タッチミーの思いつき日記
タッチミーの気になったことなど、ぼちぼちと書いております。


twitter

@touchmee



@touchmee_music



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

タッチミー

Author:タッチミー
FC2ブログへようこそ!



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


7月ドラマもそろそろ始まりますよってことで、4月ドラマのおさらい
7/1(火)でございますな。

もう7月ですか、
今年も半分終わっちゃったわけですな。

いやいやいや、
4月ドラマも大方終わりまして、
そろそろ夏ドラマに感心が移ってまいりました。
もう始まっちゃうドラマもありますもんね。

この4月ドラマでは、
タッチミー的に、
今までにはなかった事態が発生いたしましたよ。

ひとつは、第1話を録画したにもかかわらず、
観る前に消去してしまいまして、
第2話以降を一旦録画しつつも、
結局観なかった「ラストフレンズ」。
終わってみれば、かなりのダークホースだったわけで、
尻上がりに視聴率も上がり、
最終回は22.8%、平均でも「ごくせん」「CHANGE」に次ぐ好成績ということでね、
さすがはタッチミー、
数字の強いドラマは観ないっていうことになっちゃってます。
完全に意図しなかった展開ではありましたが、
結果としてそうなっちゃいましたよね。

さらに、
洋さん出演の第4話をチェックしたら、
ことのほか気に入っちゃって、
結局、最後まで観ちゃった「おせん」。
これね、第1話を観ずに途中から観ちゃったっていうことでは、
初のこと。
これなら、「ラストフレンズ」だって観たって良かったんじゃないのよ。
っていうことなんですが、
こちらは数字的には、それほどでもなかったわけですが、
内容は、かなり良かったです。
「食」に対するこだわりや、
利益優先の経済社会が行き着く先の危険性なんかも感じられまして、
考えさせられましたやね。
最終回のシーンで、
子どもが、一升庵の料理に「味がしない」と言って、
ケチャップをかけまくって食べちゃうシーンには、
恐ろしくなっちゃいましたね。
こんな子供たちが大人になってしまったら、
ホントに日本は終わりだと思います。
現実に、それに近い状況が生まれつつあるかと思うとなおさらです。
あと、このドラマで、内くんを初めて拝見いたしまして、
なるほど、例の事件がありつつも、消されなかったのも納得しましたね。
たしかにスター性のある素材だと思いました。

そして、お久しぶりのTBSドラマ「Around40」。
当初懸念していたような展開ではなかったですが、
意外と楽しく観られました。
やはり、幸せなんてのは人様々な形があるってことで、
まあ、それはそれで良いんですけどね、
基本的な生活が保障された状態ってのが前提の話。
現実には、もっと厳しいわけなんで、
幸せな生活ってのは、
なかなかに険しい道のりなんですよねぇ。

「キミハン」こと「キミ犯人じゃないよね」。
これは文句なく楽しめましたね。
もちろん、テレ朝なんでね、
チープ感もありつつの愉快なドラマでした。
わけても要潤の役作りにはやられましたね。
毎回のお約束ネタもキッチリ守られてまして、
「来るぞ来るぞ」って期待しながら観るというのが、
この手のドラマの快感なんですよね。
貫地谷しほりのコスプレもね、
毎回楽しみになっちゃってました。

で、
本来なら、4月ドラマはこれでオシマイのはず、
だったのですが、
なんと、ここにきまして、
さらに大どんでん返し、
もうひとつドラマ観ようかと思っとります。
「ハチワンダイバー」。
いやね、
このドラマ、完全なるノーマークだったわけ。
タイトルから、勝手にダイバーの話だと思ってて、
観てなかったの。
したら、バニラさんのブログ読んでたら将棋の話だってじゃないの。
あら、ってことで、もう最終回も間近かと思われますが、
今度、ちょっくり観てみようかと思っちょります。

てなことで、
完全に、いつものセオリーを逸脱したこの4月ドラマでございました。

7月ドラマのチェック予定は、
「あんどーなつ」「Tomorrow」「33分探偵」
以上の3つ。

TBS2本とフジ1本。

実は他にも観たいものもありつつの絞り込みの結果、
この3本でいこうかと思っとります。


ではでは。



今日の1曲、
ゆず「ビジネス」。

最新シングルのカップリング。
ゆずのシングルとしては、
かなりの異色作。
まして岩沢くんの作品としては初じゃなかろうか、
打ち込みサウンドによるアレンジ。
こういうのも出来ちゃうのが良いですやね。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


トラックバック





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。