タッチミーの思いつき日記
タッチミーの気になったことなど、ぼちぼちと書いております。


twitter

@touchmee



@touchmee_music



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

タッチミー

Author:タッチミー
FC2ブログへようこそ!



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


イーモバイル×HD DVD×延長戦
2/25(月)、
月曜日の週末、
タッチミーでございます。

先週は、
寒さもゆるみまして、
春も近いかという感じだったんですが、
週末からグッと冷え込んできまして、
今朝はまたずいぶんと寒かったですよ。

さて、今日は久しぶりに三本立てでいこうかと。

まずはイーモバイル。
ついにイーモバイルが音声サービス開始するようで、
なかなか思いきった低価格で勝負してきましたよ。
通話の基本料が無料で、
パケット定額も1,000円~4,980円。
通話は18.9円/30秒、SMSは「2.1円/通。

さらに月額980円の「定額パック24」を追加すると、
イーモバイル間の通話が24時間無料、
固定電話への通話は5.25円/30秒、
他キャリアケータイあての通話は9.45円/30秒に。

ついでに、
データカードと音声端末を契約すると、
データ通信料が0円~3,980円になる。

この料金体系だけなら、
誠に魅力的なんですが、
残念ながら、
まだ通話エリアが充分ではなく、
ドコモとの国内ローミングで補うことになる上、
ローミング料金が100円/月、
通話料は一律22.05円/30秒、
パケット通信料は0.0735円/パケット、
SMSは5.25円(配信通知なし)、7.35円(配信通知あり)となる。
もちろん、イーモバイル間も無料じゃなくなります。

こう見ますと、
ソフトバンクがボーダフォンを買収したことは、
非常にナイスな戦略だったといえるのがわかりますね。
ゼロからの出発じゃ、
さすがに厳しいですわ。


続きまして、
東芝の撤退で市場から消える運命となったHD DVDですけども、
販売店の現場では、
中止、継続、BDとの交換など、
その対応は様々になっているようです。
しかも、日本の映画会社は、
未だに次世代DVDには本腰を入れる様子も無く、
アメリカの映画会社がこぞってBD一本化を表明しているのと対照的です。
こうした状況を見ると、
DVDがBDに完全に移行するのは、
まだ少し先なのかなという気持ちの方が強いわけで、
そうなってくると、
ますますHD DVDの方が、
使い勝手が良いんですよね。
タッチミーもお金があるなら、
HD DVD対応のレコーダーを買いたいところです。
パッケージ販売されるディスクが、
全部BDに置き換わるまでの期限付きだとしても、
自宅で楽しむ分には、充分な気がするわけです。
つまりレコーダーとして考えたら、
使えるんじゃないかと。
現実には先立つものが無いのでね、
HDだろうとBDだろうと買えないんですけどね。


最後に、
ドラマ「ロス:タイム:ライフ」第4節(看護師編)。
なんなんでしょうか「延長戦」って?!
これは反則なんじゃないのって思っちゃいましたね。
原作にもそういうふうになってるのかもしらんですが、
それだったら、
他にもっと「延長戦」させてあげたい人がいたよね。
松永由紀子が「延長戦」を生きることが出来るってのは、
いかにも納得ができない感じがしちゃって、
せっかくそこまでの良いお話が、
吹っ飛んじゃいましたよね。
せめて、
大怪我したけども、
病院の近くで助かったくらいの感じならね、
許せないまでも、納得はしたかもしれませんけどね。
アレじゃホントに何も無かったかのように、
「延長戦」突入になっちゃいますよ。
良いんでしょうかね。

上野樹里の演技については、
この際言わないですよ。
アレが彼女の味なんでしょうから、
別にかまいません。
あんな男に騙されちゃうような女性には見えなかったですけどもね。

このドラマ、
やはり、各話ごとに出来不出来に差が生まれちゃいますね。
制作スタッフはたいへんだと思います。

洋さんの発言からすると、
これまでのお話を観ておけよと、
その方が最終節が楽しめるぞと。
どんなふうに絡ませてくるんでしょうね。
楽しみですが、ちょっと不安でもあります。


ではでは。



今日の1曲、
アンダーグラフ「ハイスピードカルチャー」。
アルバム「呼吸する時間」の1曲目です。
アンダーグラフと言えばバラードのイメージが強かったわけですが、
このアルバム聴いてイメージが変わりました。
この曲もそうですが、
アッパーなチューンもカッコいいですよ。

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


トラックバック





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。