タッチミーの思いつき日記
タッチミーの気になったことなど、ぼちぼちと書いております。


twitter

@touchmee



@touchmee_music



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

タッチミー

Author:タッチミー
FC2ブログへようこそ!



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ソフトバンクの次の手は、
タッチミー、
ずいぶんと疲れておりますよ。
先週の土曜あたりから、
左手の手首が痛んだりしましてね、
いけません。

渋谷パルコ「小祭り」は本日もにぎわっておったようですなぁ~
タッチミーはこちらの催しには、
心動かされるものがありませんで、
まったく行く予定はございませんが、
10周年の記念グッズのうち、
Tシャツとパーカーが欲しいなとは思っております。
HTBのオンラインショップには、
現在、在庫無しという状況であります。
「小祭り」が終わって、
落ち着いたら、在庫状況も改善されますでしょうから、
購入はそのあととなりますかね。


さてさて、
どうやら、
ソフトバンクさん、
長期利用割引を「スーパーボーナス」に一本化するようです。
すでに、
9月末で、
ハッピーボーナスと年間割引の受付を停止。
しかも、
それらの契約年数の引き継ぎもしないとのこと。

その代わり、
新規契約と同じ扱いにして、
月額基本料を2ヶ月無料とするそうです。


「スーパーボーナス」自体の是非もさることながら、
契約年数の引き継ぎをやめてしまうということに、
ずいぶんと反発の動きも見受けられます。

実際にショップでの対応にも差が生まれているようで、
何となく始まった「スーパーボーナス」に、
何となく一本化みたいな感じにしているようです。
そもそも正式なプレスリリースは一度もしてないサービスですからね。

タッチミーとしては、
落ち着くまで様子見でしょうかね。
そもそも「スーパーボーナス」自体は、
それほど悪いものじゃないと思っておりまして、
前にも言いましたが
これは、インセンティブの「廃止」ではなく、
「見えるインセンティブ」。
キャリア側の負担を軽減させると同時に、
ユーザー側に正当な「端末価格」を認識してもらうことが狙いと思われ、
さらに、
MNP対策にもなってまして、
新規ユーザーに手厚いサービスとなるように、
基本使用料とデュアルパケット定額を2ヶ月無料にするなど、
ほとんど、お金をかけないでソフトバンクに移れます。
しかもインセンティブで「売れば売るほど赤字」みたいなこともないわけで、
ずいぶん考え抜いた施策だと思われます。

新規のユーザーに優しいのは良いことではありますが、
既存のユーザーにも、
もうちょっと優しくしないといかんのではと思いますけどね。

そこで、
既存のユーザーにも優しくなるように、
「スーパーボーナス」の不明な点と、
次に打ってくる手をよんでみようかと思います。

「スーパーボーナス」には、
正式な発表がないために、
いくつか不明な点があります。
そのひとつは、
スーパーボーナスからスーパーボーナスへの引き継ぎ方。
もうひとつは、
継続割引との併用はどうなるのか?
ソフトバンクのHPをみる限り、
継続割引との併用についての記述はないようでして、
これが併用できるようなら、
ハッピーボーナスよりも低い割引率もうなづけるかと思われます。

スーパーボーナスからスーパーボーナスへの引き継ぎ方で、
問題となるのは、
「スーパーボーナス継続割引」の年数を引き継ぐのかどうか?
引き継がないのであれば、
新たにスーパーボーナス加入とみなして、
新規加入特典や割引加入特典などは適用されるのか?

このあたりが、
ハッキリ示されていませんので、
使い道によって「お得感」が薄れてしまうということになっています。
特に、
「スーパーボーナス特別割引適用期間中」に買い増しなどした場合の扱いを、
「残金の支払い」というマイナス面からだけ考えると、
逆に「損した気分」(実際には今までとそれほど変わらない)になっちゃうんですよね。

このあたりを明らかにすることが大事じゃないかと思います。

さらに、
スーパーボーナスで、
基本使用料とデュアルパケット定額を2ヶ月無料にしていることから、
料金プランへのアプローチとして考えられるのが、
「基本料金と定額のセットされたプラン」。
現在のプランから無料通話分をのぞいた実質基本使用料が、
1,900~4,500円。
平均すると3,100円。
実際には、どのプランがどのくらいの割合で利用されてるかはわからないのですが、
おそらく、低額のプランの方が多いかと予想されますので、
2,000円前後が妥当でしょうかね。
それとデュアルパケット定額の3,900円で5,900円。
まぁ6,000円前後で通話もメールもウェブも定額ということなら、
有り得なくもないかな。
通話については、
ソフトバンク同士に限るということになるか、
指定したいくつかの番号に限定するかでしょうね。

LOVE定額や家族通話定額の設定料金から、
このくらいなら実現可能かなという感じですが、
他社へのインパクトということから言うと、
もしかしたら、もうちょっと低く設定してくることも有り得ますが...

 +みんな定額(S!定額)
 〓SoftBank

こんな感じですかな。

あと料金プランで選択肢として欲しいのが、
無料通話無しの低額プラン、
1,000円以下ならかなりインパクトあるかと思いますが、
いかがでしょうか?
インセンティブ回収のリスクが無くなれば、
こういうのも有りでしょうけど、
「無料通話分の繰り越し」では、
若干、他社より見劣りしておりますので、
こういうアプローチも有りかなという気がしております。

こんなシナリオを予想してみましたが、
どうでしょう?
今後のソフトバンクの打つ手いかんによっては、
勝利も敗北も有り得ますのでね。
頑張ってもらわねばなりませんぞ。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


トラックバック





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。