タッチミーの思いつき日記
タッチミーの気になったことなど、ぼちぼちと書いております。


twitter

@touchmee



@touchmee_music



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

タッチミー

Author:タッチミー
FC2ブログへようこそ!



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ドラマ「天使の梯子」
こちらもようやく観ることができました。
おっそ~!!

しかし、
良い感じじゃないですか。

映画「天使の卵」の10年後のお話。

所々に映画のシーンも挿入されててね、
初めは、
歩太と夏姫のキャスティングを脳内変換するのに時間がかかりましたが、
だんだん自然とね、
馴染んでいきました。

そして、
10年という月日が、
もたらした二人の心の行方に、
決着をつけるきっかけとなる出来事が起こる。

それが、
夏姫の元教え子の古幡慎一との出会いと恋。
奇しくも姉の春姫と歩太と同じ8歳の年齢差。
まさに、
運命の巡り合わせともいうべき展開でね、
文字通りドラマティックであります。

慎一は、夏姫と歩太の仲が気になって、
苛ついて帰って、
二人っきりで暮らしてる祖母にあたって、
心にもない言葉を浴びせてしまう。
翌朝、謝ろうとしたが、
祖母は心筋梗塞で亡くなってしまっていた。

「なんであんなこと言っちゃったんだろう」って後悔する慎一に、
夏姫は、
「いくら後悔しても取り戻せないのなら、心に受け止めて生きていくしかない」、
そう自分に言い聞かせるように話すシーン。

あと、
慎一の元カノが、
夏姫に向かって「一生恨んでやる」って吐き捨てていくシーン。

すべてが10年前の出来事とリンクしていくというね、
なかなか良くできてました。

でね、
夏姫が言うんですよ。
「今なら、わかる気がする。あの時のお姉ちゃんの気持ち」って、
そうなんですよね、
10年前には、わからなかった気持ちが今ならわかる。
そういうことを最近は、
タッチミーも、よく思い浮かべます。

それが「許す」ってことなんですねぇ~
タッチミーも、
やっと、
あの頃の自分を「許す」ことが出来るようになったということなのかもしれないですね。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


トラックバック





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。