タッチミーの思いつき日記
タッチミーの気になったことなど、ぼちぼちと書いております。


twitter

@touchmee



@touchmee_music



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

タッチミー

Author:タッチミー
FC2ブログへようこそ!



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


オリコンはするべきことを間違っているのじゃないか
いやいやいや、
本日は、
K-MIXに樋口了一さん、ご登場ということでね、
その話メインにいこうかななんて思っとりましたところ、
とんでもない記事を見つけちゃいまして、
それを書かずばなるまいってことでね、
樋口さんのお話は、
余裕があれば、2本目の記事として、
余裕が無ければ明日ってことにしようかと思っとります。

問題の記事はコチラ



オリコンが自分たちに都合の悪い記事を書いたジャーナリストを潰すべく高額訴訟を起こす


なんとも物騒なタイトルでございます。
オリコンと言えば、
日本の音楽セールスランキングの代名詞であり、
音楽ファンならずともその存在は知ってるかと思います。

その「天下の」オリコンが、
言論封殺ともとれる高額訴訟をしようとな。

この際、
オリコンが公正か否かの論議は別にしても、
この訴訟はおかしいですよね。

仮にオリコンが当該記事に対して裁判が必要だと判断したとしても、
相手は烏賀陽弘道氏ではないはず。

烏賀陽弘道氏は、
雑誌の求めに応じてコメントを述べたに過ぎないわけで、
記事の内容がオリコンの意にそぐわないとしても、
反論すべき相手は雑誌の編集部、
もしくは出版元じゃないのかいってことですよ。

こんなやり方で個人ジャーナリストが狙い撃ちされちゃうようなことが、
まかり通ってしまっては、
「ものが自由に言えない」日本になっちゃいますよ。


オリコンがやらなくちゃならないことは、
自らを疑われるような集計方法である「オリコン独自の統計手法」なるものを、
やましくないのなら堂々と公開すれば良いのではないでしょうか。
現実のセールスとオリコンのチャートが、
あまりにも乖離しているとすれば、
そのことを指摘する意見も少なからず存在しているわけですから、
キチンと検証してみせてもらいたいものですよね。

タッチミーも、
日本のヒットチャートがいろんな意味で「作られた」チャートだと思っております。
プロモーションこそが、
ヒットのカギであり、
オリコンも含めたメデイア全体を利用した大手レコード会社による、
プロモーション活動が産み出した「ヒットチャート」。

そういう日本の音楽シーンにたいして疑問を投げかけること自体が、
出来ないような状況を誰が喜ぶというのでしょうか。

もちろん、
そうした流れとは別の潮流も生まれてまして、
タッチミーがよく聴いてるmF247もそのひとつですよね。
ホントの「音楽好き」は、
チャートも気になるけど、
自分が好きな音楽が好きなんですよね。
そこのところを間違えちゃいけませんやね。
ヒット曲ばかりが音楽じゃないってことですな。


ま、それは置いといて、
今回オリコンのやろうとしている訴訟は、
明らかに間違ってるということですよ。
オリコンにとってもこんな訴訟で信頼を落とすことになるならば、
自分で自分の首を絞めるようなものだと思うのですが...
何故こんな愚行を行おうとしているのか?
オリコンがしなくちゃならないことをもう一度考え直して欲しいと思います。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


トラックバック





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。