めから用意したことは、
ドコモやauもないんじゃないでしょうか?

しかも、
これらを年内に全部出すということで、
かなりガンバちゃった感じですやね。

各端末の詳しい説明は、
ニュース系のサイトなどで確認してもらった方が良いかなと思いますので、
有名どころのリンクをはっておきますね(PC用)。

HSDPA、光学3倍ズームの500万画素カメラも──ソフトバンク、13機種54色の新モデル

ボーダフォン、秋冬モデル13機種を発表


タッチミー的には、
東芝の3機種でくーまんが復活というのが嬉しいところ。
あと、
全体に薄型が多くラインナップされてまして、
今後も「薄型=ソフトバンク」というポジションの確立を目指すようです。

たとえば、
最も薄いサムスンが12.3mmなんですが、
ハイエンドで500万画素光学3倍ズームの910SHですら24mmとなってまして、
904SHの後継機種でスペックが上がってるにもかかわらず、
4mmも薄く仕上げてます。
811Tなんてのもかなりのハイスペックなんですが、
20mmで、タッチミーの705Tよりも3mm薄くなってます。

このあたりの打ち出しも好感が持てますよ。
やはり、分厚いよりも薄型の方が嬉しいですものね。

それとこの他に、
2機種10色の隠し球も用意されてるらしくて、
詳細は明らかにされませんでしたが、
ひとつはおそらく911SHでワンセグの後継機種でしょう。
もうひとつはアレなのか?!
気になりますな。

ただ、
「電話する時は音楽を聴かないし、音楽を聴くときは電話をしない。両方を搭載し、わざわざ分厚くするのは意味がないのでは。胸ポケットに通勤時はiPod、会社ではSLIMIAという使い方がいいのではないか」
ってことも発言してまして、
iPodケータイの話はなかったことになるのかもしれません。
まぁ、両方搭載してもスタイリッシュなら出す価値はありますけども...


一方コンテンツに関しては、
いわゆる「YAHOO!ケータイ」ってのが何を目指してるのか、
これまではあんまり良くわからなかったのですが、
今回の発表会の発言でちょっとわかってきました。
あえて言うなら、
これまでのケータイの「iモード型」のビジネスモデルからの転換。
PCで無料で提供されてるコンテンツを、
ケータイで利用しようとすると有料になる。
これをPCライクに無料でYAHOO!のコンテンツを利用できるようにする。
こんな感じでしょうか。
ユーザーとしては嬉しいことですけども、
コンテンツプロバイダーは厳しくなりますね。
有料でも利用したくなるような魅力あるコンテンツじゃないと意味が無くなりますので、
これまでのビジネスモデルでは立ち行かなくなることでしょう。

実際に、
明日になれば、
どのくらい便利なのか、
あるいは、
期待外れに終わるのか、
確認できるかと思います。


新サービスもてんこ盛りでして、
列挙しただけでもものすごくいっぱいなので、
タッチミーが気になったいくつかだけ、
ひとつは、
「3Gお天気アイコン」
こちらも2Gで人気だったにもかかわらず、
3Gで切り捨てられておりましたが、
ようやく3Gらしく復活となりました。
S!キャストのサービスとして提供されますので、
有料となりますが、
天気予報だけでなく、
降水確率、警報・注意報、台風情報、花粉情報などもアイコン表示されます。

あとは、
他社追随じゃないオリジナルなものとして、
新たなコミュニティサービスとして注目なのが「S!タウン」。
ケータイの中にあるバーチャルな街を歩き回ることで、
参加者同士のコミュニケーションを楽しめるフル3D・モバイルコミュニケーションサービス。
おそらく、
似たような有料のコンテンツはあったかと思いますが、
情報料無料での提供ということで、
気軽に楽しめるんじゃないかと思います。
実際に利用してみないとわかんない部分もありますけどね。
ぜひ他社からも羨ましがられるようなサービスになればと思います。


あとはね、
基本的に多キャリアの後追い的なものが多くて、
目新しさはないものの、
穴は埋めたという感じでしょうか。


最後に、
「PCサイトブラウザ」について、
パケット通信料定額サービス「デュアルパケット定額」を改定。
「PCサイトブラウザ」を利用した場合の上限が5,985円になります。
ちなみに「PCサイトブラウザ」利用しない場合は従来通り、
4,095円が上限となります。
ちょっと高い設定金額かなとも思いますが、
定額でフルブラウザが利用できるのは嬉しいですね。

おっと、
もうひとつさりげなく重要なサービスが発表されてることを忘れるところでした。
「コンテンツ・キー待避機能」。
購入した「コンテンツ・キー」をメモリカードに待避でき、
機種変更しても継続して利用できるって、
今まで出来なかったのがおかしかったんですが、
やっとという感じですが、当然の機能だと思います。
これのせいで、
買い増しの度に再購入の憂き目に会ってましたからね。
良かったです。

こちらも一応リンクはっておきますかね。

Yahoo!との融合を進めるソフトバンクの新サービス

ボーダフォン、Yahoo!連携コンテンツなど新サービス


これで、
あとは基本料金や割引サービスなどでの新提案に期待ということになりました。
こちらについても近く発表があるのでないかと思われますが、
どんなんを出してきますやら。


スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


トラックバック





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。