タッチミーの思いつき日記
タッチミーの気になったことなど、ぼちぼちと書いております。


twitter

@touchmee



@touchmee_music



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

タッチミー

Author:タッチミー
FC2ブログへようこそ!



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


映画試写会「誰も守ってくれない」
11/30(日)となりました。

先週金曜日11/28、
映画試写会に行ってまいりました。
開場がね、18:00ってことで、
早いなって思っておりましたら、
舞台あいさつが組まれてましたね。
そのおかげかどうか、
ずいぶんと大勢参加されていたようです。
満員で立ち見もいた様子でした。

しかもね、
今回は、異例の映画上映後の舞台あいさつ。
主演の佐藤浩市さんと君塚良一監督が、
映画が終わってから登場しましてね、
テレしずアナウンサー木村英里の司会でもって進められました。
会場の人からの質問を受ける時間もとったりして、
上映後の舞台あいさつってのも有りですやね。
何より、映画の内容に踏み込んだお話が聞けるって事が良いですね。

役者さんが演じる上での気持ちの動きなんかも、
ちょっぴり聴かせていただきまして、
得した気分です。

で、映画の内容なんですが、
殺人事件の容疑者として逮捕された未成年の家族、
容疑者の妹と彼女を保護する刑事のお話。
これを志田未来ちゃんと佐藤浩市さんが演じるわけですが、
いやいや、この若手女優とベテラン俳優とは、
この難しい役をビシーッと演じてくれておりました。

おそらくハンディカムでの撮影と思われる手ぶれ感や、
これでもかってくらいの役者さんのアップでの表情など、
マスコミからの執拗な「取材」から避難するところとか、
緊迫感を煽る効果と二人に感情移入していくのに活きてるなと思いました。

佐藤浩市さんの言葉を借りれば、
「着地点のないテーマ」であり、
途中、「これどうやって終わらせるつもりなんだろう」って思いましたが、
なかなかうまい落としどころでのエンディングだったんじゃないかと思います。

犯罪者の家族を守ることが、
はたして警察の仕事としてどうなんだっていう意見もあるようですが、
ここに関しては、
現実のマスコミ、あるいは、映画ではインターネットによる煽りなど、
ある程度の保護は必要になるんじゃないかって思いますよ。
ただ、
映画のタイトルにもありますように、
最後のところでは、「誰も守ってくれない」わけで、
現実をどう受け止めて、どう生きていくのか、
そういう普遍的なテーマに通じていってしまうのかなって思いますね。

全体としては、
まあまあ、納得できる映画でしたんですが、
一点だけね、
柳葉敏郎と石田ゆり子の夫婦がやってるペンションが出てくるんですよ。
佐藤浩市の演じる刑事と訳ありなんですけどね、
この夫婦の本心ってのが、しっくり来なくってね、
ここのところだけは、
最後まで、どうなのかなっていう気持ちが残りました。


公開は、
来年1/24(土)からとのことで、
まだ2ヶ月ほど先になりますが、
できれば、もう一度観てみようかと思ってます。

「何十億も稼ぐ映画ではない」かもしれませんが、
「こういう映画が年に何本かは作られていかないと、
日本映画はダメになる」という、
佐藤浩市さんの言葉に、共感する部分がありまして、
観る側に投げかけられたテーマをよく考えた上で、
またあらためて観てみたいというふうにおっております。

あとね、
これはどうかなっていう気もするんですが、
この映画に出てきた佐藤浩市と松田龍平の演じる二人の刑事に、
フォーカスしたドラマが、
映画の公開にあわせてオンエアされるそうですよ。
時間軸としては、
この映画よりも以前のお話なんだそうです。

映画とはまた違ったテイストだっていう事なんでね、
楽しみでもあり、
心配でもあるというところです。

木村佳乃の出演が、
タッチミーが、この映画を観ようと思った動機だったわけですが、
想像以上に、深いテーマだったことで、
彼女の登場シーンが、もっとあれば良かったなんて事は、
すっかり忘れかけておりました。
そんなことなんで、
ドラマの方には木村佳乃の出演があるのかがポイントかな。

ではでは。


今日の1曲、
Hi-Fi CAMP「恋」。

11月のK-MIX MEGA PUSH TRACKでしたね。
おかげで、ずいぶんと耳に残っちゃいました。

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


トラックバック





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。